いきいき元気! 感謝!

麗しの島 台湾 474 吉星港式飲茶 その3

麗しの島 台湾 474 
吉星港式飲茶 その3

e0021092_10201608.jpg


プリップリの海老のほのかな甘みが口の中に広がって、とっても美味しいです。

e0021092_10204784.jpg




e0021092_10231390.jpg




e0021092_10233241.jpg




e0021092_10235150.jpg




e0021092_10240934.jpg

















[PR]
# by sinsendou | 2018-08-04 00:00 | 麗しの島 台湾①~

免疫 その160 細胞は生きすぎてはいけない その1

細胞は生きすぎてはいけない 
その1 


 「本来死ぬべき細胞」とはとても残酷ないい方かもしれませんが、細胞がしかるべき場所でしかるべきタイミングで死ぬことが、生命現象にとって大切であるということが最近わかってきました。

 例えば、オタマジャクシがカエルになる時に尾が失われるのは、尾の細胞が適切なタイミングで死んでいくからです。

 あるいは私たちの手ができる時も、初めは丸い肉の塊りの中に指の骨が作られているのですが、やがて指の骨の間の細胞が死んでいくことで五本の指が作りだされるのです。

 免疫細胞が「自己」に対して起こらないのも「自己」に反応しそうな未熟T細胞がごっそり死んでいくからなのでした。

 これらの細胞死は酸欠や細胞毒によって死んでいく細胞死ではなくて、細胞の中にみずから具えているタンパク質を発動させて死ぬ細胞死で、プログラムされた細胞死あるいはアポトーシスといいます。生きてゆくための生命現象として細胞の死、それはなんという逆説でしょうか。

















[PR]
# by sinsendou | 2018-08-03 00:00 | 免疫①~

からだと病気 その112 夏バテ対策 その1

夏バテ対策 その1

 いよいよ夏も本番となってきました。日本の夏は温度だけでなく湿度も高いので、大変過ごしにくいと言われてきました。

 しかし、近年は冷房の効いた室内と暑い戸外の温度差に身体の体温調節機能が適応できず、体調を崩すということが多くなってきました。

 そこで、簡単に夏バテを防止できる3つのコツを紹介したいと思います。

①冷房の上手な利用法

 湿度の高い日本の夏では、除湿(ドライ)をするだけでも不快感はかなり和らぎます。

 冷房にする場合には、外気温との差を5~6度以内にします。

 温度差が大きいと自律神経失調になり体調を崩す原因になります。

 冷え症の方や関節痛・筋肉痛などの方は靴下をはく、上着を羽織るなどして保湿するようにするとよいでしょう。

②適度な運動

 朝涼しい時の散歩など、快い疲れは食欲も増しますし寝付きもよくします。

 体内のリズムも保つことができます。夏バテ予防の最良の対処法は、常日頃から軽いウオーキングなどの運動を習慣的にしておくことです。
















[PR]
# by sinsendou | 2018-08-02 00:00

慢性疲労 その12

慢性疲労 その12

慢性の疲労の治療

「疲れ」を長引かせない

 慢性の疲労は、単なる「疲れ」という言葉で片付けられないほど、からだにとって深刻な影響を与えるものです。

 慢性疲労症候群の一連の症状は、人の暮らしにつきものである「疲れ」をないがしろにしてはならない、という警告であると受け止めた方がいいようです。

 それでは一晩の睡眠では回復しない「疲れ」には、どのように対処すればよいのでしょう。

 また慢性疲労症候群のような、つらい状態にまでさせないためには、どのようなことを注意すればよいのでしょう。
















[PR]
# by sinsendou | 2018-08-01 00:00 | 慢性疲労①~

お薦めの本 その165 なんでも仙人

お薦めの本 その165 

「なんでも仙人の夢をかなえる
      とっておきの方法」


またまた出ました「なんでも仙人」

私たちは毎日の生活の中で、いろいろな悩みでもがき苦しんで、なんとか良い解決方法はないものかと、日々苦悩し続けています。

そんな苦労に囚われた考え方が、ちょっとしたアドバイスでガラッと変わり、前向きに一歩を踏み出すことができるようになる一冊です。

是非、手にとって見てください。



e0021092_11122822.jpg

















[PR]
# by sinsendou | 2018-07-31 00:00 | おすすめの本①~

中医火神派医案新選 その328

中医火神派医案新選 その328

24.腰捻挫――麻黄附子細辛湯合芍薬甘草湯

 李某、女、60歳、市民。

 腰痛が半月余り、かつて某医院で診療を受けたが、CT・MR等の検査は異常がなく、終始この突然の腰背痛の原因は分からなかった。

 現症状:腰痛は脊柱両側に沿って疼痛し活動後は酷くなり、過度に身体を伸ばせず、腰かけには座らないが、腰を曲げてしゃがみこむと疼痛はやや軽くなり、寝る時もあえて身体は伸ばさない、病歴を問うと20日前に車を引っ張った後に腰を捻挫したことが判った、舌淡白滑、脈浮細重按無力。

 証は外感風寒による経脈凝滞と閉阻不通に属す。

 治は温肺散寒による温腎固本と舒筋緩痛に宜しい。

 方は麻黄附子細辛湯合芍薬甘草湯を用いる:
 麻黄10g、制附子15g(先煎)、細辛10g、赤白芍薬各30g、炙甘草30g。3剤を水煎し毎日1剤服す。

 服薬後、腰背疼痛大きく減り、すでに身体を伸ばして横になることができ、病は6~7割減ったが、汗の出が比較的多い。

 現方の薬剤量を調整:
 麻黄6g、制附子20g(先煎)、細辛10g、赤白芍薬各60g、炙甘草60g。又3剤服して癒えた。

 注釈:高齢で体が弱く労働の後汗をかいて、外から寒邪がたやすく侵入し太陽に邪を受けた、故に腰背の疼痛となる;寒はすなわち収引で、故に縮こまると楽で背延びができない;とはいっても病は半月余りで、ただ外邪が去らないため平穏な日がなく、脈浮で無力、これらは正に虚に寒邪を感じた状態である。麻黄附子細辛湯合芍薬甘草湯は、太陽少陽併治し筋を和らげ肌をのびやかにする、3剤で病は軽くなり、6剤で痛みは癒えた。
















[PR]
# by sinsendou | 2018-07-30 00:00 | 中医火神派医案新選①~

麗しの島 台湾 473 吉星港式飲茶 その2

麗しの島 台湾 473 
吉星港式飲茶 その2

e0021092_11201082.jpg




e0021092_11203724.jpg




e0021092_11205736.jpg




e0021092_11211450.jpg




e0021092_11214344.jpg



臘味蘿蔔糕(いわゆる大根餅)…80元(290円)

e0021092_11222111.jpg


韮黄炸春捲(ニラ春捲き)…85元(310円)

e0021092_11340534.jpg
春巻きの皮が薄いけれどパリパリっとして、堅すぎずとってもジューシーで美味しく頂きました。














[PR]
# by sinsendou | 2018-07-28 00:00 | 麗しの島 台湾①~

免疫 その160 関節リウマチ その6

免疫 その160 
関節リウマチ その6

 また、インターロイキン8は、炎症場所に炎症性白血球を集める誘惑物質として働きます。

 こうして炎症性白血球が滑膜に集まっていくのです。

 さらにインターロイキン1やTNF-αは滑膜細胞自身に働きかけて、軟骨や骨を破壊する物質を出させるので関節が痛んでしまいます。

3.腫瘍のような病気 腫瘍のような病気とは、滑膜の細胞があたかも腫瘍細胞のように増えて周囲の組織に食い込んでいくということです。

 この側面においては、ヘルパーT細胞はあまり深く関与していないようです。

 つまり、免疫の異常だけでは滑膜の異常な増殖を説明できないのです。

 その原因はいまだに不明です。

 ただ、滑膜細胞が異常に増えてしまうのは「本来死ぬべき細胞が死ににくくなっているからである」ということが明らかになってきました。


e0021092_11140484.jpg













[PR]
# by sinsendou | 2018-07-27 00:00 | 免疫①~

からだと病気 その111 糖尿病 その3

からだと病気 その111 
糖尿病 その3

糖尿病特有の合併症

○糖尿病性腎症…糖尿病を正しく治療しないで15年以上経過すると、尿中にタンパクが排出されるようになります。
 その量はだんだん多くなり、腎臓の機能が低下してきます。悪化すると、やがて「尿毒症」になり、命に関わります。

○糖尿病性神経障害…全身の末梢神経(知覚や運動の情報を伝える神経)や自律神経(臓器の働きをコントロールする神経)が障害されるもので、初期のうちからみられる合併症です。
 末梢神経が障害されると、両足の感覚が鈍くなり、怪我や火傷をしても気づかなくなります。
 そのため、ちょっとした傷が悪化して、壊疽(細胞や組織がくさって死ぬこと)を起こし、ひどい場合は足を切断しなければならないこともあります。

 また、尿がたまっても尿意を感じなくなり、尿がたまりすぎて排尿がうまくできなくなります。
 そのほかにも、発汗異常、下痢や便秘、インポテンツなども、糖尿病性神経障害によるものです。

○糖尿病性網膜症…高血糖の状態を5年以上放置していると、目の網膜の毛細血管が障害され、出血するようになります。
 出血が続くと視力が低下し、やがて失明してしまいます。
















[PR]
# by sinsendou | 2018-07-26 00:00 | からだと病気①~

慢性疲労 その11

慢性疲労 その11

「疲労」の予防はやさしいようでむずかしい 

 「疲労」の原因を除くことが予防ですが、現代の社会、とくに都市社会にはなかなか取り除けない「疲労」の原因となるものが多くあります。

 都市で働く人に、心の健康状態が不調であると訴える人が増えています。

 住宅ローンの負担、出世観から来る過労、子供の過剰な学習、長時間の通勤、責任ある仕事、多様な人間関係、刺激の多い暮らしなど、「疲労」の原因はいたるところにあるのです。

 簡単なようでいて、うまくいかない予防ですが、あえていえば「疲れ」を溜めないということです。

 少なくとも「疲労」を初期の段階で回復させて、深い病にまで進展させない心がけが重要です。

 まず自分にあった休養のとり方や気分転換のし方を見つけ、同時に今までの生活全体を見直して、改善していくことも大切だといえます。

 「疲労」の治療については、病態が多様であるために精密な四診と弁証論治が必要です。

 とくに「気」の不足からもたらされる「疲労」とは違って、慢性疲労症候群のように必要不可欠な栄養物の消耗、しかも回復困難な消耗を伴った「疲労」の場合、患者さんに応じた個別の処方が必要となります。
















[PR]
# by sinsendou | 2018-07-25 00:00 | 慢性疲労①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧