人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

免疫 その38 消化管の免疫 その6

消化管の免疫 その6

 IgAの役割は、消化管内部に常に存在する細菌などと共存するための、ゆるやかなバリアーを作っていることではないかと思われています。

 消化管で生まれたB細胞は、リンパ液の流れに乗って、涙腺・唾液腺・耳・鼻・喉・気管や泌尿器・生殖器など粘膜を持つ器官に再分布し、同じようにIgAを合成してこれらの粘膜を覆う唾液に含まれています。

 つまり、体内で外界と接するあらゆる器官の粘膜には、作用の穏やかなIgAを大量に含む粘液(分泌液)が隅なく塗りつけられているようなもので、これを「分泌型免疫」と呼びます。

 分泌型免疫は、体内に取り込まれている外界を破壊するのではなく、ゆるやかな境界を作って「内なる外」とうまく共存していくための巧妙な調節機構であると言えるでしょう。
















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-31 00:00 | 免疫①~

我が家の人気者 その73 もしかしたら?

もしかしたら?

マイケルの兄妹のキャラメルが社内記事に載ってたのを娘が持って帰って来た


e0021092_10434426.jpg



さっそく、マイケル乗っかる
e0021092_11033521.jpg


e0021092_11041461.jpg


e0021092_11043713.jpg


マイケル、キャラメルを見て、ジェラシーに・・・^ ^



e0021092_11054001.jpg


って、思うわけがない

そう

マイケルは、そんな小さなことで、ぐちぐちと悩む男ではないのだ( ̄▽ ̄)

はははは~















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-30 00:00 | 我が家の人気者①~

アトピー性皮膚炎 その3

アトピー性皮膚炎 その3

治療は対症療法に限られる
 

 現在、日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎を①掻痒②慢性反復性の経過③特徴的な皮疹と分布などの症状から診断しています。

 原因が不明なため、原因を除去する根本的治療はなく、すべて対症療法に属します。

 その要点は①皮疹や掻痒のコントロール②増悪因子の除去③日常のスキンケアです。

 皮疹や掻痒のコントロールにはさまざまな治療法がありますが、特にステロイド外用に関しては、副作用が多いので、十分な管理のもとで行われなくてはなりません。

 アトピー性皮膚炎の治療には、個人だけを診る現代医学だけでなく、人間や生活環境、宇宙を含めた全体的な視点をもつ中医学を取り入れることも必要ではないでしょうか。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-29 00:00 | アトピー・皮膚病①~⑱

お奨めの本 その89 福の神になった少年

福の神になった少年

小学生・中学生達にとっては本当に楽しい夏休み。

楽しいばかりではなく宿題も早めに計画を以って進めていかなくてはなりませんが、中でも読書感想文などは何を読んだらいいか迷うところです。

そこでお奨めしたいのが「福の神になった少年」。

平易な文章の中に、人として生きるうえで大切なことは何かを考えさせてくれる一冊です。


e0021092_11142274.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-28 00:00 | おすすめの本①~

中医火神派医案新選 その199

中医火神派医案新選 その199

13.痺証――烏附細辛大剤

 江某、女、51歳。

 肌肉や関節が冷脹軟痛すること30年。

 舌淡歯痕あり、治療が効果なかった。

 処方:附子80g(先煎)、川烏40g(先煎)、細辛30g、生姜70g、蒼朮30g、桂枝40g、薏以仁30g、威霊仙20g、蜜糖50g。

 3剤。

 服薬後顕著に好転し、方を守って加減し直ぐに全快に至ったが、使用薬剤は全部で薬10数剤、処方:附子100g(先煎)、川草烏各30g(先煎)、北細辛30g、生姜60g、蒼朮30g、桂枝40g、烏梢蛇20g、威霊仙30g、川芎8g、豨薟草60g、蜜糖20g。

 3剤。

 注釈:この類の病人はよく見られる病の一種で、ただ一般治療効果に比べて差がある。考えるとその用いる薬の多くが去風徐湿の品であり、かつ風薬が除湿薬に対して重く、この種の用法は不当である。なぜなら風去湿の存在は、燥・利を更に難しくする。当然温通散寒の品を重用する。似たものが《金匱》痙湿暑気あたり・中風厲節両篇の法に、これを用いて多くの効果あり。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-27 00:00 | 中医火神派医案新選①~

北海道の旅 その32 深山峠アートパーク「トリックアート美術館」その2

深山峠アートパーク
「トリックアート美術館」その2

e0021092_12435241.jpg

e0021092_12441912.jpg

e0021092_12444264.jpg



この絵は左側から見ると痩せて足が長く見えますか…。

e0021092_12451332.jpg
右側に回って見ると、あれあれ?

なんと太って足が短くなって見えます。
e0021092_12474693.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-26 00:00 | 北海道の旅①~40

麗しの島 台湾旅行 341 柔美精品商旅 その1

柔美精品商旅 その1

いつも同じホテルではなくて、たまには別のホテルを探しに行ってみました。

建国北路と長春路の交差点の近くに長春路派出所がありますが、
その裏通りに「柔美精品商旅」があります。

裏通りに面しているのでとても静かです。

まだ築浅のホテルなのでとてもきれいです。

それで四つ星グレード。

住所:台北市中山区建国北路二段64巷9号

電話:(02)2503-1133


e0021092_11452625.jpg

e0021092_11455804.jpg

e0021092_11462415.jpg

e0021092_11470583.jpg

e0021092_11485883.jpg














いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-25 00:00 | 麗しの島 台湾①~487

免疫 その37 消化管の免疫 その5

消化管の免疫 その5 

 繰り返しますが、消化管の全長にわたって粘膜のすぐ下に分布する免疫細胞のうち、いちばん多いのは抗体を分泌するB細胞です。

 ところによっては腸管1cmあたり1億個もいます。

 そして消化管のB細胞の特徴は、その多くがIgAという抗体を合成することです。

 作られたIgAは、そのほとんどが粘膜の上皮細胞に入っていき、上皮細胞の内部を輸送されて、外界と接する消化管の粘液中に分泌されます。

 IgAは、血液中の主要な抗体であるIgGやIgMとは違って、抗原を破壊したり、好中球やマクロファージなど他の免疫細胞を呼び寄せて強い炎症を引き起こしたりしません。

 IgEのようにアレルギーを引き起こしたりもしません。

 粘液中にただ大量に存在することで、有害な細菌やウイルス、カビ、さらに牛乳や卵のタンパク質など様々な食品由来の抗原を中和し、同時に常在細菌が過剰に増えるのを抑えているのです。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-24 00:00 | 免疫①~

我が家の人気者 その72 ええええええ^_^;

ふすまがぁー~>_<


e0021092_12461957.jpg



おすまししてるみたいだけど
e0021092_12492820.jpg



証拠は、あがってますよ~
e0021092_12502753.jpg

リンちゃー~ん
e0021092_12511428.jpg


リン(なんかようですかー)















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-23 00:00 | 我が家の人気者①~

アトピー性皮膚炎 その2

アトピー性皮膚炎 その2

アトピー性皮膚炎は年齢と症状によって分類する


 病因が不明なため、アトピー性皮膚炎は、原因ではなく年齢別の症状によって分類されています。

 乳児期には、頭や顔を中心に、ジュクジュクとした急性の湿疹が現れます。

 赤い小さなブツブツ(丘疹)ができ、これに、黄白色で厚いかさぶたのようなもの(乳痂)をともないます。

 幼小児期に入ると慢性化し、季節的あるいは1年を通して、乾燥した皮膚炎の状態を示すようになります。

 また、ひじやひざの裏、首などの皮膚が盛り上がって厚くなり、色素沈着をともなうようになります。

 痒疹のような丘疹が全身に広がることもあります。

 思春期以後になると、治療が非常に困難になり、病変は広い範囲に及ぶようになります。

 紅斑のほか、皮膚が厚くなり、色素沈着をともないます。

 特に顔が「赤鬼様顔貌」になるので、社会生活に支障をきたすこともあります。

 最近では、学童期を過ぎても治癒しない例や、難治性の成人型アトピー性皮膚炎も目立つようになりました。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-07-22 00:00 | アトピー・皮膚病①~⑱



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧