人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

中医火神派医案新選 その152

中医火神派医案新選 その152 

11.腹痛――解急蜀椒湯

 楊某、60歳の老翁。

 この人は太ってはいるが精神は殊のほか良くない。

 この頃の症状は腹鳴腹痛が上下に走り回り、胸が張って吐き気がし、脈は沈緊で遅、これは水寒の気が中で飛び跳ねていることと関係し、脾腎が失調したためになった。

 かつて理中湯・附子粳米湯を多量に服用したが効果がなかった。

 全体をくまなく観察したが、本当は脾腎陽衰で陰寒に勝てない象であり、前方はほぼ的確に対応しているが、それでも効果がないのは矢が的に的中してないのではなく、力が十分に及んでいないから。

 また思うに大建中湯は大辛大熱の峻剤であり、このような状況で一気に決めるのに便利で、ぐずぐずして患いを後に残すようなことがあってはならない。

 よって直ちに大建中湯を用いたが、吐き気と痛みは少しも減らないばかりか四肢が動かなくなった、患者は虚弱がすでに極限に達し、この時はただ温めたりかつ補ったりすればよい訳ではない。

 《傷寒論》中に人参四逆湯と外台解急蜀椒湯の両方を与え、どちらも温補の大きい剤であるが、後ろの方剤が勝っているので、外台解急蜀椒湯をつかう:

 蜀椒6g、乾姜・半夏各12g、附子15g、党参18g、大棗5枚、甘草6g、飴糖30gを煎じて冲服する。

 服薬後陽は戻り冷えが止み、痛みと吐き気は大きく減り、さらに2剤服用して遂に治った。

 その後腎気丸・大補湯を用いて時々服用し、だんだんと健康が回復した。

 注評:本案が選んだ外台解急蜀椒湯は人参四逆湯に比べて薬力が勝るとは言うけれども、細かくその処方を調べると、大建中湯(蜀椒・乾姜・党参)合四逆湯の方意に似て、さらに半夏・大棗・飴糖を加えてもの。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-30 00:00 | 中医火神派医案新選①~

天使の寝顔

e0021092_13345132.jpg
e0021092_13351016.jpg
今日も



この寝顔に
e0021092_13352931.jpg



やられてしまったー😍
e0021092_13354310.jpg
ピンクのお鼻も




大好き!
e0021092_13355431.jpg




このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!

by sinsendou | 2014-06-29 00:00 | 我が家の人気者①~

胃の痛み その14

胃の痛み その14

痛みの部位と病気の関係 

 一般に、横腹から下腹部が痛むときは肝、みぞおちから臍のあたりが痛むときは胃、臍の周囲が痛むときは脾に問題があるという見方もあります。

 しかし、どんな胃腸病も初期の段階ではたいていみぞおちの下が痛みますし、症状が激しい場合はどの部位が一番痛むのかわからなくなります。

 ですから、部位はあくまでも参考と考えておいた方がよいでしょう。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-28 00:00 | 胃の痛み①~⑱

麗しの島 台湾旅行 296 猫空 その5

猫空 その5

「忠孝復興駅」で内湖線に乗り換え、終点の「動物園駅」まで行きます。

「忠孝復興駅」からは7つ目で「動物園駅」です。

e0021092_11403064.jpg
e0021092_11410169.jpg
e0021092_11415350.jpg

都心から離れ、随分と郊外に来た感じです。

山々が近くに迫り、木々の緑が多くなって気分が開放的になってきます。
e0021092_11421608.jpg
いよいよ「動物園駅」が見えてきました。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-27 00:00 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派医案新選 その151

中医火神派医案新選 その151

 10.腹痛――附子粳米湯加乾姜・茯苓/姜附六君子湯

 彭某が夜間に来て謂うには:“家の母が夕食後に腹痛しはじめ、嘔吐が止まらない。姜艾湯を煎じて服用させたが、吐き気と痛みが少しも減らないばかりか反って激しくなったので、これを治す処方がほしい。”

 吾思うに老人の腹痛と嘔吐の多くは虚寒に属すところで、砂半理中湯を以って処する。

 黎明彭君が謂うには服薬させても痛みと吐き気は変わらず、四肢は非常に冷えてその勢いは甚だしく危機が迫っているので、どうか急いで診てほしい。

 一緒にその家を訪れ、その母を見ると寝床で呻いて、安らかでなく寝返りを打って、時々嘔吐し痰や涎を床に撒き散らし、唇は白く顔色は酷く、四肢は微かに冷たく、精神疲労し独り言を呟いて、舌質白胖、脈は沈で緊。

 彼女が謂うには:“腹中雷鳴して激痛し、胸膈の逆満で嘔吐が止まらず、尿は清長。”

 証を根拠に論じれば、腹中の寒気が奔走して胸脇を上攻し、胃中の停水が逆流して吐き気となっている、陰盛陽衰の症候である。

 《金匱要略》に述べられている証治に接すると:“腹中寒気し雷鳴切痛、胸脇逆満嘔吐するもの、附子粳米湯之を主どる。”

 とりわけ涇ではこれに対して鋭い論述がある:“下焦濁陰の気が陰部で特別でなく勝手気ままにし、そのうえ陽位へ上逆して、中虚となり堤防が取り払われてしまったのだ。故に附子を以って補陽駆陰し、半夏は降逆止嘔、そしてとりわけ頼りになる粳米・甘草は土を厚く育てて陰気を収斂させるなり。”

 彭の母にはこの附子粳米湯がピッタリ合うことは疑いがない!

 但しなお心配なのは薬力が弱すぎたことで、再び乾姜・茯苓の温中利水を加え以ってその効用を広げる。
 
 2剤服用すると痛みと吐き気は減り、さらに2剤服用し全て癒えた。

 改めて姜附六君子湯を与えて温補脾腎の処理をして、調養十数日で以前のように健康になった。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-26 00:00 | 中医火神派医案新選①~

胃の痛み その13

胃の痛み その13

【胃潰瘍の予防と注意信号】

痛みはからだが発する重要な信号

 胃は感情や情緒の影響を受けやすいため、心配ごとがあるだけでつかえたり痛んだりします。

 逆に胃潰瘍を患っている人でも、うれしいことがあると痛みを忘れることもあるのです。

 そのため、痛みの有無だけで胃腸病の診断をすることはできませんが、からだが発する重要な信号であることは確かです。

 痛みがあるということは機能が停滞している証拠ですから、放置しておくと重大な病気につながりかねません。





このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-25 00:00 | 胃の痛み①~⑱

麗しの島 台湾旅行 295 猫空 その4

猫空 その4

忠孝復興駅で板南線から内湖線に乗り換えるのですが・・・。
e0021092_11350799.jpg
案内板に導かれて、エレベーターで地下2階から一気に地上2階まで昇ります。
e0021092_11303793.jpg
e0021092_11305297.jpg
e0021092_11310143.jpg
e0021092_11391826.jpg




このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!

by sinsendou | 2014-06-24 00:00 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派医案新選 その150

中医火神派医案新選 その150

 評注:この案の“その背の悪寒”は、本当に正しい処方の附子湯を用いたが、附子の量が少なかったか?

 最後に亜砒酸末をしみ込ませた紫金桂附膏に関して“これは力が多過ぎる”ことを確認し、ついには“服薬を中止し、もっぱら膏薬を用い”て効果を収め、かつ仲景の示した“当にこれを灸し”て、由ってこれは自ら一人で到達した処の外治の法と知るべし。

 清代外治法の宗師呉師は機序を指し示す:“外治の道理はすなわち内治の道理であり、外治の薬はすなわち内治の薬で、異なる者の方法なり。”

 紫金桂附膏の薬物組成を知らなくても、名称を見て意味を考えると当に桂附などの熱薬があり、いわゆる“外治の薬は即ち内治の薬”が明らかである。

 桂附熱薬の外用の法は発掘に値する。




このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!

by sinsendou | 2014-06-23 00:00 | 中医火神派医案新選①~

団子虫もどき

e0021092_10520878.jpg

ソファーの隅で、体を丸めてマイケル
e0021092_10524021.jpg


団子虫マイケル


足がはずれて

e0021092_10530480.jpg

その状態で
e0021092_10532909.jpg


片足でのあいさつ
e0021092_10541375.jpg




このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!

by sinsendou | 2014-06-22 00:00 | 我が家の人気者①~

胃の痛み その12

胃の痛み その12

寒と熱が混じり合った症状がある場合


 このように、胃潰瘍の治療はまず寒・熱どちらの症状が現れているかを見分けることが大切です。

 ところが、「臍のあたりから上が熱く下が冷たい」「嘔吐も下痢もある」というように、寒と熱が混じり合った状態を示すことがあります。

 この場合には、「半夏瀉心湯」に「呉茱茰湯」か「佐金丸」を加えて使います。

 痛みが強い場合には、さらに「芍薬甘草湯」を加えるとよいでしょう。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-21 00:00 | 胃の痛み①~⑱



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧