人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その50

李老中医 危急重症難病治療経験
その50

九、急性胆道回虫症と急性膵腺炎併発

  水頭劉守財の妻46歳、1983年12月2日救急入院し、内科・外科の緊急処理を経て制御できずに中医診察を要請された。
  患者は昨日朝食後右上腹部の絞痛と頻繁なる嘔吐があり、午後4時には1条の回虫を吐出し激痛部位が右上腹部にまで拡大して、疼痛は激烈となり一度は納まったもののドレンティンを1本注射したが効果なかった。今日は持続性・陣発性の絞痛が更に激しく、腹全体を触られるのを拒み手も近づけることができず、反って痛みで飛び上がり寒熱は虐のようで体温は39℃、血液検査では白血球185001/ml、中性球90%、初期診断は急性胆道回虫症と急性膵腺炎合併症である。すでに多量のペニシリン静脈注射を与えていたが、熱は退かず激痛や嘔吐も止まらない。当時本院には血清を作り澱粉酵素測定することができなかったが、もうすでに急性膵腺炎の三大症状が現れており病勢は大変重く危険で、もしも転院となったらすなわち病勢は遅延し病機を誤る、そこで中西医結合で進めることを決定し急いで救急する。
  訊いて判ったことは患者は肥甘酒酪を嗜食したため湿熱が内蘊し、脈は沈弦数実、舌苔黄厚燥、口苦・口臭がある。最近食滞が続き7日間も通じがなく、それに加えて回虫が内擾して胆道に侵入し膵腺炎を発症した。脾胃肝胆に邪熱が壅阻し、すでに実熱が胸に結実して陽明腑実の重症となっているので、以下のように処方を決める:
  1.舌下の金津・玉液穴を刺して黒血を瀉血し、両尺澤穴から黒血2mlを抽出、左足三里、右陽陵泉から陰陵泉へ挿捻転瀉法と留針30分を施す。
  以上は胆胃の瘀熱を疏瀉し痛みを止める方法で、施針後に嘔吐は止まり激痛も緩解した。
2.攻毒承気湯合大柴胡湯・大黄牡丹皮湯・烏梅丸を加減し、清熱解毒、通腑瀉熱によって血毒を完全に消滅させる:
  柴胡125g、黄芩45g、生半夏60g、杭白芍45g、枳実・牡丹皮・大黄(酒に浸した後で入れる)・生大白・甘草各30g、桃仁泥15g、冬瓜仁60g、烏梅30g、川椒・黄連殻10g、細辛15g、二花90g、連翹45g、芙蓉叶30g、芒硝40g(分冲)、鮮生姜75g(切)、大棗12枚。
  2000mlの水を加えて1時間浸した後、強火で10分煮沸し煮汁600mlを取り芒硝を入れて溶かし、さらに蜂蜜60g、生姜汁10mlを加えたものを3回に分け、3時間に1回の割で日夜連続して2剤服用することで病勢を阻断する。
  12月3日二回目の診察:昨日11時40分から服薬を開始し12時半には腹中がゴロゴロ鳴って頻繁に放屁を繰り返し、吐き気は止まり痛みも7~8割なくなったがまだ便意はない。そこで余が2回目の薬汁を一緒に服するように命じたところ、午後2時40分になって、羊の糞球の様な便器一杯の大便及び蛔虫3条を含んだ極めて熱くて臭い黒便を瀉下し、痛みは全て止んで熱も退いた。第2剤の薬から芒硝を除き夜の12時前までに、3回に分けて服用し終わるように言いつけた。夜の10時になって2度目の1塊の蛔虫を瀉下すると、一晩安眠した。
  今日の血液検査ではすでに異常はなく、熱は退き痛みも止んだので患者は退院を希望した。脈はまだ滑数なので上方の1/4量を2剤持たせて余邪を清くする。

  注釈:現代医学の称するところの胆道系統疾病(胆蛔症・急性胆嚢炎・胆石症)及び膵腺急性炎症が、出現したときの症状は胸脇激痛や手を近づけさせないとか、嘔吐が止まらず寒戦高熱などで、《金匱》蛔厥・《傷寒》“熱実結胸”“結胸発黄”・大陥胸湯証・大柴胡湯証などの記述に基本は合致する。故に大柴胡湯を以って核心組方とするのは正に最も良い方案である。急性膵腺炎6例の治療を経て、急性胆嚢炎・胆石症・胆絞痛(金銭草120g、鶏内金・郁金角30gを加える)など70数例みな癒える。本例は合併胆道蛔虫症で、故に烏梅・川椒・黄連・細辛・蜂蜜を加え引となし、30分後に芒硝20gを以って瀉下させ、1剤で取り除いた。
針刺と放血は止痛・止嘔・解熱の方面で病勢を直ちに止める効果をあげたし、弁証をして用いた薬が障害をきれいに取り除いた。
  凡そ経方を用いて大病を治すとき、一に必要なことは弁証が当を得ていて、病機を見て直ぐに投薬し躊躇しないこと。二に必要なことはよく経方の基礎である有効剤量を掌握し、一回に必要量を用いる、それは多量で頻繁や日夜連続服用など、病勢を阻断でき危機存亡から救い解放できねばならない。余の考えでは原方の半分を以って計量の基準とする、この点は既に80年代後に考古発現した漢代度量衡制が実証したものである。即ち漢代の一両は現代の15.625gにあたると、上海の柯雪帆教授がすでに明らかに著しているし、並びに臨床験証を経て真実であると信じることができる。この量を以って重度の危急症を治療して、一剤で収めることができることを知り二剤で終わるように、攻める毎に勝つという奇効がある。この量が少なければ無効か或いは緩慢で危いところを助けられず、そればかりか病機の誤りを残し人の生命さえも誤りかねない!中医史上を回顧し、明代から医界で流行した“昔の一両はすなわち今の一銭”の説が、数百年来すでに定律となっている。練習用の軽剤はもとより落ち着いた態度でするのはよいが、ただかえって去精したようなのが仲景学術の一大特色である。踏襲が今になって遂に中医をして優勢変わり劣勢となり、急症の陣地を失ってしまった。ただこの一つの悪習を除き過ちから抜け出し、急いで起き上がりまっしぐらに追いかけ、経方の奥秘宝蔵を発掘努力し、実践して足場を固め、一定の胆力と見識を有して大病を治すことができ、また単独で一部の責務を担うことのできるだけの青年中医隊を養成することが、当に中医を復興させる当面の急務である。

十、胃結石症

  霊石石膏工場工員孫宝祥、48歳。1997年中秋節前に狩りをしに山へ登ったがなにも獲物を取ることができなかった。また喉が乾き空腹だったので、成熟した黒棗を見つけ一度に腹いっぱい約1kg以上を食べ、その上冷たい山の湧水を飲んだ。家に帰り疲労が極まり倒れるようにして爆睡した。夜半になって胃痛と脹悶で眼が覚めたが、その痛みは絞られるようでこの日一日甚だしかった。たまに食物を口にしても直ぐに吐き脹痛は耐えられないほどとなった。病が延び延びとなり二カ月して、雲を突くような威丈夫だったのが終に両頬はこけ骨は柴のように痩せて、体重も急に10kg以上減り寝込んで半月も起き上がれなかった。県医院でのX線検査では胃の中にたくさんの大小不揃いな欠損が充満しているのが見えたが、淵に沿ってはきれいであった。総合臨床診断は“胃黒棗結石”で摘出手術と決まった。しかし家族は同意せず余に診察を依頼した。11月20日脈診は沈滑有力で舌苔黄燥。胃部を按診すると小児の拳大や桃の種ほどの大きさの円形で包まれた塊がころころ転がっていた。患者は素が牛の様に壮健だったが、病によって虚となり本当にげっそりと痩せてしまった。当に積を消しながら堅を攻め同時に正虚にも注意する。まず保和丸で消食化積するが、莱菔子一薬は“壁を押して倒す効果がある”、鶏内金はよく消食化石する主薬であり、この二薬で利気止痛と消脹寛中してしかも正を傷つけず、莱菔子と紅参・霊脂とを一緒に用いれば相制相畏で積を攻め正を扶けるし相互に徳益が明らかで、遂にこの一方と定める:
  莱菔子60g(生炒各半)、鶏内金30g、連翹30g、枳実・大黄(酒浸後下)・焦三仙15g、生半夏・雲苓各30g、紅参(別に弱火でゆっくり煎じる)・霊脂・陳皮・木香(後下)・炙甘草各10g、鮮生姜10片。
上薬を3剤連続して服用し、毎日1~3回丸い塊の粘液で包まれた大便を瀉下し3日後には全快した。
                                     一旦終了

by sinsendou | 2012-03-29 11:52 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記 185 花博公園その5

【花博公園】
e0021092_2023122.jpg
e0021092_2033291.jpg
e0021092_2042685.jpg

e0021092_2062224.jpg
もうすでに順番を待つ人が並んでいます。

























次回の開園は11時30分からの様なので並んで待つことにします。
e0021092_20353425.jpg

by sinsendou | 2012-03-23 20:04 | 麗しの島 台湾①~487

京都の旅 その61

【詩仙堂】
e0021092_15274434.jpg

京都駅から市バス5系統を利用。
「一乗寺下り松町」まで40分。

江戸時代の文人である石川丈山が造営して晩年を過ごした庵。小有洞・老梅関など二つの門をくぐると境内になり、茅葺き屋根を持つ書院が建っている。その書院には、狩野探幽の筆による中国36詩人の肖像画が掲げてある詩仙の間があり、この絵が詩仙堂の名の由来らしい。書院の裏側は枯山水庭園が広がり、白砂にサツキの刈り込みやサザンカが巧みに配置され訪れる人々の目を楽しませている。

e0021092_15311928.jpg
e0021092_15291219.jpg
by sinsendou | 2012-03-16 15:29 | 京都の旅①~74

その名は「マイケル」 その6

マイケルのウルトラC、イナバウアー。
e0021092_15242679.jpg
e0021092_1525236.jpg

by sinsendou | 2012-03-13 15:25 | 我が家の人気者①~

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その49

李老中医 危急重症難病治療経験
その49

七、胆石症の絞痛

  公安局幹部景宏元、45歳、1985年8月17日夜来診。患者は強烈な右肋骨痛が3日、県医院の超音波診断は胆結石で、胆嚢内には大小不揃いな結石が6個、大きいものではトウモロコシ粒、小さいものでは小豆の如くであった。すでに手術が決まってはいたが、本人は先ず中薬の服用を要望した。直ぐに患者を診察すると正に激しい痛みと便は結して腹脹し、頻繁なる排尿の度に痛んだ。先ず針を刺すを以って胆経欝火を清瀉するため、陽陵泉から陰陵泉まで行瀉法を施すと約10分で激痛は緩解した。
  患者は平素から酒を嗜みまた甘く肥るものを好食し、脈滑数、舌苔黄厚、証は湿熱積久化火に属し、胆石が胆道を阻滞しているので清熱利胆を与え排石する:
  柴胡25g、白芍45g、赤芍30g、枳実・郁金・滑石・海金砂・大黄各30g、黄連・山梔子・木香各10g、桃仁泥・甘草各15g、川牛膝30g、乳香3g、鶏内金10g、醋元胡5gを研磨し粉にして冲服、芒硝15g(分冲)、大葉金銭草120g。
  これらを煎じて600mlを取り、朝晩に分けて3剤を服用。
  8月21日二回目の診察:上方を服用後毎日膠粘な灼熱性の大便を2~3回瀉下して痛みは止まった。芒硝を去り大黄を10gに減らし続けて3剤服用。
  8月25日三回目の診察:合計6剤を服用後再び超音波検査を行うと、結石は泥砂状と化した。食欲精神共に正常人の如くになった。毎日鶏内金粉21gの服用を云いつけ、また金銭草60gを煎じて一日3回服用し10剤で全快した。1997年に追訪したが一切変わりがなかった。

  注釈:急性胆嚢炎及び胆石症の絞痛発作は疼痛が強烈で、陽陵泉は胆経下の合穴であり止痛効果は極めて良好である。或いは复方冬眠霊1本を穴位に注射してもその効果はまたいい。余は上の針薬併施を以って数十例の急性胆嚢を治療したが、どれも一回で治り再発もない。胆石症のあるものは徹底排除ができるが、まだなお結石が残るときも泥砂状に溶解し徐々に排除される。但し治療によって臨床症状は消失し手術は全て免除となった。

八、胆道回虫症

  閂引弟、女、45歳、水頭村二隊社員。1977年4月9日余が城関衛生院に任職時に急患として入院。右上腹部絞痛が1週間、県医院内科では胆結石を疑い、省医院へ転院して手術を具申した。患者を診察すると顔色は灰暗、冷や汗が滴り嘔吐止まず右脇の激痛7日、1日に4~5回の発作がある。発作時には寝床を転げ回り呻き声が絶えず、間歇時でも隠痛が休みなく続く。四肢厥逆し脈伏、舌苔黒膩。両頬には丸い白斑があり;両鞏膜の下端には蘭色の条状紋を見ることができ、先端は火柴頭のようである;下唇の内側には白疹が満布している。上の三点は虫症の特徴であり、寒熱錯雑型の蛔厥症と判断して治療する:
  附子15g、呉茱茰・川黄連・乾姜・枳実・細辛・川椒・生大黄・木香各10g、烏梅・代赭石粉・苦楝根皮・党参・炙甘草各30g、芒硝15g(分冲)、生姜汁30ml、蜂蜜120g。
  上薬を煎じた濃汁600mlに、蜂蜜を入れ煎じよく沸騰させそれに生姜汁を混ぜあわせ、2回に分けて3時間毎に1回服用し、服薬後30分したら芒硝を服す。
  上薬を1回服用後腹痛嘔吐ともに止まり、7日目にして初めて安らかに寝られた。夜半に目を覚まし2回目の薬を服用し、芒硝も冲服した。10日の早朝5時に回虫を吐出し、6条の回虫を瀉下したので10日の午後には原方3剤を携えて退院した。ただ原方から硝黄・代赭石を去り使君子仁20gを加え二度煎じよく混ぜ合わせ、毎朝空腹時に先ず使君子仁を食べてから蜂蜜水を1杯飲み、頓服にて湯液を服用する。毎日いつも回虫の排泄がありその症はついに癒えた。
  古人が謂うには、回虫は“酸を得ればすなわち隠れ、苦を得ればすなわち安らか”なりと。余が胆道回虫を治す時は必ず蜂蜜及び生姜汁を加え、その“甘を得ればすなわち喜なり、辛を得ればすなわち散なり”を採用する。烏梅は明らかに痙攣を緩解させる作用がある。歯を硬く閉じている様な時に烏梅を擦りつけることでたちまちにして解ける。更に現代薬理学研究においても、烏梅は胆嚢を絶え間なく収縮させることや胆汁分泌促進ができ、胆道に潜り込んだ虫体を退出させることができる。
                                       続く

by sinsendou | 2012-03-10 11:31 | 中医火神派①~50

体脂肪計タニタの社員食堂 500Kcalのまんぷく定食

【体脂肪計タニタの社員食堂 500Kcalのまんぷく定食】



















タニタの社員食堂は「体脂肪計タニタ」と呼ばれるだけあって、体脂肪をスッキリ落としてくれる、まんぷく美味しい定食が自慢。特に人気の高い31定食と、「時間がない」「たまにはがっつり丼」という人のために、裏メニューも紹介。野菜だけではなく、肉も魚もしっかり食べながら、メイン、副菜2品、汁物、ご飯の5品で平均500kcalという低カロリー。また、簡単にカロリーを減らすコツや、満腹感を得るコツなども紹介しています。
by sinsendou | 2012-03-07 14:50 | おすすめの本①~

京都の旅 その60

【上賀茂神社】 その2

e0021092_15233630.jpg
e0021092_1524263.jpg




































【上賀茂神社】からバスを乗り継いで【詩仙堂】へ

e0021092_15254165.jpg
広々とした【上賀茂神社】にくらべて、ひっそりとした佇まいの【詩仙堂】は庭の草木に手入れが行き届きとても穏やかな気持ちにさせてくれるお寺です。
e0021092_15262353.jpg

e0021092_15361346.jpg

by sinsendou | 2012-03-04 15:24 | 京都の旅①~74



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧