人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その48

李老中医 危急重症難病治療経験
その48

五、急性子宮内膜炎

  郭玉梅、女、31歳、炭鉱工夫の家族。1967年10月9日急診。患者は月経が終わった翌日に公衆浴場へ入浴し、その夜に少腹に針で刺されるような脹痛を感じ、汚臭のする灼熱の帯下と腰痛がして、夜半には悪寒戦慄が始まり体温も39.5℃の高熱になったので自分で鎮痛片の四環素6片服用後汗をかいたので寝た。今朝起床後も頭痛と吐き気がし体温もまた39.7℃に戻った。炭鉱医院はペニシリン注射80万単位10本とアンナイジン2本を打って楽になった。しかし12時には破れんばかりの頭痛と噴射状の嘔吐が起き高熱も40℃に達した。黄色汚臭の帯下もさらに多くなって血も混ざり、少腹の絞痛で近寄ることもできず意識は混迷し、歯を食いしばり時々引きつけも起こした。脈滑数、舌苔黄厚膩、口中から悪臭あり。炭鉱医院の診断は子宮内膜炎と盆腔膿腫で、すでに膿毒敗血症にまで発展しているとした。症状は重く甚だ危険で一刻も早い県医院へ緊急配送の意見を出したが、患者の夫の劉守珍は中薬治療を頑なに変えなかった。そこでまず三稜針を以って重刺して出血させ、両尺澤から黒血10mlを抽取し、針で素髎・合谷に瀉方を施すと患者は全身から発汗し息を吹き返し嘔吐も止んだ。そこで書簡は方案を求めていた:症は月経の後の入浴で、汚濁で不潔な物が前陰から侵入しそれが湿熱となり毒と化し、胞宮血室に結び熱極動風となって、神明を上犯した。攻毒承気湯で熱毒を完全に消し去り病勢を止め危急を挽回する:
  二花240g、芙蓉叶・連翹・生大黄・柴胡・生薏以仁各30g、蒼朮・黄柏・蚤休・牡丹皮・紫草・桃仁各15g、冬瓜仁60g、漏芦12g、炮甲珠・甘草・車前子各10g(包)、川楝子30g、醋元胡6g(研磨粉冲服)、芒硝30g(別包)、白酒100g、これらを1時間冷水に浸した後強火で10分煎沸し、出来た汁3,000mlを1回300mlずつ2~3時間毎に服用、同時に冲化芒硝10gと元胡粉1.5gを服用し、瀉が得られれば次回からは芒硝は除き使わない。一気に昼夜分かたず時間通りに連続服用させ、以って病勢を遮断する。
  患者は夜の7時から1回目を服用し始め、8時頃には悪臭を伴う便が1回あり腹痛は止んだ。9時に続けて1回服用すると11時には体温が38.5℃に下がり黄色帯下も薄く変わった。夜半2時には体温37℃となり患者は寝入った。余は一晩観察見守り翌朝までに合計6回、1剤の2/3弱まで服用し、諸症状はすでに8~9割癒えたので余った薬は使わないので捨て去るように言いつけ、清腸飲3剤を投与した。余が9時に双泉峪を離れるため保健駅に戻ると、患者はすでに起き出て見送ることができた。患者が自ら服薬を開始し基本的に全快に至るまで12時間、薬代は10元足らずであった。余は農村の条件下で多くの危機的重症急性腹症を治療してきたが、成功を得られた経験から今まさに上方の型が定まり、その名を“攻毒承気湯”とした。30年の歴史の中で資料は散失してしまったので正確な統計を作ることは難しい。上に述べた病症以外では、急性膵腺炎・重症肺膿瘍・疑肝腫瘍・外科創傷毒血症などもみな治癒した。本方は配薬の困難な農村から始まり、1剤の薬で20時間以内に一つの大病を解決する様に設計した、故に用量が多くなった。90%以上の病人は一
剤の薬を服用し終わる前に殆ど全快する。

六、腸梗塞術後粘連性不全梗阻

  
  李増仁、男、37歳、壇鎮孫家溝農民で外科に入院中の病人。1984年1月14日外科は余に治療協力を要請した。病歴記載、患者は2年前に腸梗阻の手術をした。今年の冬至の後にまた粘連性の不全梗阻が発生しすでに入院は20日にわたり、頻繁な嘔吐や休みなく続く腹痛、大便は通じたり通じなかったりで、すでに25日も食べることができない。体は痩せ細り疲れ果て立つこともできず、動けばすぐに息切れがする。脈大で按じると散り、舌紅中根は燥乾。これは中気が虚となり運化しなくなったことで、胃液が枯れ和降を主どれないことによる。益気降逆、増液行気を与える:
  生黄耆90g、紅参20g(別に弱火でゆっくり煎じる)、生地黄30g、元参60g、麦門冬90g、厚朴30g、沈香・ 木香各5g(研磨汁を混入)、代赭石粉50g、莱菔子30g(生と炒を各半分ずつ)、生姜汁10ml混入、2剤。
  当日服薬後、腹中は雷の如く響き渡り吐き気は止んだ。正午には食事を開始し、午後2時に便通があって腹痛も止まった。次の日また1剤服用しすべて平常に回復したが、ただ息切れと体に力が入らない感じが残った。すでに退院の手続きを終わり、特に中医外来まで来て余に別れを告げた。補中益気湯加麦門冬30g、五味子10g、3剤を予後治療として与えた。

  注釈:一切の痞塞不通の症を治すに、重きは“気”を治すことにある。百病はみな気から生じ、三焦の気化昇降の枢紐は脾胃にある。故に気を治す要は、脾の升と胃の降が巡らないに過ぎない。脾が宜しく昇ればすなわち健やかになり、胃が宜しく降りればすなわち和む。もし六淫の外邪や飲食の内傷によって、脾気が下陥し胃気が上逆すればすなわち阻隔不通の病となる。甚だしければ気機は逆乱し升があっても降がなくなり、上から入らず下からも出ない格別の病となる。これがすなわち腸梗阻の成因である。格別な大病を治すには掃討攻堅の剤を用い、必ず気薬を以って帥とする。大承気湯(大黄四両、厚朴半斤、枳実五枚、芒硝三合)のように四味薬のうち気滞を破る薬が半分を占め、厚朴が大黄の二倍となっているし張氏の硝菔通結湯の二味も芒硝4両、白大根5斤となっている。白大根は野菜で四季を通じて手に入り廉価である。性は温で、生は升で熟は降、一物で升降気機の効能がありまた食療としても上品である。生で食せば咽を下げ噫気やしゃっくりに速効があり、胸を広げ気を昇らせ上焦を先に通ずる;熟で食せばすなわち放屁やゴロゴロの腸鳴、下気などを極めて速やかに二便を通利し、中下二焦を通じることができる。芒硝と白大根とは同時に煮れば堅軟潤下の作用があり、白大根の濃汁を以って気の高ぶりを落ち着かせ、腸の蠕動を加速するのが最も早いししかも正気を傷つけない、故に重症・虚症の腸梗阻には最も理想的である。
  手術後発生する腸粘連或いは不全梗阻或いは尿閉などは、さらに気虚の病となる。気虚失運はすなわち窒塞不通で当に塞因塞用、人参黄耆を多量に用いて元気を大補する。小量の木香を佐として沈香研磨汁を混入し大気の流転を助ける。莱菔子はすなわち白大根の成熟種子で白大根と同じ性をもち破気消痰の“壁を押し倒す効果あり”で、多量の人参黄耆を以って帥そして統となし、その善く通の特長を発揮し開破の弊害を制して害なさしめない。再び代赭石・厚朴を加えて胃逆を降ろし、液が枯なるものには多量の増液湯を合わせて増水させ、また三焦の気化を迅速に回復させ閉塞を突破し諸症を治癒に導く。手術後各臓器の粘連の患いを治すために用い、症によって加減すれば効果は極めて良好である。気虚の者は脹悶を感じる場合が多く、気虚下陥症になれば脹悶はさらに酷くなる。疏散ができず更に開破もできないとき、その気を峻補し気が足りればすなわち升降の運旋は正常に回復し脹悶は自然と消える。       
                                            続く

by sinsendou | 2012-02-27 12:03 | 中医火神派①~50

大往生したけりゃ医療とかかわるな

この本は、私も含めて還暦を過ぎた方々全員に読んでいただきたい。

いや、高齢者を看護されている若い方たちにも是非ともお読みいただきたい本です。

お年寄りにお伺いすると誰しもが「ピンピンコロリできたらいいのに…」とおっしゃいます。

そう、わたしもできれば畳の上で最期を迎えたいと思っているのですが、それにはどういった心構えが大切なのか、意識がなくなり病院に担ぎ込まれ気が付いたら最後、検査や治療と称して体中に管を通され、まるで拷問の様な苦しみを味わった挙句にやっと息を引き取れるようなことだけは絶対に御免こうむりたい。

現役の医師である著者の持論が「死ぬのはガンに限る」。

著者は実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。

なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。

自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書である。



現役医師が提言、「死」が恐ろしくなくなる老い方


←クリックして楽天ブックスコーナーからお求めいただけます。  
by sinsendou | 2012-02-23 12:24 | おすすめの本①~

美木良介のロングブレスダイエット

人は誰でもオギャアと生まれてからこの世を去るまで、酸素を取り入れるために呼吸をしています。

自分が意識的にする場合もありますが、もちろん寝ているときだって無意識のうちに呼吸をしています。

その呼吸を今回取り上げてみたいと思います。

誰でも簡単に(ここがポイント)、ちょっとした工夫をするだけで健康になれるとしたら、そして痩せるとしたらだまされたと思ってチャレンジしない手はありません。

ただし一番大切なことは、飽きずに続けることなのです。

それではご紹介いたしましょう。


【美しくやせる特典映像 DVD付き】



53歳で
13.5kgのダイエット
に成功した「ロングブレス」のすべてがこの一冊に!



←クリックして楽天ブックスコーナーからお求めいただけます。
by sinsendou | 2012-02-20 13:26 | おすすめの本①~

麗しの島 台湾旅行記 184 花博公園その4

『花博公園』

e0021092_12453010.jpg
e0021092_12462138.jpg
e0021092_1247616.jpg

『円山大飯店』(ザ グランドホテル台北)

円山大飯店での宿泊料金は、当然市内を見下ろせることができる正面の値段が裏より高いのはもちろんですが、多少交通の不便さが災いしてかそれほど高額ではなく泊まれるようです。
見晴らしの良いほうが1泊16000円
インサイドの部屋は1泊10000円前後のようです。
ただし、週末や祭日などは多少割高になる場合がありますので、事前にご確認ください。

e0021092_12491019.jpg

もし格安航空券をお探しならば、『楽天トラベル』も比べてみてください。
by sinsendou | 2012-02-17 12:47 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その47

李老中医 危急重症難病治療経験
その47

四、老年の高位腸梗阻と疝嵌頓の合併症
  

  公安局李継光の叔父、65歳、城関院に入院中の病人で1983年11月3日診察。病程は8日間で、入院は2日間。レントゲン検査で剣上突起と同じ線に液体面がある;右側の睾丸腫痛を検査し、嵌頓(3日)による頻繁な嘔吐と二便閉結、さらに放屁もない。胃腸減圧・浣腸しても効果なく、手術するつもりだったが家族は中薬による治療を要求した。患者は高齢でありしかも大便不通の重症が10日も良くなっていないが、体質はまあまあである:
  1.生白大根2.5kg、芒硝120g;
  2.代赭石粉50g、旋覆花15g(包)、生半夏・厚朴各30g、枳実・木香・沈香・甘草各10g、鮮生姜30g、紅参15g(別に弱火でゆっくり煎じて混入);
  3.生山楂子30g(煎湯)、紅糖15g、白酒は1分間燃やした後火を消して、真広東省の木香を削った粉3gを穏やかに煎じ均等に混ぜ合わせて準備しておく。
  上薬の方1と方2を決められたように煎じて均等に混ぜ合わせ、できた汁800mlをまず300ml服用させ、その後2時間毎に200mlを与え吐き気が止まり、便が通じたら今度は方3を1回服用させれば疝嵌頓は癒える。
  11月4日二回目の診察:一回目を服用後吐き気は止まり、二回目を服用後には腹中がゴロゴロし始め頻繁に放屁が出たので、方3を頓服で1回加えると約15分後には便が通じた。今朝のレントゲン検査で液体面は消失し、疝嵌頓は方3を服用後20分で癒え退院した。
  11月7日李継光より夜明けに往診の依頼があった。話では退院の当日、帰り道で冷えを感じしゃっくりの発作が始まり、現在まで28時間続いて止まらないという。15分後診察すると患者の顔色は青白く、精神疲労がこらえられないようで、脈遅細60拍/分、舌胖で潤、四肢末端は冷たい。臍下から冷気により頻繁に上攻されると声は低く息は短くなる。長患いで現れるしゃっくりは危険で、これはとても風冷による小さな病気では絶対にない。一生牧羊のように内傷の積損を知るべきである。初診の診察失敗は、65歳の高齢で格別の危機的状態にあって一日中芒硝120gを服用させられたため、脾腎の元陽は大きく消耗し冲脈が下焦を守ることができなくなった。亡陽厥脱の変化があることを恐れ、急いで温腎し冲脈を安定させ厥脱しないように固摂する:
  附子30g、油桂6g(冲服)、沈香・砂仁各10g、紅参(別に弱火でゆっくり煎じて混入)、山薬30g、雲苓15g、紫石英30g、澤瀉・懐牛膝・公丁香各10g、柿蔕30g、生姜汁1杯、山茱茰肉60g。
  急いで煎じ何回も飲ませ、その日のうちに2剤を飲み終えた。
  余は病床で見守りながら大艾柱灸で神闕を30分すえ、薬を1回服用後しゃっくりは止まり、四肢は温かくなり空腹を覚え危機を脱した。生白大根と芒硝は本来正を傷つけるものではないし、ましてや紅参の扶正があれば異変があることがおかしい。農民の生活は困窮であり薬物を捨て去ることが惜しまれたため、便が通じた後も最後まで結局2回も多く服用して、危ない目に遇ったのは不測の事態である。そこで余は医師に周知しなかったことの過ちを注意した。
                                             続く

by sinsendou | 2012-02-13 00:23 | 中医火神派①~50

京都の旅 その59

e0021092_12432052.jpg
昨年5月の連休に二泊三日の京都の旅を満喫したのですが、「京都の旅ブログ」を書き始めてすぐにパソコンがクラッシュしてしまいデータが失われるという悲劇に見舞われました。

しかし、同伴した家内の携帯の中に画像が入っていることが分かり、このたびブログにアップできることになりました。

さあ、『上賀茂神社』からお参りさせていただきましょうか。

e0021092_12443147.jpg

e0021092_1245726.jpg




































e0021092_125023100.jpg

こうやって自分の顔を眺めてみると、亡くなった親父の顔に似てきたなあとしみじみ感じます。

皆様もそう感じられたことってございませんか?

えっ、親父の顔なんて知らないって・・・。

私のことではなくあなたのご両親とご自分を比べてですよ。

by sinsendou | 2012-02-09 12:43 | 京都の旅①~74

その名は「マイケル」 その5

e0021092_1157478.jpg
e0021092_11582558.jpg
マイケルの餌は、次女から教えてもらったペット専門店の『コジマ通信販売オンライン』で買っています。

「猫缶」や「水に流せる猫砂」は、結構な重さになるのでスーパーから持って帰るのが大変です。

7000円以上買うと送料無料となるので便利に利用しています。

ただし、発注してから配達されるまでのインターバルが12日間と長いのがチョット気になります。

by sinsendou | 2012-02-05 11:58 | 我が家の人気者①~

麗しの島 台湾旅行記 183 花博公園その3

e0021092_1213559.jpg
【夢想館】へ行ってみたいと思います。
























公園内は随分広々としています。
e0021092_125188.jpg

すぐ近くの「松山空港」に着陸する飛行機が轟音とともにすぐ真上を通ります。
e0021092_126837.jpg

e0021092_12121776.jpg

by sinsendou | 2012-02-01 12:00 | 麗しの島 台湾①~487



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧