人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その46

李老中医 危急重症難病治療経験
その46

二、老年性高位腸梗阻
  王万林、男、65歳、外科入院の病人。急診で入院して5日、病程は半月ほど。発病して直ぐに菔通と嘔吐が現れ半月ほど排便も放屁もない。腹は太鼓の様に脹れ時々絞痛し病床で転げまわっている。外科の診断では老年性の腸梗阻である。胃腸減圧や浣腸をしても無効で手術の準備をしている。患者は高齢で体が弱く、また脱水症状も酷く心臓機能も良くないので恐ろしく難しいことを考慮し、中医の協同治療を要請した。
  患者を診察すると焦悴しきって眼眶は落ち窪み、極度に痩せているが腹だけは鼓の様に脹れて、すでに半月米粒を食べていない。舌苔黄厚膩、脈滑無力。高齢で大病に匹敵し、邪実正虚なので峻攻には耐えられない。硝菔湯に扶正破滞の品を合わせる。
  一、生白大根5kg、芒硝240g;
  二、紅参(別に弱火でゆっくり煮る)・代赭石粉・厚朴・檳榔各30g、旋覆花15g(包)、枳穀10g(炒)、木香・沈香各3g(研磨汁を混入)。
  それぞれ法にのっとり煎煮し、両汁を均等に混ぜ合わせ2時間に1回、毎回200mlを連続して服用させ便が通じれば停薬する。
  次の日診察で知ったのは、昨晩8時に1回目を服用しその15分後まず臍の周りで絞痛を感じ、続いて直ぐに気が上下にゴロゴロし腹中では雷の様な音が、皆に聞こえるくらい部屋中に響き渡った。約40分後頻繁にゲップが始まり放屁も停まらない。三焦の気機昇降はすでに回復し腹腸は大幅に減った。また薬汁200mlを服用すると、1時間後には腹中がひとしきり強く痛み、続いて直ぐに団子状の結糞に極めて臭い糊状を含んだ大便を甚だ多く下し、全快して退院した。この例は服薬から便通まで僅かに2時間10分しかかからず、服薬も全体の半分弱だった。
  

三、化膿性闌尾炎と重症の腹膜炎の合併
  水峪嘼医院楊友三の子、楊建強、14歳。1984年9月16日夜中の2時に緊急入院。確定診断は“急性化膿性闌尾炎と彌漫性腹膜炎の合併症”で白血球15900・中性球90、大量のペニシリンを投与したがコントロール不能。高熱の39.5℃が持続し退かず意識は混沌。すでに手術が決まっていたが家長が不同意。17日中医の協力を要請。上記の如くの証が現れて、恐れることは熱毒が心を攻め脳が犯される心配があることである。攻毒承気湯を加減して与え釜底抽薪し、清熱解毒で排膿する:
  二花120g、桃仁・牡丹皮・紫草各15g、生石膏30g、冬瓜仁60g、生大黄(後下)、甲珠・皂角刺・甘草各10g、蚤休15g、生薏以仁45g、芒硝24g(冲)、三七粉10g(冲)。
  上方2剤を一昼夜連続して2時間毎に1回服用させ、心地よい瀉下があれば芒硝を去る。
  9月18日二回目の診察:熱は退き闌尾の圧痛及び腹全体の激痛もすでに8~9割なくなった。処方を改め《弁証奇聞》の清腸湯を2時間に1回投与する。
  9月19日三回目の診察:腫痛は全てなくなり起き上がれるようになった。昨日の処方をもう一剤投与する。
  9月20日全快して退院、清腸湯を2剤持たせ以って余毒を清くする。
                                           続く

by sinsendou | 2012-01-28 11:28 | 中医火神派①~50

その名は「マイケル」 その4

我が家の人気者

その名は「マイケル」。


e0021092_1140547.jpg
e0021092_11415035.jpg

by sinsendou | 2012-01-24 11:42 | 我が家の人気者①~

麗しの島 台湾旅行記 182 花博公園その2

『花博公園』散歩
e0021092_14343657.jpg

この日は小雨模様だったので来園者も少ないようです。
e0021092_14352743.jpg
e0021092_14361486.jpg
e0021092_14371450.jpg
by sinsendou | 2012-01-20 14:37 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その45

李老中医 危急重症難病治療経験
その45


外科急性腹症医案十則

一、闌尾膿腫合併腸梗阻
  任蘭汝、女、48歳。1964年8月14日病で死にかかり、彼女の子がある新民のある村のある家から下山して診察を頼まれる。そこで道中を急ぎ午前には村へ着いた。部屋に入ってみると、患者は右側のオンドルの上に横になり苦痛で呻きながら、頻繁に汚臭のする糞便の混ざった涎を嘔吐し、頭部からは豆粒大の汗を滴らせていた。右腿は少しも伸ばすことができずに湾曲し、闌尾部はほぼ饅頭の大きさほどの塊が隆起して、外観は紅く腫れて痛みで近づくことができない。押さえると灼熱感や波浪感がある。腹は瓶の様に脹れて絶え間なく絞痛があり、既に3日通じがなくまた放屁もできない、小便は赤熱で刺痛がする。高熱で身震いがして 歯がカタカタ鳴っている。腋下体温は39.5℃。口気は汚臭がして舌は黒く割れて乾きザラザラしている。僅かに外観から既に腸瘍が膿成されて、熱毒が三焦・陽明腑実に壅閉された大病であることが判断できる。すなわち即刻県医院での手術治療に護送するように意見したが、患者は手術を恐れたとえ死んでも行かない。家族全員にひたすら哀願され、急いで助けるための方法を講じる。余の家は1939年の日本による完全侵略時に、かつて村に避難した借りがある。また患者の健康だった素体を知っており、病は5日であるがまだ虚象は現れていない。ただ症状はすでに危急で、薬を取ってきて始めるには往復2時間もかかってしまう。そこで電話で処方を伝え山上の保健駅に大急ぎ薬を送り届けてくれるよう頼んだ:
  1.生白大根2.5kg、元明粉120g、上薬に水5000mlを加え、釜の中に同煎を置き、大根を3回に分けて入れ、一まとまりの煮熟を待って、取り出し再び一まとまりに換え、得られた汁を500mlまで濃縮し、採用に備える;
  2.二花(金銀花)240g、連翹・生薏以仁・赤芍・桃仁泥・厚朴・生檳榔・芙蓉叶・芦根各30g、冬瓜仁60g、生大黄45g(酒に15分浸して取った汁を薬に入れる)、牡丹皮・枳実各15g、皂角刺・炮甲珠・白芷・甘草各10g、広木香・沈香各3gのすった汁を混入(これは拙くも攻毒承気湯の加味方である)。
水を薬よりも2寸余分に加え、さらに白酒100mlを加えて40分間浸せば薬物の分解が加速し、然る後強火で10分間煎じ、むらなく混ぜて得られた1000mlの汁を取り、方1と混合し2時間毎に300mlを連続して服用させ通じがあれば中止する。
  3.まず舌下の金津・玉液・尺澤(双)・委中(双)を刺して、黒血を流す:闌尾・足三里・内関に捻転瀉方を提挿し、強刺留針する。待っていた薬を取り戻す頃には、すでに嘔吐は止み絞痛は軽減した。午後6時には順調に300mlを服用し終えた。2時間後腹中は絞痛し上下にゴロゴロと、絶え間なく雷鳴し頻繁にゲップや放屁をした。幸い三焦の気機昇降はすでに回復して、そこで一気に500mlを服用させると、患者は便意を催したので針を取り外したが便は出なかった、ただ痛脹は大きく緩和した。夜11時から再び300mlを服用させると夜半の2時になって、真っ黒い汚泥の様な極めて臭い硬い塊状が連なって、糞便の塊と膿血状の物を大きな便器一杯に下した。すぐに細麺を一杯捜して食べ(すでに2日間何も食べていない)ぐっすり寝入った。余は病人の家で一晩見守り、翌朝診察すると闌尾部の塊はすでに消えていたがまだ圧痛はある。舌上の黒苔はなくなり六脈もみな緩で落ち着き体温は37℃。《弁証奇聞》清腸飲の薏以仁を2倍と芙蓉叶・甲珠・皂角刺を加えて与え以って余邪を清くする:
  二花90g、当帰50g、地楡・麦門冬・元参・生薏以仁・芙蓉叶各30g、黄芩・甲珠・皂角刺・甘草各10gを3剤で癒える。
  闌尾炎は治療をしなかったことによって膿腫を形成し、それが酷くなって腸梗阻を合併するに至ったが、辺鄙な荒れ果てたところでしかも医者が不足し薬も少ない地区ではそれほど偶然ではなく見られる。この例は発症してから5日、ペニシリンを用いても効果なく症状は危急であった。もし闌尾に穿孔すれば容易に腹膜炎或いは膿毒敗血症を併発し、その腸梗阻ははなはだ厳しい。現代医学が認めた2つのうちもし見られるならその一つは保守療法以外の適応症である。但し余の一生でこれらの危機的重症は数え切れぬほどであるが、全部成功して一例の失敗もない。急症を上手に治す、これは中医学の特色の一つである。そしてまた効果が速く現れ費用も少なくて済む。この大症のように初めから終わりまで10時間足らずで、費用も数元以内であった。本例に用いた方剤:その一はすなわち《医学衷中参西録》の硝菔通結湯で、その軟堅潤下通便の効能は甚だ顕著であり、かつ正を傷つける弊害もなく虚弱者や老人の腸梗阻に用いて最もよろしい。その二はすなわち《金匱》の大黄牡丹皮湯に加味してできた攻毒承気湯、方中の特別多量に用いた瘡毒聖薬の金銀花は一切の大小瘍疽・腫毒悪瘡を善く治し、消腫排膿止痛の芙蓉叶と、更に薏以仁・冬瓜仁を加えた透膿散(甲珠皂角刺)は清熱解毒排膿する。並びに広木香・沈香の研磨汁を混入し、行気消脹・利水消腫の檳榔に硝菔湯を配し以って気滞を破れば、腑実は一掃し毒は便とともに排泄されて重病もたちどころに癒える。もし大柴胡湯と合方するなら多量の柴胡125gと金鈴子散(冲服)を加え、40分以内にできれば病勢を阻断し急性膵腺炎を止痛・消腫し、血象は基本的に正常に戻し患者の生命を救済するのに有効である。
                                       続く

by sinsendou | 2012-01-16 20:13 | 中医火神派①~50

マイケル登場 その3

マイケルは高いところが好き。
e0021092_1727110.jpg

一日の3分の2は「お休みモード」のようです。
e0021092_17272817.jpg
e0021092_17285133.jpg

by sinsendou | 2012-01-12 17:20 | その他



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧