人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その22

李老中医 危急重症難病治療経験
その22

  注釈:この案例は中医の舌診に影響を及ぼすような、すなわち無苔舌が主病に関する、人を混乱させる一つの問題である。凡そ舌面が無苔で乾、或いは中心が地図の様に剥げたり、或いは舌が柿の様に紅かったり、裂紋が現れるなどどれもみな陰虚を主どっている。ただ臨床所見は気虚が少なくなく・陽虚が甚だしい亡陽に至る危険証の中で、この様な舌証の出現でもあり本案は即ち一つの典型的な病例といえる。当時病状は大変危険な状態でついには舌を捨て証に従い、すぐさま助陽解表・回陽破陰の辛熱大剤を投与した。その結果30時間以内に合計附子90g、麻黄・細辛・紅参・油桂各30gを用い、主証の解除と同時に舌上に薄白苔が生え始めそして津液が全体にいきわたり裂紋もまた癒えた。私は一生の間にこの様な舌証の病例に出会ったことが200例を下らないし、全部主証に従って相応の方薬を以って治した。長期観察を経て、すべて亡陽の状態に成っていて、かつ“陰虚舌”が見られる場合は四逆加人参湯を投与すれば、少ない時は4時間で多い時でも一昼夜で、乾紅無苔の舌(その中の殆どが絳舌)に苔が生え潤いも戻った。気虚が暫くして陽虚にまで及び“陰虚舌”が出現した場合、大剤の補中益気湯加附子30g、油桂10g、3剤で舌象の様相が変わった。肺結核・骨蒸潮熱にも陰虚舌が見られ、補中益気湯に黄耆60gを多量に用い、さらに烏梅・山茱茰肉・生竜骨・生牡蠣各30gを加え、甘温で大熱を除き土を補い金を生じさせれば、一週間で潮熱は退き舌象もまた変わる。

 一老婦人、76歳、右半身痺れ、膝から下が冷え足は浮腫み靴を履くことができず、口は渇かず飲みたくないし水を口に含んでも直ぐに吐き出してしまう。一眠りすると直ぐに目が覚め、舌は乾き動かすことができず、動悸や目眩がして再び寝入ることが難しく、脈遅細・舌乾紅無苔。大剤の人参真武湯を与え、3剤の後には浮腫は退き安らかに眠れて、舌上には薄い白苔が生え始め舌全体に潤い戻ったので、また大剤の補陽還五湯加附子30g、白芥子10g、全虫3g、蜈蚣2条を6剤服用後痺れも治った。
 
 一女性、22歳、両肺空洞型結核、骨蒸・潮熱が半月治らず舌光紅無苔・乾、遂には朱丹渓翁の滋陰退蒸法を用い、薬は亀鼈甲・青蒿・秦艽・黄芩・黄連の小剤を用いたが、子の刻になって大汗をかき四肢厥冷し、喘いで物を言うことができず便溏・脈微となったので、急いで張錫純氏の来复湯合大剤の参附龍牡救逆湯を投与し、30分後に危機を脱し舌上には薄白苔が生え始めかつ骨蒸潮熱も二カ月発症していない。

 一友人、45歳、舌の真ん中に5分硬貨大の光紅無苔があり、尿は熱っぽく頻繁だったので、知柏八味丸の5日間服用を命じたが無効、さらに無苔範囲が反って拡大し、かつ乾き裂けて出血や歯茎からも出血が現れ、脈を診ると沈細で口渇なく膝から下が氷の様に冷え、尋ねると最近異常に太り始め顔色も暗くなったというので、上の仮熱と下の真寒を断つために四逆湯1剤と附子30gを用い乾姜を姜炭に替えて与える。煎じてできたものは冷やして(上に熱があるので熱薬は冷たくして服用、盗渡上焦の法)、子の刻に頓服させると次の日には諸症はすべて退き、舌上には薄い白苔が生え始めた。

 一婦女教師、62歳、“乾燥総合症”を患って8年、最初に激素療法を用いたが無効だった。口は渇き潤いなく、水を多く飲めば飲むほど渇きは甚だしくなり、終わりには舌の渇きで動かすことができなくなり、唾液がないばかりでなく涙や鼻水もなく、陰道は乾きひび割れ、大便は乾結して羊の糞のようで、舌は豚の腎臓の膜を剥いだ様に紅く光り、唇は乾いて裂け口内炎が頻発した。かつて省内及び洛陽名医の中薬を数百剤服用したが、大体みな養陰増液の類、或いは辛涼甘潤、或いは養胃陰・津液保存で、何年も偏って用いられ無効だった。脈を診ると沈細微弱で、顔色萎黄艶がなく、四肢は温かくないだけでなく両膝から下は最も冷たい。そこで大剤の参附湯を以って命門の火を直に温め、蒸動を以って下焦気化の根である陽と陰を生長させ、附子は陽を通じて津液を与え、水を登らせ火を降ろす。そこで大剤の引火湯を以って佐とし陽を抱えることで真陰を増やすように、小量の油桂と米丸を呑服させれば引火帰原となって、10剤服用後には諸症状は退き舌上には薄白苔が生え始め津液も口全体に現れた。

 以上例をあげたが、四診には合参が必須であることが分かりそれで方を間違えることはない。舌診は一つの完成された学説を形成しているが、これは清代に温病学説誕生の後熱病による津液の障害であるので、温熱疫症にあって衛気営血弁証中特殊な意義がある。但し雑病中では、また種々の異常変局があり一概に論ずることができない。舌苔の生成はすなわち胃気の蒸化による。胃が虚なれば蒸化ができず、舌苔が反応できないのが真相である。そして人身気化の根は、下焦腎中の命門の真火にあって、この火が弱ければ火は土を生めない、すなわち胃気が虚となっている;金と水が相生できなければ、水液が全身に蒸騰流布することができない、故に舌乾無苔となる。左季雲氏《傷寒類方集参》の四逆湯方論の中に一段の話があって、陰陽気化の奥深いことについてずばり指摘している。その論説とは:“……附子は味辛大熱、経が言うには辛を以って潤いとなし、腠理を開発し津液を生じ通気するなり……”、“附子は津液を生ずる”、正に画龍点晴の筆であり、古人が発表していながらまだよく知られていないし、元来気はよく水を化すなり。明白なこの理論で、すなわち“乾紅無苔舌”の主病に対して納得がいった:温熱傷陰以外、雑病中に陽虚で気化が及ばずに、津液が蒸騰上達できないことがつまり病根である。真武湯はよく多くの余分な廃水を体外に排出し水腫を治す、すなわち四逆湯も津液を昇騰でき、つまり千古奇談ではなかった。清の末期、蜀(四川省)中の傷寒の大家鄭欽安氏はかつて唇焦舌黒・不渇少神の疾患を治療したが、これは真陽が断たれ極めて衰弱し津液を上に熏蒸できないためだった。鄭氏曰く:“当に陽気が一分縮めば肌肉は一分枯れると知り(李可注釈:正に陽生陰長であり、陽が減れば陰は隠れることの臨床活用)、これは舌黒唇焦ことの原因なり。四逆湯の力で先天の陽を回復させる、陽気がひとたび戻れば津液は升騰し枯焦は潤いたつ。”この治療で癒える。この証を微に入り分析すれば、悟る機会が訪れる。真假の間で疑わしければ更に弁証が重要な点になる。気化の理は、全て陰陽の二文字にある。一切の陰(四肢百骸、五官臓腑、津液水液)はみな静止的であり、古人はこれを“死陰”と謂った。唯ひとり陽の能力は霊動活発、生命の活力である。陽は統帥であって、陰は陽から生じ陽によって統められる。“陽気がもし空に昇る太陽であるなら、それを失うと長生きできないし明るくない。”下焦の一点である命門の真火が発動すれば、十二経は休まず循行し五臓六腑に気化が巡り、生命は生き生きとして進歩向上する。この火が一旦衰えると諸病が発生し、その火が灰となった時生命は終結する。先天の本の腎や生命の本原はこの火が拠り所である;後天の本の脾胃や気血生化の源もこの火が拠り所である。養生でこの火を損なえば長生きできず、病を治す時この火を損なえば命を落とす。附子は津液を招くことができ、気は水を昇らせる道理を知らないといけない。そして“乾紅無苔舌”が陰虚に属すとは限らないので、証に臨んで適切に弁証すること。
                                        
続く
by sinsendou | 2011-05-29 11:48 | 中医火神派①~50

『本物の生き方』

『本物の生き方』

船井幸雄著  海竜社  1785円(税込)

1933年、大阪府生まれ。1956年、京都大学農学部農林経済学科を卒業。日本マネージメント協会の経営コンサルタント、理事などを経て、1970年に(株)日本マーケティングセンターを設立。1985年、同社を(株)船井総合研究所に社名を変更。1988年、経営コンサルタント会社として世界で初めて株式を上場(現在、同社は東証、大証の一部上場会社)。
同社の社長、会長を経て、2003年に同社の役員を退任。現在、(株)船井本社の会長。また、(株)船井総合研究所や(株)船井財産コンサルタンツ、(株)本物研究所、(株)船井メディアなどの最高顧問。
グループ会社の象徴的存在である。

【送料無料】本物の生き方

【送料無料】本物の生き方
価格:1,785円(税込、送料別)


地震・津波・放射能
これら一連の現象は果たして起きるべくして起こったことなのか?

そしてこれからどのように考え、どのように対処したらよいのだろうか。

それらを読み解くヒントがここにある。

by sinsendou | 2011-05-25 11:20 | おすすめの本①~

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その21

李老中医 危急重症難病治療経験
その21

重症結核性腹膜炎合併胆嚢炎

――無苔舌主病の病機理論を探る

  夏門鎮農民梁大仁、男、77歳。1998年8月17日、入院先の××医院内科にて急診したが、主症は全身浮腫・寒さに耐えられず・低体温・無汗、上腹部絞痛嘔吐。MRで右肋骨下に15×13cmの嚢性腫物が見え、白血球19500、血沈72cm/h、最終診断は結核性腹膜炎、急性胆嚢炎であった。急性期の対症療法を経て一週間後に腹水が出現し、2回摘出したが摘出するそばから腫れた。それに加えて清熱解毒利尿の中約31剤を服用させたが病は返って重くなった。9月22日病が危機的になったので退院し診察を請われた。直ぐに診察をすると腹は大きく膨隆して臍は出っ張り胸は平らで、喉からは痰鳴が聞こえ咳と喘ぎがひどく横になることができない。下肢は泥の様にぶよぶよに腫れ、膝から下は氷の様に冷たい。顔色は暗い灰色で両目に生気はなく、動悸や精神疲労で眠たがり、食欲不振・不渇、尿量少なく全身に時として震えがある。病に罹って35日、終始寒さを嫌い無汗。舌は柿の様な紅、無苔で乾、舌には裂紋が縦横に走り脈促細、脈拍132拍/分、太渓の根脈は細だが乱れてはいない。

  上記脈証から推断すると患者は八十歳に近く腎気はすでに衰えていて、病の初めに寒さを嫌い発熱無汗で、正気は虚してかえって邪は鼓舞して外透し、嘔吐や腹痛も同時に現れ徐々に腫脹が全身に広がってしまった。結局少陰(腎)の虚寒が本であり、太陽表寒の実が一緒に現れ、だんだんと太陰(肺・脾)の裏虚寒証に転じて肺・脾・腎の三臓が共に病んだ。重要な問題は本が寒証に属していることで、表裏同病と表寒がまだ解けてなく表気は閉塞して寒邪が出たくとも出口なく、また苦寒を用いたため雪の上に霜が加わるように三焦の気化が氷結してしまい、寒邪は皮毛経絡から積もり積もって深く内陥した。真陽は日に日に衰え膀胱が気化できずに集まった水は腫を形成した。脾の陽虚で水湿の運化ができず水腫が日ごと甚だしくなる。水が心肺を凌駕するので心悸し痰鳴を伴う喘咳となり、終わりには陰水が氾濫し五臓六腑すべてに重大な陰寒による困難を被ることとなる。精神疲労・嗜睡し四肢は厥逆、もうすでに亡陽の状態にまでなってしまった。麻黄附子細辛湯をまねて温腎助陽解表をまず先とし、太陽の表を開き閉じた肺を宣発して水道を通じ、真武湯を合わせて温陽瀉濁とともに帰原の火を益して以って陰翳を消し、人参を加えて元気を助け、油桂を加えて蒸動を以って下焦を気化する:

  麻黄15g、附子30g、細辛・紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)各15g、油桂10g(下げた後)、茯苓・白芍各45g、白朮30g、生姜45gに水1500mlを加えとろ火で煮て600mlを取り3回に分け3時間に1回服用させ、汗が出たら止め必ずしも飲みつくす必要はない。

9月23日二回目の診察:四肢は温かさが戻り腹脹はやや緩くなり、食べる気が出てきて起き上がれるようになった。高齢の危機的症状で胃気が戻ってきたのは大変良い兆しである。しかしまだ無冠で寒さを憎み厚い衣服を着たがる。眼球と胸腹は発黄し薄暗い黄色を呈し、尿量微、脈沈細、脈拍92拍/分、すでに差し迫った象はなく舌色も前回同様。表気が閉阻されてから長い日がたち寒湿が化せずに黄疸を発症した。薬を証に従って変え、原方に茵蔯五苓を加え温陽瀉濁し、正気を助け以って表閉を開く:
茵蔯・茯苓・白芍各45g、白朮・附子各30g、澤瀉・桂枝・紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・細辛・麻黄(別に包む)各15g、油桂10g(下げた後)、鮮生姜45g、2剤。煎服方法は前回同様で3時間に1回日夜連続して服用し、汗が出たら麻黄を去る。

9月24日三回目の診察:気持ちよく汗が出て上閉が開くことで下窮が通り尿量が大変多くなって、昨夜23時から今朝の8時までに尿量は3000ml以上になり、腹水の大半はなくなって黄疸も退色して淡くなった。食も進み一日に一斤程食べれるようになり、精神がはっきりし話し声も清朗で、脈沈有力、脈拍82拍/分。舌は活き活きとした紅色で全体に津液が広がり中心には薄い白苔我生え始め裂紋も癒えた。
上方から麻黄・細辛を去り海藻30g、甘草15g、別に全虫12g、蜈蚣2条を細かく粉末にして冲服する、2剤、毎日1剤。虫類は絡に入って結を散らして以って腫れ物を治す。

9月26日四回目の診察:黄疸はきれいになくなり腫れ物は縮小したので、方を改め:薏以仁・芙蓉叶・附子各30g、皂刺・白芷・柴胡各10g、別に川貝・炮甲珠各6g、全虫3g、蜈蚣2条を細かく粉末にして冲服すること3剤。

10月2日追って訪れると腫れ物は全部消え腹水もなくなっていて、六脈は全て緩で全治した。


                                 続く

by sinsendou | 2011-05-21 15:25 | 中医火神派①~50

スーパーレシチン養脳精

スーパーレシチン養脳精
330粒定価35000円(税込)

1箱 16252円

5個以上まとめてお求めの方は
お電話(045‐774‐7558)にてご相談ください。


お届けには一週間ほどかかります。
また送料と代金引替手数料は、当社が負担いたします。


e0021092_1532884.jpg


 本製品、『養脳精』は、大豆レシチンと卵黄レシチンを、ニンニクエキス末、カキエキス末、小麦胚芽油、サフラワー油、ビタミンE(酸化防止剤)、乳酸カルシウム、真珠末(カルシウム)、昆布末、などを配合した製品で、頭脳のためになる食品です。

 頭脳労働での頭の使いすぎ、勉強のし過ぎ、精神的不安を感じる時、ストレス、判断力が衰えた方などに、レシチンは脳細胞を活性化させ、生き生きとさせる働きがあります。お年寄り、お子様の頭の良い子へのためにお使いください。

by sinsendou | 2011-05-09 14:55 | 養脳精

写真で辿る京都の旅 その59

今年の2月に申し込んでおいた『京都二泊三日の旅』、東北大震災の後で一度は取りやめにしようかとも考えましたが、あまりにも自粛が過ぎては日本の元気が無くなってしまうと思い行ってまいりました。

JR東海ツアーで『50+フリープラン京都2泊』

5月3日~5日

新・都ホテル 宿泊

新横浜ー京都 新幹線

二人合計 84600円

5月3日 朝8時6分 新横浜発『のぞみ311』
京都駅 10時8分着

荷物をホテルに預け『バスチケットセンター』で『一日フリーチケット』500円を買い求めいざ出発。一緒に市バス観光マップの『バスなび』をもらう。

e0021092_11161875.jpg

e0021092_11163438.jpg


【市バスの基礎知識】
〇市バスの乗り方   後ろのドアから乗る
〇運賃は後払い
〇一日乗車券カードで乗る場合、乗車1回目は運賃箱のカード挿入口にカードを通し、裏面に日付を印字してもらう。
〇二度目の乗車からは、降りるときに裏面の日付を運転手に見せて降りる。
〇『バスなび』の市バス専用カード利用範囲以外に行くときは、必ず入口で整理券を受け取ること。

本日の予定は『上賀茂神社』『下鴨神社』『詩仙堂』『圓光寺』『曼殊院』です。

市バスの9番が『上賀茂神社』の近くまで行っているので、それに乗ります。

e0021092_15215512.jpg
  
e0021092_15272285.jpg

e0021092_1535954.jpg
e0021092_15354786.jpg

e0021092_15391885.jpg
e0021092_1540850.jpg
e0021092_15442268.jpg
e0021092_1545105.jpg

by sinsendou | 2011-05-06 15:23 | 京都の旅①~74



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧