人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その20

李老中医 危急重症難病治療経験
その20

三消重症
  郭桂雲、女、33歳、霊石新華書店会計。1982年7月12日初診:病はすでに3カ月、食欲は倍増なのに日増しに痩せてゆく。顔色は白からだんだんと青黒くなった。昨日体重を量り5kg以上減ったので、とても心配になり治療を求めにやってきた。病歴を聞くと最近数カ月、仕事と家事の苦労が甚だしく時々空腹を覚えた。食後30分も経たないうちに排便しまた飢餓感が忍びがたく、心があたふたして眩暈もする。さらに喉の渇きが異常で、飲んださきから小便となる。最近10日ほどは空腹を覚えると直ぐに動悸・息切れ・発汗し、目の前が暗くなり眩暈がして体に力が入らず歩くこともできない。舌紅無苔、脈細数無神、尺部が最も虚である。内科検査では尿糖・血糖ともに(-)、眼球は突出してなく甲状腺機能も異常がない。病は疲労倦怠での内傷により肺脾腎三臓の気陰を傷つける壮火食気(陽気がきわめて盛んとなり、火熱が気を消耗し、正気を衰弱させること。)で、重症の消渇である。その顔色は白から黒に変わり、下元の不固により腎気が上浮となっている。滋陰補腎して陽亢を制し、下焦を固摂し腎気を補納する意味で引火帰原を以って治となす:
  熟地90g、枸杞子・山茱萸肉・塩補骨脂各30g、紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・天門・麦門冬各15g、油桂2g(粗皮を去り研磨した粉小米を蒸して柔らかくし丸めて呑む)鮮生姜5片、大棗10枚、胡桃4枚、3剤。
  7月17日二回目の診察:大変元気になり食欲も以前のごとくに戻り、口渇や多尿もまた7~8割減ったが、原方を3剤。
  7月20日三回目の診察:気化の病なので一気に改善させる。薬を6剤すすめ、諸症状はすべて癒える。青黒かった顔色もすでに紅潤へと変わる。朝は補中益気丸、晩は六味地黄丸を服用し後始末をするように云いつける。10年後訪れるも無病であった。その後私はこの方法で多くの糖尿病を治しまた速効があった。

虚寒型糖尿病
  李瑞亮、男、52歳、壇鎮人。1984年1月16日初診:糖尿病に罹って10カ月、かつてインシュリン分泌不能のコントロールをしていた。やせて7kgも体重減少し力が入らず、胃脘痛と酸っぱい涎を吐く。食事を嫌がり一日に僅か100gから130gだけ食べる。飲み物は多く一日にお湯を6瓶前後とり、尿も多く一日に35~40回でほとんどズボンの腰ひもを結ぶ暇がないほどである。悪寒が甚だしく荷物運搬用の小車に乗せられて来院した。目は充血して息切れし顔は真っ赤で、脈は右が微細、左は沈滑細。当日の化学検査:尿糖4+、血糖37㎎%。
  証は腎気腎陰の両虚に属し、陰損が陽にまで及んだ。命門の火が温煦を主どれず、津液が蒸騰し上達できなくなったので多飲となった。釜底に無火ゆえに胃脘は冷痛し、飲食を嫌がり嘔逆をする。腎気が統束力を失い、故に膀胱の機能は失調した。その上腎陰もすでに下において極めて虚となり、腎水も少なくなって竜雷を養えず、故に相火の上奔が現れ目の充血や赤面となった。腎が気を納められず息切れとなった。滋陰助陽、引火帰原、納気帰腎のつもり:
  九地90g(砂仁10gと撹拌する)、塩巴戟肉・天門・麦門冬各15g、茯苓15g、紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・呉茱萸・五味子・炙甘草各10g、山薬・山茱萸肉各30g、油桂1.5g
(研磨して呑む)、鮮生姜5片、大棗10枚、胡桃打4枚、3剤。
  1月21日二回目の診察:胃痛や吐き気、目の充血や息切れ、真っ赤な顔などはみな治った。食欲も改善し飲み水も減って一日にお湯一瓶ほど、尿も一日10回ほどに減少した。脈は前回と比べ力があり自分で歩いて来院した。方を守り3剤。
  1月25日三回目の診察:小便は日に7回となり夜間尿はなくなった。食事の量も500gまで増え行動も普段同様となる。舌紅潤、真ん中に裂紋があり脈沈滑。原方から呉茱萸を去り、生山薬・生黄耆・枸杞各30gを加え、豚の膵臓10g(別によく煮て湯液と一緒に肉を食べる)、10剤。
  1月26日今日の化学検査では尿糖++、血糖65㎎%。方を加減し調理してひと月余り、豚の膵臓は40個を用いた。尿糖はなくなり血糖も僅かに高いだけとなり、症状は穏やかで体重も回復してきた。油桂を加えた引火湯は本病の三多に対して特に有効である。症状が重ければ重いほど効果は速く現れる。

火不生土の糖尿病  
  李彩青、女、55歳、病歴7年。便溏が4カ月、顔色は暗灰色で口渇はなく、少腹が脹れて垂れ下がり痢疾の時は裏急後重となる。食べ物がのどを通らず、げっぷや酸っぱい液が上がる。舌質は紅、白腐苔があり脈は沈微。理中などを用いたが効果なし。火が土を生じないのは釜底に無火のためで、温腎陽が適当で三畏湯加味を与える:
  紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・霊脂・公丁香・欝金各10g、油桂3g(研磨して呑む)、赤石脂30g、附子・三仙炭・姜炭・炙甘草各10g、生山薬60g、3剤で癒える。
  その後培元固本散を百日連服して強固な体を得て、すでに5年になるが降糖薬は服用していない。
by sinsendou | 2011-04-30 12:03 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記その165 高雄 その6

【MRT左營駅から高雄の街へ】


チケットはプラスチックのコイン型です。

e0021092_18431877.jpg

e0021092_1451595.jpg

e0021092_1461022.jpg

e0021092_18442265.jpg


『MRT左營駅』から五つ目の駅が『MRT高雄駅』で、そのまま乗って『MRT高雄駅』から二つ目の今夜宿泊の『高雄国賓大飯店』に一番近い『MRT中央公園駅』に着きました。

とても広々としています。
e0021092_1935554.jpg

e0021092_1954523.jpg


夜の高雄の街です。
e0021092_196537.jpg

道路もとても広い。
e0021092_1983036.jpg

by sinsendou | 2011-04-26 13:51 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その19

李老中医 危急重症難病治療経験
その19

真熱仮寒 大実羸状あり

  名医某、1964年12月26日、即ち冬至の2日後、急に奇病を患う。始め病は外感に似てちょっとした病気、三日後突然昏迷となる。気息は微弱、顔色はくすんだ灰色、手は肘まで冷たく足は膝まで冷たい、頭から汗が滴り意識は清明のような朦朧のような、六脈は有のような無のようである。某医は“傷寒、少陰亡陽、已に病重く死にかかっている状態でしばらく参附湯にて、人事を尽くして頼る”と断じたので、李院長は取捨の決断をするために私に診察を依頼した。証が云われた如くなのかを見る。それならば室内の汚れた空気が鼻に着くのがかなり不思議に感じられた。その上証情が突然変わり、寸口の脈の乱れが信用し難いので、その下の三部の趺陽・太渓・太冲を摸ると、沈実で有力しかも一息に六至以上ある。病人の舌を見たいと思ったが患者は朦朧として歯をきつく噛み合わせている、そこで患者の頬の車穴を強刺し匙で口をこじ開け、まだ舌を見る前に口中の臭気が吐き気を催すほど臭く、舌面いっぱいに黄厚燥苔がこびり付き舌根はすでに黒くなっていた。小便を尋ねると濃い茶の様でまた臭いがあり、大便は5日出ていない。小腹を押さえながらさぐると硬い板のようで、ここに至って真相がすっかり暴露された。元を知ると患者は解放前に阿片を20年以上吸っており、今に至ってなお樟脳チンキで精力を維持したためその臓腑に毒が積もったことが分かる。かつ病は冬至の後にあって陰虚の津液不足の体にちょうど一陽のまた来るときに出会い、邪が熱化から燥化しすでに太陽より転じて陽明腑実に属すこととなった。その四肢の詰まりはすなわち熱深くして詰まりも深く変化し、意識朦朧となり即ち濁気が上がり神明を空にする;頭から発汗し手は粘る、これは腑実薫蒸に属する。いろいろ証を見ると陽明の腑の熱閉であることが分かる、そして亡陽厥脱ではなくさらに真寒証が口臭の臭う人の象では絶対にない。聞けば前医は歯をきつく噛み合わせていたため舌を診察できなかったという。亡陽虚脱は手を広げ遺尿し目は閉じられ口は開かれることが多く見られ、“歯を食いしばる”はかえって実・熱・閉証など特有である。ここに至っては前医の誤診と断定できる。そこで詰まりを除く大承気合増液湯で陰を残しながら急いで下し、腑実を通じ上閉を開く、蛇足を付け加える必要がないが、さらに開竅の品を加える。
  大黄30g、芒硝20g(分冲)、枳実15g、厚朴・生地黄・元参・麦門冬各30gを煎じて、2回に分けて3時間に1回服用する。
  翌日診察に行くと患者は僅かに薬を1回服用しただけで、おおよそ2時間ほどで悪臭を伴う便を1回下し寝具を乱雑に取り乱して、まもなく精神爽やかに癒えたとのこと。再びその脈を診ると依然として微細で細い糸の様である。始めてその脈が“六陰脈”であることを知ったが、大実の症候があるとはいえどもその脈は変わらず、故にどうして反対に応じたのか真相は解らない。また一種“六陽脈”というのがあって、終生洪大数実であるというが、これも虚証であってもその脈は変わらない。もし脈にたよって病を判断するというのであれば、自分より下の者に問うことを潔いとしないようで、どうして病を当てられようか!人の体質稟賦は千差万別で、虚実真仮は決して一目瞭然ではない。尤もそれが危急の重証であれば、虚に至り盛んな症候があって大実が反って羸症を現す。僅かでも慎重でなかったりすると誤診をしたり誤治をしてたちまちのうちに生死が分かれてしまう。
慎重に、慎重に!
by sinsendou | 2011-04-22 13:38 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記その164 高雄 その5

【MRT左營駅】

地下のMRT左營駅につながる階段を降りるところの天井に飾られている巨大広告。

メガネの広告でしょうか。
e0021092_12181117.jpg

e0021092_12194091.jpg

e0021092_12203124.jpg
e0021092_12212183.jpg

左營駅から5番目の駅が『高雄駅』に接続しています。

『國賓大飯店』に一番近いMRTの駅はさらに2駅先の『中央公園駅』で下車します。
e0021092_12493124.jpg
e0021092_12502687.jpg

by sinsendou | 2011-04-18 12:03 | 麗しの島 台湾①~487

患者よ!がんと闘うな

【患者よ!がんと闘うな】

e0021092_10593276.jpg


著者  近藤 誠
出版社 文芸春秋
定価  1400円

今から15年前、著者が慶応大学医学部放射線科講師のときに書かれた本。

その当時から癌の治療方法は、①手術による摘出 ②抗ガン剤の投与 ③放射線の照射の三つが挙げられています。

著者は放射線医の立場からあまりにも手術一辺倒の現場を考察検討し、警鐘を鳴らしています。
by sinsendou | 2011-04-09 10:59 | おすすめの本①~

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その18

李老中医 危急重症難病治療経験
その18

  結核性心膜炎、心膜液貯留  

胡秀琴、女、22歳、百貨公司行政人員。1981年9月21日初診:山医二院は結核性心膜炎、心膜液貯留、Ⅱ度房室伝導阻滞と診断。すでに抗結核・激素・利尿などの方法を用いて3カ月治療したが、なお心前区に胸苦しさと刺痛があり時には背中に牽引痛もあるし、胸の上からひき臼で圧迫されるように感じて、咳は絶え間なく続き顔色はくすんだ灰色で唇と指は青紫、動悸、下肢は陥没性水腫、脈弦遅指に強く感じ52拍/分、舌暗苔白膩。病歴を追問すると患者は1978年高級中学に上がった時T・B性胸膜炎を患い、抗結核治療を半年以上続けたがまだ根治はしていない。顔色は痿黄で痩せて少しの風にも弱く、極めて感冒に罹りやすくまたいつまでも治り難い。現在でも時々悪寒がして肩背が重くこわばり体中の筋肉や関節が疼く。症状は風寒の外襲による疏解の失調と水飲の内停で、徐々に臓器に深く入っている。邪の入路ははっきりしているのでまず扶正托邪になぞらえて深伏の邪を外達させる機序のある処方:
  紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・霊脂各10g、羗活・独活・前胡・柴胡・川芎・枳殻・桔梗各6g、茯苓12g、桃仁・杏仁各10g、薄荷3g、炙甘草5g、鮮生姜3片、大棗4枚、水煎温服する。
  9月23日二回目の診察、患者の母が来て云うには、薬服用後全身が汗で潤い甚だ快適だがもっと多く服用してもよいものだろうか?私は次のように云った:お嬢さんは外邪久伏が原因だったので開門逐盗の法を用いたが、すでに微汗を得たので目的は達せられた、もし更に汗法を再度用いれば薬のやり過ぎでかえって気血を傷つけてしまうのです。そこで午後の診察訪問では、患者はほとんどの外証が除かれ、胸脇はすでに開けた感じで脈弦遅60拍/分、もう指を強く打つこともない。舌中の膩舌もすでに大半は消えている。さらに汗が出た後小便が多くなり咳も止んだ。これは即ち三焦気化の妙で、表気が通ずれば裏気は和み、肺気が宣すれば水道は通ずる。再び益気活血和営になぞらえて胸陽を振い化瘀消痰で治とする:
  瓜萎30g、薤白15g、白酒100ml、桂枝10g、赤芍15g、桃仁・杏仁泥各12g、丹参30g、檀香・降香各10g、砂仁5g、肉桂・紅参(別にとろ火でゆっくり煮る)・霊脂各10g、生薏苡仁45g、茯苓30g、沢瀉15g、炙甘草12g、生半夏15g、鮮生姜10片、大棗10枚。
  
  9月27日三回目の診察:薬を3剤服し小便の量が大きく増え日夜合わせて2000ml以上になり胸脇の胸苦しさと刺痛は大幅に減った。下肢水腫もなくなり紫紺色もすでにごく僅かで精神も食欲も大変改善し、脈弦緩70拍/分となった。処方はすでに的に当たり更に10剤の服用を守らせた。
  
  10月10日諸症はほとんど除かれただ雨天にあって多少不快感があるくらい。すなわち腎中の元陽不足で金匱腎気丸を1カ月服用するように云いつけたが、それは益火は土を生じそして生痰の源を防ぐことから。1983年患者の母に逢ったがその時患者がもう既に仕事に戻っていることを知った、かつて北京阜外医院でX線及び心電図検査を行い、心・膈・肺とも異常は発見されなかったという。
  
  考察:結核性滲出性胸膜炎は祖国医学の“懸飲症”に相当する。治法は峻攻逐水の十棗湯を使用する率が多いが、ただし乱用するべきでなく過ちのないように正確に弁証することが必要である。それではどんな種類の症状に十棗湯を使用すればよいのだろうか?《金匱》に“病が懸飲の者、十棗湯これを主どる”とあり《傷寒論》十棗湯証に“太陽中風、下利、嘔逆、表解する者は、乃ち之を攻めるべし。其の人漐漐(ちゅうちゅう)として汗出で、発作時有り、頭痛し、心下痞・鞕・満、脇下に引きて痛み、乾嘔し、短気し、汗出で悪寒せざる者は、此れを表解して裏未だ和せざる也、十棗湯之を主どる。”とあり、これによって十棗湯が僅かに表解に活用されそして裏にあってはまだ和の形証が備わっていない実証に活用されていることが分かる。もし表証があるならすなわち“先表後裏”にあたる。もし西医の視点で中薬を用いればすなわちX線の下に胸水の存在を見て十棗湯を投じ、表証をおろそかにして顧みなければ、必ず邪が裏に陥入し纏綿として治りづらく甚だしければ不測の変化を生じる。故に私は一万例以上の胸水証(心膜液・肝腹水・腎性水腫を含む)の治癒に十棗湯を用いる者が結局一例もなかった。水飲内停を治療するときに表裏内外の各部を論じずみな三焦の気化の調整から手をつける。その表裏・虚実・寒熱を視る時どれも同じではなくみなまず先表後裏で、小青竜湯の解表化飲や人参敗毒散の益気解表などのようにまず閉じた肺を開き水道を通す。中陽が運化しない時は益気健脾で化湿する。下焦陽虚の時は桂附の蒸動を以ってする。局部を治すことで体を調整するのであって、局部によって整体が害されてはいけない、即ち治水に集中しすぎなければ水病は自ら治る。胸腔に溜まった体液の病機は胸陽の不足で濁飲が陽位を盗み、気機を阻塞することによる。《金匱》の瓜萎三方(栝楼薤白白酒湯・瓜萎薤白半夏湯・枳実薤白桂枝湯)を以って胸陽を振い起すことで胸郭は開き飲邪は化す、丹参飲は行気活血、気が巡れば水も巡るので更に千金葦茎湯を合わせ清肺化痰排飲すれば更に速く効果が出て、一般には48時間で危機を脱することができる。表を挟む時は麻黄を加え肺気を開く、下焦の陽が微なる時は桂附を加え之を温化する。もし実熱の証拠がなければ軽々しく苦寒解毒の剤をもちいるべからず、用いれば三焦の気化は氷結し病はかえって纏綿となる。



                                         つづく
by sinsendou | 2011-04-05 11:28 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記その163 高雄 その4

台湾第二の都市・高雄へ その4

台湾第二の都市・高雄へは新幹線の『左營駅』に接続している地下鉄MRTで高雄市内へ向かいます。

e0021092_10445810.jpg
e0021092_10455778.jpg


『左營駅』に隣接している『新光三越』の地下に地下鉄MRTがあるようです。
e0021092_10465483.jpg

e0021092_10523837.jpg
e0021092_1053378.jpg
e0021092_1054213.jpg

by sinsendou | 2011-04-01 10:40 | 麗しの島 台湾①~487



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧