人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その10

李老中医 危急重症難病治療経験
その10

 11月9日三回目の診察
 上方を9時に1回服用させるが、10時30分になってもまだ汗はない。服薬時間の短縮を命じ更に1服と、鮮生姜末・紅糖・胡椒粉の煮汁1杯で薬力を助けるために熱くして一緒に服用させる。昼ごろ頭部が汗ばみ、しばらくして首回りや胸背中に汗が出たので、元気を保護し固摂するように麻黄汁を去り余った薬液を熱くして服用させた。
 11月10日四回目の診察
 昨日の服薬後、閉じた表は開き肺気が宣発し、伏寒は外透、真陽が敷かれ背部の冷感及び全身の拘束感も緩解。上肢の厥冷もすでになくなり喉の痰鳴も消失、唇と指の色も淡紅に転じた。喘ぎも治まり激しい痙攣性の咳も二日の内に一二回ほどしか現れなかった。また肺は音声の門戸であり並びに水道の通調を主どるから、汗が出た後は声が出て声枯れも治る;小便は多くなり下肢浮腫もまた退いた。脈象は緩和され脈拍80回/分となる。あれほど頑固だった心臓衰弱及び呼吸衰枯の危機から解放された。表気が通い営衛も調和し、毎回の食事には必ず僅かに汗をかき全身がのびやかになる。二日後甚だ多くの痰を吐き、胸中の閉塞感が大変すっきりする。汗法が宣発を得て、また戻ってきた人体正気の助けがあり、肺絡の湿痰がより集まった死血が少しずつ外透していくきっかけとなっているのがわかる。ただ夜明け・午後・子の刻に背を突き刺す胸痛と胸中の閉塞感との絶え間ない発作がある。すなわち痰の巣が破れたといえどもまだ死血が消えるのは難しく、通じないとすなわち痛むのだ。仲景法に従い方を改め以下のごとく:

1.附子90g、炙甘草60g、生半夏・雲苓・鮮生姜各45g、栝楼30g、薤白15g、丹参45g、檀・降香各10g、砂仁5g、桃杏仁・霊脂各15g、山茱萸肉30g、細辛20g、乾姜・五味子・白芥子(炒研)各10g、百合・生山薬各30g、白酒100ml。
冷水2000mlを加え1時間浸し、とろ火で煮て450mlを取り一日3回に分けて服用。
2.大三七100g、高麗参100g、琥珀・霊脂・紫霊芝胞子粉・川貝・沈香・土元・水蛭・冬虫夏草・全蠍各30g、黄毛茸尖50g。
粉にして一日二回、一回3gを熱い黄酒にて飲み下す。
3.炮甲珠60g、麝香2g。
粉にして20に分包し、朝晩一方ずつ熱い黄酒にて飲み下す。

この後三回の診察を経て、湯薬40剤、散薬1料を服し諸症はみななくなり、体重も漸く元に戻った。厳しい冬を経ても喘咳は起きずまた感冒にも罹らなかった。翌年の春には夫に随い県外で経営している炭坑へ行き、飯炊き・洗濯・水汲みなどをこなし、すでに健常人と変わらなくなる。1999年4月偶然町で出会いすでに病もない状態であったが、体質を強固にするために散剤を再び半年服用するように云いつけた。残念なことに炭坑の倒産によって負債がかさみ願いがかなわなかった。その年の暮にその夫と会い、患者が7月にひどい病にかかって日夜吐き下しを30回余り、手当が及ばず亡くなったことを初めて知った。

近ごろ肺間質病を賢く治すには、多くは甘涼柔潤を主として養陰清肺し、枯れた肺葉を救っている。しかし本例の病人は純粋に沈寒痼冷で病機に違いがあり、自ら仲景の温養の法に随った。もう既に肺痿になっていると肺の津液は傷つき免れるのは難しい、故に百合・生山薬のような性が平の品を選び肺腎の陰を養う。まして四逆湯中の附子は味が辛だが潤し津液を送って気を化し通ずる薬で、腎中の五液が蒸騰敷布して陽を生じて陰を長ずる、これが即ち陽中求陰で生化無窮の理なり。もし徒に養陰清肺を以って事を成せば、即ち寒涼が中をやぶり肺陰は戻らず、まず脾陽が傷つき食は少なくなり便溏となる、土が金を生じないので生化の源が尽きれば反って敗亡を促すことになる。

本病は大虚大実であるから自ずと攻補併重となり、方の2~3は培元固本散変法に似させて、血肉有情の品や先天の腎気を峻補し、人体の免疫力を建て直すものとなった。方中の化瘀薬、化痰薬、虫類薬は本病の大実に対して急所を突いてはいるが完全に消滅させる特徴をもった攻撃でも難しい、しかし根本を固め正気を助け、浅いところから深いところへ繭から糸を紡ぐように、絡に入り悪いところを探してそぎ落とす化瘀散結の緩攻の法ならば正気を傷つけず邪を攻撃できる。とりわけ炮甲珠・麝香の対薬は穿透攻破が行き届き汚れを除き汚濁を化し、諸薬を引いて肺窮に直入して湿痰死血を清除する。諸薬相合して受損した肺の実質病変を修復し生き生きさせるらしい。

                                                 続く
by sinsendou | 2011-01-31 10:44 | 中医火神派①~50

『生ごみ先生の元気野菜革命』

NPO法人「大地といのちの会」 理事長の吉田俊道さんの本が出ました。

『生ごみ先生の元気野菜革命』東洋経済  1500円+消費税

e0021092_10281516.jpg


土が変われば野菜が変わる。

野菜が変われば子どもが変わる。

子どもたちの低体温や便秘が治り、身も心も活性化して健康な体になります。

世間の常識は『虫食い野菜は無農薬で安心』となっていますが、確かにこれは一理あります。
しかし、吉田さんに言わせると『本来元気な野菜には虫がつかない』のだそうです。

「目からうろこ」のいい話が満載!

小さいお子様を持つ御家庭だけでなく、是非皆様に読んでいただきそして少しずつでもいいので実践していただきたいと思います。

by sinsendou | 2011-01-27 10:28 | おすすめの本①~

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その10

李老中医 危急重症難病治療経験
その10

 11月9日三回目の診察:
 上方を9時に1回服用させるが、10時30分になってもまだ汗はない。服薬時間の短縮を命じ更に1服と、鮮生姜末・紅糖・胡椒粉の煮汁1杯で薬力を助けるために熱くして一緒に服用させる。昼ごろ頭部が汗ばみ、しばらくして首回りや胸背中に汗が出たので、元気を保護し固摂するように麻黄汁を去り余った薬液を熱くして服用させた。
 
 11月10日四回目の診察:
 昨日の服薬後、閉じた表は開き肺気が宣発し、伏寒は外透、真陽が敷かれ背部の冷感及び全身の拘束感も緩解。上肢の厥冷もすでになくなり喉の痰鳴も消失、唇と指の色も淡紅に転じた。喘ぎも治まり激しい痙攣性の咳も二日の内に一二回ほどしか現れなかった。また肺は音声の門戸であり並びに水道の通調を主どるから、汗が出た後は声が出て声枯れも治る;小便は多くなり下肢浮腫もまた退いた。脈象は緩和され脈拍80回/分となる。あれほど頑固だった心臓衰弱及び呼吸衰枯の危機から解放された。表気が通い営衛も調和し、毎回の食事には必ず僅かに汗をかき全身がのびやかになる。二日後甚だ多くの痰を吐き、胸中の閉塞感が大変すっきりする。汗法が宣発を得て、また戻ってきた人体正気の助けがあり、肺絡の湿痰がより集まった死血が少しずつ外透していくきっかけとなっているのがわかる。ただ夜明け・午後・子の刻に背を突き刺す胸痛と胸中の閉塞感との絶え間ない発作がある。すなわち痰の巣が破れたといえどもまだ死血が消えるのは難しく、通じないとすなわち痛むのだ。仲景法に従い方を改め以下のごとく:
 1.附子90g、炙甘草60g、生半夏・雲苓・鮮生姜各45g、栝楼30g、薤白15g、丹参45g、檀・降香各10g、砂仁5g、桃杏仁・霊脂各15g、山茱萸肉30g、細辛20g、乾姜・五味子・白芥子(炒研)各10g、百合・生山薬各30g、白酒100ml。
冷水2000mlを加え1時間浸し、とろ火で煮て450mlを取り一日3回に分けて服用。
 2.大三七100g、高麗参100g、琥珀・霊脂・紫霊芝胞子粉・川貝・沈香・土元・水蛭・冬虫夏草・全虫各30g、黄毛茸尖50g。
粉にして一日二回、一回3gを熱い黄酒にて飲み下す。
 3.炮甲珠60g、麝香2g。
 粉にして20に分包し、朝晩一方ずつ熱い黄酒にて飲み下す。

 この後三回の診察を経て、湯薬40剤、散薬1料を服し諸症はみななくなり、体重も漸く元に戻った。厳しい冬を経ても喘咳は起きずまた感冒にも罹らなかった。翌年の春には夫に随い県外で経営している炭坑へ行き、飯炊き・洗濯・水汲みなどをこなし、すでに健常人と変わらなくなる。1999年4月偶然町で出会いすでに病もない状態であったが、体質を強固にするために散剤を再び半年服用するように云いつけた。残念なことに炭坑の倒産によって負債がかさみ願いがかなわなかった。その年の暮にその夫と会い、患者が7月にひどい病にかかって日夜吐き下しを30回余り、手当が及ばず亡くなったことを初めて知った。

 近ごろ肺間質病を賢く治すには、多くは甘涼柔潤を主として養陰清肺し、枯れた肺葉を救っている。しかし本例の病人は純粋に沈寒痼冷で病機に違いがあり、自ら仲景の温養の法に随った。もう既に肺痿になっていると肺の津液は傷つき免れるのは難しい、故に百合・生山薬のような性が平の品を選び肺腎の陰を養う。まして四逆湯中の附子は味が辛だが潤し津液を送って気を化し通ずる薬で、腎中の五液が蒸騰敷布して陽を生じて陰を長ずる、これが即ち陽中求陰で生化無窮の理なり。もし徒に養陰清肺を以って事を成せば、即ち寒涼が中をやぶり肺陰は戻らず、まず脾陽が傷つき食は少なくなり便溏となる、土が金を生じないので生化の源が尽きれば反って敗亡を促すことになる。
 
 本病は大虚大実であるから自ずと攻補併重となり、方の2~3は培元固本散変法に似させて、血肉有情の品や先天の腎気を峻補し、人体の免疫力を建て直すものとなる。方中の化瘀薬、化痰薬、虫類薬は本病の大実に対して急所を突いてはいるが完全に消滅させる特徴をもった攻撃でも難しい、しかし根本を固め正気を助け、浅いところから深いところへ繭から糸を紡ぐように、絡に入り悪いところを探してそぎ落とす化瘀散結の緩攻の法ならば正気を傷つけず邪を攻撃できる。とりわけ炮甲珠・麝香の対薬は穿透攻破が行き届き汚れを除き汚濁を化し、諸薬を引いて肺窮に直入して湿痰死血を清除する。諸薬相合して受損した肺の実質病変を修復し生き生きさせるらしい。
by sinsendou | 2011-01-23 15:26 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記その155 『羽田新国際空港』 その5

『羽田新国際空港』 その5 

いよいよ「手荷物検査」を通って税関のパスポートチェック。
e0021092_11222168.jpg


成田空港の税関とは打って変わってとても空いています。

羽田空港は成田に比べて航空便の発着数がまだそれほど多くないからではないでしょうか。

これなら楽々、なんだか拍子抜けするほどスムーズで時間が余ってしまいます。
e0021092_11231555.jpg

足元のふんわりとしたジュウタンの感触がお伝えできないのが残念です。
e0021092_11242631.jpg

税関を抜けるとそこは「フリータックスショッピングゾーン」。
e0021092_11312815.jpg

新しくて床や天井もピッカピカ。
e0021092_11334381.jpg

by sinsendou | 2011-01-19 11:24 | 麗しの島 台湾①~487

中医火神派 李可老中医医案翻訳 その9

李老中医 危急重症難病治療経験集
その9

1.張春花、女、44歳、山西霊石県原頭村農婦。
1998年11月7日初診:
  20年前産後に寒邪を暴感し咳喘を患い、それがいつまでも治らずいつも季節の変わり目や気候の急変のたびごとに病状が悪化し、遂には持病となってしまった。最近では常に感冒に罹っていて最後には喘息で歩くこともできなくなってしまった。10月初め省二院呼吸科へ行き半月入院、CT検査の診断では“特発性肺間質繊維化合併肺心病”と診断され多量激素療法・酸素吸入法など無効であった。心臓と呼吸が日に日に厳しさを増し、危なくなったので退院。
  診察すると患者はやせ細り、この7カ月で体重が15kgも減少、顔色は青黒く両目はうつろで声はなく、肩で息をして喘ぎ息も絶え絶えである。唇と指は青紫で指は杵状、下肢は陥没性浮腫。喉からは痰がゴロゴロと鳴り、咳をすると白く薄い痰を吐く。四肢は冷えきって手は肘まで、足は膝まで冷たく、脈は速く脈拍は133拍/分(頻発心房性頻脈)。舌胖、苔灰膩、両側に筋状瘀斑がある。ただ趺陽・太冲・太渓の三脈はまだ乱れなく指に応え、よく食べることができることから胃気はまだあり、亡陽厥脱の諸症がみられるとはいえどもまだ引き戻す機会がある。破格救心湯の大剤によって救陽固脱をまず先にして、参蛤散で納気帰腎し、麝香で汚れや痰濁を化し上窮を開くことで呼吸衰弱を救う。
  附子200g、乾姜25g、炙甘草60g、山茱萸肉120g、生竜牡粉・活磁石粉・煅紫石英粉各30g、生半夏・雲苓・鮮生姜郝45g、(高麗参20g・蛤蚧尾1対・麝香1gを粉にして分服)。
  お湯を2000ml加え強火で1時間煮沸し、たびたび煎じては服用させ、昼夜連続して3剤服用させた。
  11月8日午前2回目の診察:
  昨日10時20分から薬の服用を開始、一回に一匙~二匙ずつを約10分間与え、それを1回としてその後七回ほど服用させ、三分の二ほど飲ませると激しい喘息や引きつけの咳が止まり、上肢は温まり寝返りがうてるようになってほぼ危機は脱した。その後30分毎に約100mlを服用させ、早朝の1時に2剤を全て服用し終わってから約2時間熟睡した。目覚めた後痰鳴は一度になくなり、あの酷く暗い20数日を経て最初に出た言葉が、一杯のタン麺が食べたいで、夜明けまでに3剤を服用し終わり再び入眠。
  四診の所見から、本病は非常に難治で病が改善したようにみえてもなお陽根は固まってなく、なおざりにするべきでない。

1.久病は気血を消耗し尽し、陰は涸れて陽は亡び息も絶え絶えで、これは大虚である。一昼夜で附子を600g用いて手が温かくなったといえども下肢は以前のごとく氷の様に冷たい。ほんの少しだけ残った陽が挽回できるか否かが生死の鍵を握っている。
2.肺葉が枯れて萎縮し、湿痰や死血が深い病巣を占拠して、これは大きな実証である。繰り返し発病し、正気が虚となればなるほど邪気が実となる。“繊維化”は肺葉の実質損害であり、現代医学は治らないと断定され、針や薬を施しても難しく治る見込みがない。肺は嬌臓であって、病巣を直接霍乱し突然の変わった手段を用いてもいい腑の実邪や悪性腫瘍のようでなく、攻補どちらも難しい。
3.最近の半年は背中に冷水を注いだような、氷の貯蔵庫へ入ったような感覚で、夏でも木綿の衣服が離せなかった。その次の重病は月末で、始終悪寒がして汗なく全身が太い縄で縛られるようで、胸を塞ぐようなうっとうしさと背に突き通すような胸痛があった。病が20年といえどもなお、小青竜湯の主証は変わっていない。営衛が閉塞し寒邪は冰伏して、少陰亡陽と太陽表実が同時に見られ、本病はなかなか解けない結び目を形成した。

 病機はすでに明らかで、営衛が内は臓腑に関連し外は皮毛に合し、人身が外邪を防ぐための第一の防衛線であることを知るべきである。邪の入路であるからには、また当に邪の出路でもあるのだ。《内経》に“善く治す者は皮毛を治す……”また“諸症はまず先に解表す”で開門して盗賊を追い出せと主張している。喩昌が創った“逆流挽舟法”に次のように述べられている“……邪が裏に入って100日の長きにわたってもなお、邪を裏から表へ引っぱりだすべきである。もし裏から去れば終わりではなく死でもない!”論ずるところ痢疾が表湿を挟み内陥した者を立法したと云ってもそれは万病にひとつで、凡そ沈寒痼冷の諸症で外邪は裏の深くに入り込み冰伏して出にくくなった時は、汗法でなければこの堅く結びついた病を解きほぐすことができない。そこで類似処方の一方で、手本としての麻黄附子細辛湯の意味は、元陽を助け閉じた表を開き、冰伏の邪を外透させることの期待である。煎じたら何回も分服し正気を傷つけずに汗を保っているか報告させる:
 麻黄30g(別に煮汁150mlを用意する)、細辛20g、附子200g、乾姜25g、炙甘草60g、山茱萸肉120g、生半夏・雲苓・鮮生姜各45g、葱白3寸、(高麗参20g・蛤蚧1対・麝香0.5gを粉にして分服)。
 水2,000mlを加え、とろ火で煮て600mlを取り3回に分けて服用、服用時間は正気を助けるために午前に陽気が旺盛な時間帯を選ぶ。毎回麻黄汁と一緒に服用させ汗が出たら服用をやめる。
by sinsendou | 2011-01-15 11:22 | 中医火神派①~50

麗しの島 台湾旅行記その154 『羽田新国際空港』 その4

『羽田新国際空港』 その4

4階のフロアーから眺めると天井が高くてとても広々としています。
e0021092_2193822.jpg

e0021092_21103854.jpg

e0021092_21113567.jpg

和風情緒たっぷり!
e0021092_21124784.jpg

by sinsendou | 2011-01-11 21:12 | 麗しの島 台湾①~487

おすすめの本 強運を呼び込む51の法則

『ユダヤ人大富豪の教え』の著者が「強運」のつかみ方について教えてくれました。

幸運が誰にでも等しく訪れるが、前髪しかついていない。
e0021092_1038951.jpg

『強運を呼び込む51の法則』 本田 健著 1260円

『笑う』と免疫力が上がります。
e0021092_10384360.jpg

『一つ覚えて 三つ忘れる 中高年』 綾小路 きみまろ著 500円

マクロ的に世界を見ると、世界の流れがなんとなく判ってきます。
e0021092_1039275.jpg

『世界権力者人物図鑑』副島 隆彦著 1575円

e0021092_1039413.jpg

『裏読み日本経済』 浅倉 慶著 1680円

是非一度書店で手にとってみてください。
by sinsendou | 2011-01-07 14:55 | おすすめの本①~

「健康問答」

『健康問答』

巷で話題となる健康番組になにかと批判のある今日この頃、本当のところはどうなのか、混乱する情報の賢い選別など、一読の価値アリ。

〇 水はたくさん飲まなければいけないのか
〇 牛乳を飲むのは、いいことか悪いことか
〇 酒を毎日飲むのは、ほんとうにいけないか
〇 緑茶はガンを予防するか
〇 抗菌・防菌対策は、ほんとうに病気を予防するか
〇 メタボリック症候群は、ほんとうに危険か
〇 ウツ病の早期発見は、はたして有効か
〇 コレステロールや活性酸素に、正常値はあるか
〇 代替療法は、ほんとうにガンに効くか        
・・・・・等々(目次より)

平凡社 定価1400円(税別)
e0021092_12143354.jpg

by sinsendou | 2011-01-07 14:53 | おすすめの本①~

「賢バカ」になっちゃいけないよ

「賢バカ」になっちゃいけないよ

酒井雄哉大阿闍梨が老師から学んだ「人生の歩み方」

PHP研究所  1260円(税込)

e0021092_1237599.jpg


《著者略歴》
比叡山飯室谷不動堂長寿院住職。1926年、大阪府生まれ。
太平洋戦争時、予科練へ志願し、特攻隊基地・鹿屋にて終戦。
戦後、職を転々とするがうまくいかず、比叡山へ上がり、40歳で得度、約7年かけて4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を80年、87年に2度満行。その後も国内外各地の巡礼を行っている。

* 頭デッカチになると悩みも増えるんだ
* 道からそれても、戻ってくればいいんだ
* 人生、ムダになるものはないよ
* 失敗したっていいんだよ
* そのまままの自然体の自分でいるのが一番ラクなんだ
* 本物を見失っちゃダメだよ
* 悩めるのは、命があるからなんだ
by sinsendou | 2011-01-07 14:48 | おすすめの本①~

斎藤ひとり 商人道

【斎藤ひとり 商人道】
e0021092_11121758.jpg


著者  尾形 幸弘
出版社 PHP研究所
定価  1260円(税込)
by sinsendou | 2011-01-07 14:47 | おすすめの本①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧