人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

痛ッ! こっ、腰が…。

【ぎっくり腰】
 椎間板ヘルニア。割と多くの方が経験されています。

腰椎と腰椎の間にある軟骨が、上下の圧力によってつぶれて飛び出し、神経節に圧迫を加えるために激痛が走る、といわれています。

軟骨も若いうちは柔らかいゴムまりのようで弾力もありますが、年を経るに随ってだんだんと大福持ちのように弾力が失われていきます。

西洋医学の治療は、鎮痛消炎剤の服用と同じく消炎鎮痛成分の入ったハップ剤を患部に張るくらいです。あとは安静にして身体をやすめることが基本です。

根本療法はせず、もっぱら対症療法しかありません。

それでは、中医学的にはどのように考えるのでしょうか。

先ずは“痛み”とは――痛みは気血の流れが悪くなることや内臓の機能低下から起こる

 からだの中には、「経絡」という通路が流れています。

経絡は(体の基本物質であるエネルギー)(血液)を全身へ運ぶ役割をもっており、経絡の流れに異常が起こったときに「痛み」というからだからの警告を発するのです。

経絡の流れが悪くなる原因

これには二つの原因があります。

一つは――余分なものが経絡の流れをふさぐ

 暑さ、寒さ、湿気、ストレス、偏食、過労、お血(ネバネバ血液)、外傷などが経絡の流れを滞らせる。
こうした運行障害の痛みを「不通則痛」と呼んでいます。

もう一つは――からだに必要なものが不足する

 老化、体力の衰え、虚弱体質、慢性病などによって、本来からだに必要な気血が不足してしまった。こうした栄養不足の痛みを「不栄則痛」と呼んでいます。

こうした中医学の考えをあてはめていきますと

◎重いものを持ち上げたり、打撲が腰痛のきっかけになった場合―→血液循環をよくする。
◎冷たく重い痛みだったり、曇りや雨の日に痛みが強くなる場合―→冷えや湿気を取り除く。

e0021092_205454.jpg

e0021092_2062432.jpg

疎経活血湯と桂枝茯苓丸という処方です。

これらの処方に当店独自の神仙堂鎮痛処方を加えて、三日で約80%は楽になります。

但し、体の中に湿気がたまりすぎて熱に変化している場合は処方が変わります。

湿気の多い夏には、大好きなビールも控えめにして、さらに冷房によって発汗されない体内の水分を搾り出すために運動をいたしましょう。

日頃の注意が予防となるのです。

それでもギックリ腰になってしまったら、是非一度ご来店ください。         
神仙堂薬局←ここをクリック
by sinsendou | 2005-08-31 14:25 | 漢方

靖国論

e0021092_19431535.jpg
 またまた本の紹介です。
 
衆議院選挙が公示され、マニフェストの中にも靖国神社参拝に関して取り上げている党もあるようです。

靖国の歴史を正しく知ってから論じても遅くはないと思います。

是非一度お読みください。

新ゴーマニズム宣言 靖国論
小林 よしのり著  幻冬舎 1260円(税込み)
by sinsendou | 2005-08-30 19:51 | おすすめの本①~

顔を見れば病気がわかる

e0021092_10492182.jpg
【隠れた不調を自分でチェックできる本】
 私の母校である東京薬科大学の大先輩、猪越恭也先生がお書きになった本。

 病院へ行くほどでもない、軽い自覚症状から体の中に隠れた不調を見つけ出すことの出来るとてもわかりやすい一冊。

 若い方から年配の方まで、どなたでも毎日の生活を見直し、軌道修正するにはもってこいの本です。

 株式会社草思社発行、1470円(税込み)
by sinsendou | 2005-08-27 11:04 | おすすめの本①~

会社の冷房が効きすぎて・・・

Q: 会社の冷房が効きすぎていて、身体が冷え切ってしまいます。頭痛がひどくいつもだるいし、顔の色ツヤも悪いみたいです。

A: 冷房の温度差による体温調節機能の異常と血行不良が原因

【冷房病と血行不良】


 夏はある程度汗をかくのが自然なのですが、冷房の効きすぎた部屋に長時間いたり、冷房の効いた部屋と炎天下の往復を繰り返していると、体温調節をコントロールする働きを持つ「気」の働きが低下し、気の巡りが悪くなります。

 気の巡りが悪くなると、全身へ酸素や体温・栄養を供給する血液の流れが停滞し(この状態を中医学では“お血”といいます)、身体が冷え、頭痛・肩こり・生理痛などのいたみを生じ、いわゆる冷房病の症状を引き起こします。

 さらに、冷房の効いた締め切った室内は、乾燥が進み、慢性的な酸素不足の状態。

これは身体やhお肌にとって過酷な状況です。
顔色が黄色~青白くなり、ツヤも低下し、いわゆる「クーラー顔」となってしまいます。

冷房病を防ぐには

 まず、冷房による冷えから身を守り、血行を促進することがポイント。

血液の巡りを良くし、身体を温め、体力をつける薬として中国で古くから飲まれてきた婦宝当帰膠などが良いでしょう。
e0021092_2093764.jpg

 夏バテ予防の定番といわれる麦味参顆粒は、汗やエアコンの乾燥などで失われがちなエネルギーと潤いを補う漢方薬。
元気に夏を乗り切るために、併用することをお勧めします。

 さらに、日常生活においては、冷房の設定温度に注意し、体温調節ができるよう上着を携帯するなど、日頃の養生にも工夫が必要です。

また、冷えは足から入りやすいので、冷房の効いた場所では素足にサンダルはやめ、靴下を履くようにするなどの心がけも大切です。
by sinsendou | 2005-08-25 20:53 | 店頭にて

はじめまして

ブログをごらんの皆様はじめまして。

私は、横浜市内で相談薬局を開いて20数年、いろいろな方々の体の悩み・心の悩みをじっくりお聞きして、その方に合った一番良い漢方薬を調合して差し上げている薬剤師です。

このブログを通して、悩みを抱えていらっしゃる方へ、少しでも解決の糸口が見つかるようにとの思いで、このブログを立ち上げました。

まだまだ不慣れで要領も悪くスムーズに行きませんが、どうかよろしくお願いします。e0021092_207351.jpg

神仙堂薬局↑ここをクリック
by sinsendou | 2005-08-25 20:10 | その他



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧