人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:病気にならない秘訣①~( 7 )

病気にならない秘訣 その7 薬はお茶で飲むべからず その4

病気にならない秘訣 その7

薬はお茶で飲むべからず その4

 また、牛乳を飲むと胃の中に膜を作り、薬の吸収を阻害する可能性もあります。

 薬を飲む時に、特に水か白湯で飲まなければならないという理由はありませんが、日頃から水や白湯で服用する習慣をつけておけば、どの薬を飲む時も間違いがありませんから、安心ということなのです。 

 ちなみに、夏の風物詩である麦茶は名前こそお茶ですが、これにはカフェインが含まれません。

 麦茶なら、薬を飲む時に用いても大丈夫です。
















by sinsendou | 2019-04-19 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その6 薬はお茶で飲むべからず その3

病気にならない秘訣 その6 

薬はお茶で飲むべからず その3

 それは、ある種の薬の中には、飲んだ後に胃の中でお茶などに含まれるカフェインと反応して、からだの悪影響を及ぼすものがあるからです。

 ですから、カフェインさえ含まなければ、本来は薬を飲むための飲み物はなんでもいいのです。

 しかし、中には以前お話したグレープフルーツジュースと降圧剤の関係のような、からだに同時に取り込まれると危険を及ぼすケースもあります。
















by sinsendou | 2019-04-12 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その5 薬はお茶で飲むべからず その2

病気にならない秘訣 その5

薬はお茶で飲むべからず その2

 結論から言うと、お薬を飲む時にはお茶やコーヒーで飲むのはダメ、なのですが、その理由は「カフェイン入り」の飲料がダメ、ということなのです。

 カフェインは主に日本茶(緑茶)や紅茶、コーヒー、ウーロン茶などのお茶に多く含まれています。

 ただ、コーラにはカフェインがたくさん入っているように思われていますが、それはあくまで精涼飲料の中で、ということで、実際には350ml缶で約45mgしか含まれず、お茶に比べるとそれほど多くありません。
















by sinsendou | 2019-04-05 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その4 薬はお茶で飲むべからず その1

病気にならない秘訣 その4

薬はお茶で飲むべからず その1

 皆さまは薬を飲む時に、何で飲みますか? 

 まずよく聞かれるのが「薬を飲む時にお茶やコーヒーで飲むのはよくないのではないか」という質問。

 一方でまったく逆の「お腹に入れば飲み物の種類はなんでもいいのではないか」という質問も。

 果たして、薬はどんな飲み物で飲むのが正しいのでしょうか。


















by sinsendou | 2019-03-29 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その3 薬と食べ物の相性を知る その3

病気にならない秘訣 その3

薬と食べ物の相性を知る その3

 どうしてもグレープフルーツを食べたい場合は、その影響を受けない薬に替えてもらうようにするとよいでしょう。

 同じ柑橘系の夏ミカンやバレンシアオレンジには危険な作用は認められていません。

 他に食べ物と薬の相性が悪い組み合わせは、納豆と血液凝固剤(ワーファリン)、パイナップルと抗うつ剤、牛乳と骨粗鬆症治療薬、炭酸飲料と解熱鎮痛剤などがあります。

 現在も研究が進んでいるため、これからももっと新しい事実が判明するかもしれません。
















by sinsendou | 2019-03-22 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その2 薬と食べ物の相性を知る その2

病気にならない秘訣 その2

薬と食べ物の相性を知る その2

 すべての降圧剤に当てはまるわけではありませんが、グレープフルーツと血圧を下げる降圧剤(カルシウム拮抗剤)の組み合わせはその代表例。

 グレープフルーツに含まれるフラニクマリンという物質が、降圧剤が体内の酵素によって分解されるのを妨げる働きをするためにこのような事が起こります。

 それらの場合のグレープフルーツと薬の作用は、同時摂取した場合だけとは限らず、グレープフルーツ果汁を飲んでから10時間後に服用した薬にも影響が現れたとの報告もあり、これらの薬を服用中はグレープフルーツの摂取を避けた方がいいのです。















by sinsendou | 2019-03-15 00:00 | 病気にならない秘訣①~

病気にならない秘訣 その1 薬と食べ物の相性を知る その1

病気にならない秘訣 その1 

薬と食べ物の相性を知る その1

 高血圧の処方で降圧剤を出されたときに、主治医から「この薬を飲む時は、グレープフルーツは避けて」と言われていたのに、すっかり忘れて食後のデザートにと食べてしまい、急に体調が悪くなりあわてて病院へ。

 診察を受けると「血圧が下がり過ぎ」と驚きの診断が…。

 食べ物の成分には、さまざまな因果関係により、薬の効果に影響を及ぼすものがあります。

 相性によっては薬が効き過ぎてしまっては大変なことも。
















by sinsendou | 2019-03-08 00:00 | 病気にならない秘訣①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧