いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:からだと健康①~( 121 )

からだと健康 その123 静かな時限爆弾《アスベスト》 その3

からだと健康 その123 

静かな時限爆弾《アスベスト》 その3

Q) 悪性中皮腫とはどんな病気?

 悪性胸膜中皮腫は肺の外側を包む胸膜に、悪性腹膜中皮腫は腹部の外側を包む腹膜にそれぞれできた悪性腫瘍です。

 いずれも初期は無症状で、進行すると悪性胸膜中皮腫では呼吸困難・息切れや胸痛が多く、悪性腹膜中皮腫では腹部膨満感や食欲不振・腹痛や嘔吐で気づくことが多い。

 診断は、レントゲン写真やCT・超音波写真の後に行われる胸水や腹水の細胞診断、胸腔鏡や腹腔鏡等による組織診断に基づいて行われます。

 治療方法は、頻度の少ない腫瘍であるため治療方法は確立しているとは言えませんが、外科手術(初期の場合は胸膜と肺の摘出)・放射線治療・化学療法があります。
















[PR]
by sinsendou | 2018-10-18 00:00 | からだと健康①~

からだと健康 その122 静かな時限爆弾《アスベスト》 その2

からだと健康 その122

静かな時限爆弾《アスベスト》 その2


 さて、アスベストが危険とされているのは何故でしょうか。

 それは、アスベストは物質として安定し変化しにくく、悪性中皮腫や肺がんなどを引き起こす発がん性があるためです。

 最初のアスベスト吸入から20年~50年の潜伏期をへて、石綿(アスベスト)肺・石綿肺がん・悪性中皮腫、といった健康被害が起きることが以前からわかっています。

 石綿による健康障害の中でじん肺の一つである石綿肺は、10年以上職業性に石綿を吸入していた方のみに起こるとされています。

 一方、悪性中皮腫はより少量の吸入であったり、短期間の暴露で起きることが知られています。

 2002年には、日本の男性で2000~2040年の今後40年の悪性中皮腫の死亡数が10万人に達する!と公表された事が大きな衝撃を与えたことは、まだ生々しく思い出されます。

 アスベストが起こす健康障害には、主に5種類あるといわれています。

 1.悪性中皮腫(悪性胸膜中皮腫・悪性腹膜中皮腫) 
 2.石綿(アスベスト)肺がん
 3.石綿(アスベスト))肺
 4.胸膜肥厚斑
 5.良性石綿胸水(胸膜炎)及びびまん性胸膜肥厚


















[PR]
by sinsendou | 2018-10-11 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その121 静かな時限爆弾《アスベスト》 その1

からだと病気 その121

静かな時限爆弾《アスベスト》

 アスベストという言葉を一度は耳にしたことはありませんか?

 今回はアスベストとそれに関連する病気についてお話ししたいと思います。

 アスベストとは日本語で石綿(せきめん・いしわた)といい、天然の線維性ケイ酸塩鉱物の総称です。

 特徴として名前の通り、石(いし)の綿(わた)で、軽い綿状の性質があります。

 軽い綿状の性質は、様々な形に加工しやすい・吸音や吸着性・引っ張る力に強い、という利点があり、石である性質は、断熱性・耐火性・電気絶縁性・耐酸性・耐アルカリ性といった利点により建築材料や様々な断熱材として利用されています。

 (日本の90%が建築材料として利用)

 反対に、眼に見えないサイズで容易に飛散するため肺に吸入されても石綿繊維は分解されず、消化を試みた肺のリンパ球系の細胞が死滅するという欠点があります。現在では、飛散しやすいものは使われなくなりましたが、建築材料にはアスベストの含まれているものもまだたくさんあります。
















[PR]
by sinsendou | 2018-10-04 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その120  活性酸素を除去する抗酸化物質 その2

からだと病気 その120 
活性酸素を除去する抗酸化物質 
その2

 体内において、ビタミンEとβ-夏炉手院は細胞膜に、ビタミンCは体液中に存在しており、それぞれ抗酸化作用を分担しています。

 ビタミンCやユビキノンには、消耗したビタミンEをリサイクルする働きもあります。

 カロテノイドやフラボノイドは数百、数千種類以上もあることが知られています。

 抗酸化成分を有効に摂るには、特定の食品をたくさん食べるのではなく、多種類の食品を組み合わせて食べるのが何より重要といえます。

…緑色の野菜にはβ-カロテンやルテインなどのカロテノイドのほか、ビタミンC、Eなどの抗酸化物質が豊富です。

…カボチャ、ニンジン、赤ピーマンはβ-カロテンやビタミンCが多く、カボチャにはビタミンEも豊富。トマトにはリコペンが豊富。

白…玉ねぎのケルセチン、ニンニクや葱のアリシン、生姜のジンゲオール、大根の辛み成分も抗酸化作用があります。
















[PR]
by sinsendou | 2018-09-27 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その119  活性酸素を除去する抗酸化物質 その1

からだと病気 その119

活性酸素を除去する抗酸化物質 その1

 活性酸素の害を防ぐには、活性酸素を消去するスカベンジャー(掃除屋)と呼ばれる抗酸化物質を摂るのが有効です。

 これまでにもご紹介してきた、ビタミンE、C、β-カロテンは特に重要で、「抗酸化ビタミン」と呼ばれます。

 ビタミン様物質のユビキノン(コエンザイムQ、ビタミンQとも呼ばれる)にも抗酸化作用があります。

 このほか、植物の色素成分であるカロテノイドやフラボノイドなども抗酸化作用があることがわかっています。
















[PR]
by sinsendou | 2018-09-20 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その118 老化の原因は細胞の酸化現象 その2

からだと病気 その118

老化の原因は細胞の酸化現象 その2

■活性酸素の発生

 呼吸で取り入れた酸素のうち約2%は、食物として取り入れた糖質、タンパク質からエネルギーを生成する過程で活性酸素になります。

 ストレス、タバコ、大量のアルコール、紫外線、排気ガス、農薬なども活性酸素の元になります。

■活性酸素が動脈硬化を引き起こし、老化を進める

 活性酸素は、悪玉コレステロールといわれるLDLを酸化し、酸化LDLにしてしまいます。

 マクロファージ(貪食細胞)は異物である酸化LDLを食べて処理しようとしますが、処理しきれないと泡沫細胞となって血管の内側にどんどんたまり、動脈硬化の原因となってしまうのです。

 これら活性酸素から血管を守り、動脈硬化にならないようにしてくれる優れものが「冠心逐瘀丹」なのです。


e0021092_10493467.jpg
    冠心逐瘀丹 90包(1か月分) 12960円


    店頭にて無料試飲会を実施中です!












[PR]
by sinsendou | 2018-09-13 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その116 脳卒中を防ぐ その3

からだと病気 その116

脳卒中を防ぐ その3

【食事対策】

 血圧のコントロールと、血中脂質をためないことが課題です。

■血圧を下げる食事を塩分の多い食材や料理を徹底的に避け、塩分は1日8g未満の薄味に。

 血圧を下げる効果のあるカリウムを多く含む野菜、海藻、きのこを。

■コレステロールや中性脂肪を増やさないコレステロールの多い食品や、肉の脂身、バターなど動物性脂肪の多い食品を避けます。

 エネルギーのとり過ぎも中性脂肪を増やすので注意。

■丈夫でしなやかな血管を脂肪の少ないタンパク質食品を不足しないように摂ります。

 血管を活性酸素の害から守る、緑黄色野菜などの抗酸化食品を積極的に摂ります。
















[PR]
by sinsendou | 2018-08-30 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その115 脳卒中を防ぐ その2

からだと病気 その115

脳卒中を防ぐ その2

【要因】

 脳梗塞の原因のほとんどは動脈硬化です。

 動脈硬化の三大危険因子は、高血圧・高脂血症・喫煙です。

 高エネルギー・高コレステロール・高脂肪の食生活が血圧や血中コレステロール・中性脂肪を高めてしまい、その結果動脈硬化が進み、脳梗塞が起こりやすくなるのです。

 また、タバコに含まれるタールやニコチンの成分は血管に負担を与えるほか、コレステロールの酸化を促します。

 脳出血は、高血圧や高脂血症、糖尿病、心臓病などが引き金になって発症します。

 なかでも高血圧は最大の誘発因子です。

 これらの病気のほとんどは、塩分・脂肪・糖分の摂り過ぎ、間食、ながら食い、早食い、ドカ食い、飲み過ぎなど、体に負担をかける食習慣を続けることでおこります。

 更に、喫煙や運動不足、過剰なストレスなどの習慣が重なると、コレステロールや中性脂肪の増加、血管収縮を招き、発症する危険が高まります。

















[PR]
by sinsendou | 2018-08-23 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その114 脳卒中を防ぐ その1

からだと病気 その114

脳卒中を防ぐ その1

「卒中」とは「突然起こる」の意味です。 

 脳卒中には脳血管が詰まる脳梗塞と、破れる脳出血とがあります。

【症状】 脳卒中とは、脳梗塞や脳出血など能の血管に異常が起こる病気の総称です。

 更に、脳梗塞には脳の血管に動脈硬化が起こり、細くなった部分に血栓が詰まった状態の脳血栓と、血栓が脳の血管の中に入り血流を止めてしまう状態の脳梗塞とがあり、脳細胞が酸素不足になり重大なダメージを受けます。

 脳梗塞は自覚症状がなく、突然発症に見舞われます。

 脳出血とは、脳の血管が動脈硬化になってもろくなっているときに、血圧が高くなって急に動脈が破れることをいいます。

 出血によって脳組織が壊され、中枢である脳が損傷を受けるため、生命にかかわる重大な病気です。

 助かったとしても、言語障害や記憶障害など、重い後遺症が残る事があります。
















[PR]
by sinsendou | 2018-08-16 00:00 | からだと健康①~

からだと病気 その113 夏バテ対策 その2

からだと病気 その113 
夏バテ対策 その2

③夏バテ防止の入浴法

○体温調節機能を促進 

 体温の発散をスムーズにさせるためには、何より皮膚を清潔にして夏でも浴槽につかるようにしましょう。

 温度は39度前後くらい。就寝の1時間前くらいに入り、かけ湯をしてから3分つかり、浴槽から上がり体を洗い、洗髪します。

 その後15分くらい浸かるとよいでしょう。

○食欲増進するために 

 食欲がない時は、食前に3分ほどさっとお湯を浴びます。

 お湯の温度は36度前後。ほてった体をやや冷やすということです。

 しかし水を浴びるのは急激に体を冷やすのでやめた方がいいでしょう。

○快眠のために

 熟睡するためには、西日の入る部屋はなるべく夏場だけは避けた方がよいでしょう。
 
 熱帯夜で寝付けないようでしたら、早めにクーラーを入れ、室内とふとんを冷やしておきましょう。

 温度設定は28度くらい。冷やしすぎは体の表面の熱を奪い続けることになり、かえって体が疲れてしまいます。

 何はともあれ、夏バテ対策の1番のポイントは…暑い夏でも『体を温める』ということです!
















[PR]
by sinsendou | 2018-08-09 00:00 | からだと健康①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
目のかゆみ①~⑤
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧