いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:中医火神派医案新選①~( 319 )

中医火神派医案新選 その319

中医火神派医案新選 その319

18.抑鬱症――潜陽封髄丹加味

 劉某、女、40歳、教師。

 患者は精神抑鬱症が10年余り続き、情緒低落や夜通し寝付かれず、長期にわたり精神抑鬱症や安定剤などの薬を用いて、薬の常用量を越すほど服用しても、増やしたほど効果がなく苦痛が忍びがたい。

 現症状は、情緒低落、寒く四肢冷え、身体はやや太り気味で呼吸は浅く話したがらず、日中はボーとして精彩なく、夜床に入ると頭が冴えて寝られず、夜通し寝がえりを打ち不安、舌淡胖、脈沈細無力。

 証は腎陽虚衰と陽気外越に属す。

 治は温陽潜鎮に宜しく、方は潜陽封髄丹加味を用いる:
 附子30g(先煎2時間)、亀板10g、砂仁10g、炙甘草10g、黄柏10g、紫石英30g、霊磁石30g、石菖蒲20g、甘松10g、山茱茰30g。

 3剤を水煎し毎日1剤服す。

 服薬後、安静で入眠でき二日目も精神は比較的良好で、これほど良いのは10年来ないほどで、継続し附子を50gまで増やし10剤服用。

 連続して上方を2カ月近く服用し停薬観察すると、安静入眠ができかつ二日目も精神はとても良かった。

 注釈:不眠は精神抑鬱症の一つの主要な症状であり、長期に鎮静薬を服用するも無効、病人達の畏寒と四肢冷えの症状、この表現は陽虚の症である。日中陽気が昇らねばならないのに昇らず、夜晩に陽気がまさに降りねばならぬときに降りない、陽が陰に入らず外に停留するので入眠できない。潜陽封髄丹は専ら潜納浮陽としての役であるが、その鎮潜の力はやや不足である、故に紫石英・磁石を加えて助け、鎮潜浮陽と陽気潜蔵させると、陰陽交接が自然に回復する。
















[PR]
by sinsendou | 2018-05-21 10:58 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その318

中医火神派医案新選 その318

17.更年期抑鬱症――潜陽封髄丹加紫石英・霊磁石・山楂

 劉某、女、55歳、退職工。

 患者は煩躁・不眠・精神不振や情緒不安定が数年、良くなったり悪くなったりで、診断は更年期精神抑鬱症であり、長期間安定剤類薬物を服用しても病状は不安定で、最近はさらに酷くなってきた。
 
 現症:日中は煩躁不安と陣発性の烘熱発汗、畏寒四肢冷え、情緒定まらず喜怒異常で毎晩不眠、舌淡苔白水滑、脈沈細無力。

 証は腎陽毀損、虚陽上越に属す。治は温陽潜陽に宜しく、方は潜陽封髄丹加味を用いる:
 制附子60g(先煎2時間)、砂仁15g、亀板10g、炙甘草10g、黄柏10g、紫石英30g、霊磁石30g、山楂20g。

 3剤を水煎し毎日1剤服す。

 服薬後、病人は良好となって情緒安定し、夜も熟睡できるようになり、食欲も少しでてきたので原薬が有効であると判断し、更に5剤進めた。

 情緒はまた一歩改善して精神はとても良くなって、睡眠も正常で食欲も増加したので、又5剤進め治療効果を強めた。

 一年後に訪れるも病状は安定していた。

 注釈:女性の更年期について、《内経》では“天癸竭”と言っている。天癸とは腎精のことで、実際には陰陽共に虚してしかも陽虚の方が著しい。鄭欽安はかつて次のように述べた:“陽は陰これを主どるなり。”更年期は陰陽両虚といえども陽虚が著しく、日中に陽気が毀損すると正常に運行できず陰と相争する、故に煩躁不安となる;夜はすなわち虚によって入陰しにくくなり、陰陽が順接できず、故に眠りに就くことが難しくなる。治は潜陽封髄丹加黄柏・紫石英・霊磁石を用い、以って相火を清して潜陽を温め助陽潜鎮するので、服せば良い効果がある。最近では多くのこの類の病例を治療して、どれも良好な効果を収めている。















[PR]
by sinsendou | 2018-05-14 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その317

中医火神派医案新選 その317

16.頑固性不眠――潜陽封髄丹加乾姜

 
鄭某、女、45歳、市民。

 頑固な不眠が3年余り、長期にわたり入眠を大量の安眠薬に頼り、最近では大用量でも3時間入眠するのが難しく、常に安眠薬をくり返し服用し、二日目には頭がくらくらしぼうっとするほど生活に影響がある。

 本人が述べるには3年前産後にもかかわらず苦労をし過ぎて身体の具合が悪くなり、一日晩まで頭がぼうっとして寝付かれず、段々と薬を飲まずには寝られなくなり、かつては中西薬物を一年余り服用したが明らかな効果はなかったという。

 現症を見ると、寒がって四肢冷え、日中めまいし精彩ないが、夜になると頭が冴えて寝られなくなる、舌淡苔湿潤、脈沈細無力。

 証は心腎陽虚で虚陽外越に属す。

 治は潜陽安神に宜しく、方は潜陽封髄丹加乾姜を用いる:
 制附子30g(先煎2時間)、亀板10g、砂仁10g、炙甘草30g、黄柏10g、乾姜30g。3剤を水煎し、毎日1剤を服用する。

 服薬後顕著な効果あり、安眠薬を減量することができ、又原方を2剤服用すると、安眠薬は半減しさらに3剤服薬後、安眠薬を用いずに約6時間入眠でき且つ日中に精力増加を自覚したが、まだ寒がり四肢の冷え軽減さていないので、上方の附子を段々と60gまで増量し、合計100剤余り服用し薬を止めても入眠できるようになった。

 注釈:日中は陽と為し、夜晩は陰に属す;日中陽は外にあり人を動かし、夜晩陽は陰に入り、陰は盛んで静となり、故に入眠となる。日中に陽は動すなわち人は精神を有さねばならない、精彩がなければすなわち顕かに陽気が昇っていない;夜晩に陽は陰に入るそして静かにすなわち眠る、今その陽が陰に入らなければ、虚陽が外越して入眠できなくなる。これが頑固な不眠で治療を困難にしている根本である。これによって陽虚のこの重要なポイントの扶陽潜鎮や陰陽交会をつかみ、頑固な不眠を調整することができ、不眠の治療効果を大幅に高めることができた。
















[PR]
by sinsendou | 2018-05-07 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その316

中医火神派医案新選 その316

15.咳嗽――破格救心湯加味


 呉某、男、30歳、外地の商人。

 咳嗽が既に数年続き、いくつかの医院で治療してもらうが際立った効果はなかった。

 現症みると、先ず喉が痒くなって続いて咳嗽となり、時折激しく息苦しい胸悶やなみだ目などを伴い、夜晩或いは寒冷に遭遇するとさらに酷くなり、白色泡沫状の痰液を吐出あと咳嗽は止み、気力がなく呼吸は浅く、汗が出て寒がり、四肢は冷えて重労働に耐えられない、舌質淡、脈沈細。

 証は久病傷腎と腎不納気に属し、治は温腎納気に宜しい。

 方は四逆湯合来复湯加減を用いる:
 附子30g(先煎2時間)、乾姜30g、炙甘草10g、紅参10g、山茱茰30g、生竜骨30g、生牡蠣30g、紫石英30g、霊磁石30g、石菖蒲20g。

 2剤を水煎して毎日1剤服す。

 服薬後咳嗽病は七八割減ったので甚だ喜び、更に信用して再び原方を3剤服用した後もまた3剤服用した。

 停薬して一月余り観察したが異常はなかった。

 4ヵ月後、外地での感冒が引き金になって咳嗽となったが、わざわざ傅氏の治療を受けに帰り上方を6剤服用し、病はまた治癒した。

 注釈:久病の咳嗽は正気を毀損し腎不納気となり、それに加えて虚寒の症状などがあって、これによって温腎納気から治療を着手し、方は四逆湯を用い附子を多量に用いて陽気を温補し、同時にこれに合わせて張錫純の来复湯から白芍を除き紫石英・霊磁石・石菖蒲を加えて、以って気陰を鎮潜収納し、元陽を帰下させることで腎は再び納気の機能を取り戻し、まだ治らないような咳が実は既に治る咳となり、咳嗽を止めることができる。方は臨床観察を用いた治療を経て長患いの喉源性咳嗽の治療効果は顕著で、著者が対処する長患いで治らない咳嗽に対してとっておきの切り札である。
















[PR]
by sinsendou | 2018-04-30 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その315

中医火神派医案新選 その315

14.頑固性咳嗽――破格救心湯加味 その2

 微かな悪寒がして流れるような鼻水、脈浮で無力。

 風寒を外感したが、内はまだ陽虚で、治は温陽解表が宜しく、方は麻黄附子細辛湯加味を用いる:
 麻黄10g、附子60g(先煎2時間)、細辛10g、乾姜30g、炮姜30g、高良姜30g、炙甘草10g、紅参10g、半夏20g、桔梗10g。

 5剤を水煎して毎日1剤服用。

 上方を服用後、外感は除かれたが、依然としてまだ回復していないので、二診の処方にさらに附子を75gまで増量し毎日1剤を、のど越しの感覚や精神が好転し、体力も増強されて咳嗽の発作が再び出なくなるまで、続けて服薬し、2カ月たって停薬した。

 注釈:この例の患者の咳嗽は10数年、進行性で激しく、発作時には喉部の痙攣と息が詰まって胸悶し、甚だ苦痛で色々な医院で治療を受けたが明らかな効果は現れなかった。“久病及腎”、腎は気の根であり、腎気が元に帰れば喘咳は自然と起こらなくなる。患者は脈浮で、虚陽外越の証に関わり、その脈の硬さに因って老人の血管硬化に関係があり、但し強く按じて無力と尺部が尤も甚だしいのは、腎元の毀損を提示していて腎不納気の証である。故に李可破格救心湯加減を選び、さらに附子を多く用いて回陽固本し、同時に山茱茰を配用して温腎収斂した。一診の後、病人は寒さと四肢の冷えが緩解し、夜間の口渇も消失したのは、陽回陰生を表していて症状は徐々に解除された。この種の咳嗽治療ははなはだ困難で処理しにくく、一般の方法では効果を得るのは難しい、その原因は諸種雑多な治療を肺の上に施し、補腎納気が唯一の根本的道筋であることを無視している、故にいくら治療しても治らないのだ。この方を見ると止咳平喘の効果はないようで、反って納気を収め帰腎の効果があり、実に喘咳を治す根本の法である。
















[PR]
by sinsendou | 2018-04-23 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その314

中医火神派医案新選 その314

14.頑固性咳嗽――破格救心湯加味 その1

 姚某、女、65歳、退職教師。
 
 頑固な咳嗽がもう10年余りも続き、毎回風邪を引くことがきっかけで、長期の咳嗽が半年も持続し、かつて多くの大病院で診てもらったが、ただ一時的には良くはなるが根治法はなく、深く苦悩していた。

 現症状:今の段階は外感によって引き起こされて再び咳嗽が出始めたのだが、先ず咽の痒みが出現し、続いて痙攣性の咳嗽となり息苦しく胸悶し、鼻水や涙が共に出て、異常なほどの苦痛で背を曲げて腰を屈め、頻発するごとに酷くなり、一日数回不定期で毎回の発作時間も長かったり短かったり一定せず、夜間咽が乾き、飲みたいと思っても多くは飲めず、舌は乾き話す言葉が発音できないし、日中は寒がって四肢冷え、小便頻数、舌体胖大で辺に歯根があり、脈浮硬で強く押すと無力、尺部最も大きい。

 証は腎不納気に属し、治は温腎納気が宜しく、方は破格救心湯加味を用いる:
 附子50g(先煎2時間)、炮姜50g、炙甘草10g、紅参10g、山茱茰30g、生竜骨30g、紫石英30g、霊磁石30g、石菖蒲20g、桔梗10g。

 3剤を水煎し、毎日1剤服す。

 服薬後、頻発性の咳嗽回数は顕著に減少、症状は軽減、依然として間欠の発作はあるものの、夜晩の口渇は消失し舌の乾燥も出現せず、小便も正常になった。

 病が重くて薬は軽いので大量の薬剤を加える:
 附子60g(先煎2時間)、山茱茰60g、紅参30g、乾姜50g、炮姜50g、高良姜50g、霊磁石30g、紫石英30g、石菖蒲20g、砂仁30g。

 6剤を毎日1剤。

 服薬後、病は七八割以上に良くなり、時たま発作が1回それもとても軽く、望外の大喜びで、処方を変更せずにさらに6剤を与えた。

 服薬後咳嗽の病は癒え、ただ時たま軽く一声あるくらいで、自然と緩解にいたる。
















[PR]
by sinsendou | 2018-04-16 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その313

中医火神派医案新選 その313

13.肺気腫――破格救心湯加味


 張某、男、70歳、退職工員。

 2007年1月10日診察。

 慢性気管支炎・肺気腫を患って20年余り、2か月前に油断して風邪を引いてから咳喘が再び酷くなり、中西薬物治療を2カ月余りしたが改善せず。

 現症:咳・痰・喘、気力なく呼吸が頻繁で胸悶があり、白色の泡沫錠の痰を吐き、夜晩には横に寝て休息することができず、少しでも横に寝ると息苦しくて目が覚めるし、歩けば直ぐに気喘が激しくなって息が切れる、舌淡苔白膩水滑、舌体胖大辺に歯根あり、脈浮重按無力、尺部甚大。

 証は久病咳喘により腎不納気と腎陽毀損に属し、治法は温陽補腎と固摂納気に宜しく、処方は破格救心湯加減を用いる:
 附子60g(先煎2時間)、乾姜60g、炙甘草10g、紅参10g、山茱茰30g、生竜骨30g、生牡蠣30g、紫石英30g、霊磁石30g、石菖蒲20g、生姜30g、大棗10枚。

 3剤を水煎し毎日1剤を服す。

 服薬後症状は大きく減り、既に横に寝て休息ができて息苦しくて目が覚めるようなこともなく、日中の活動後も再び気喘や胸悶も起こらなかったので、原方が有効と更に3剤服薬。元来の状況にまで回復したので、再び3剤を以って効果を強固にした。

 1ヶ月後訪ねてみると再発していなかった。

 評注:老人の慢性気管支炎・肺気腫は、高齢で長患いして反復咳喘に属し、長患いが腎にまで及んで陽気を毀損したため虚寒の境地にまで入っている。本病は発作に襲われる度に、一般的にはみな抗生物質やステロイドの反復使用で、一時緩解ができるとは言うけれど、しかし陽気は日に日に損なわれ、病に対する抵抗力も低下し、当に風邪が吹いて草が動いただけでも発作が起こるような最悪の循環で、終には頑固な痼疾となってしまう。今扶陽に着眼することから補腎納気し、方は大量の四逆湯を用いて温腎助陽し、納気斂陰の来復湯に更に重鎮摂納の品を加え、以って腎陽帰潜を助け、全部の方剤の中に止咳平喘にあたる薬は用いずに治療効果は顕著で、扶陽の効力は確かに表れている。山西の李可老中医の創造した破格救心湯は、主に各種心臓衰弱に用いられ、傅氏の加減咳方は老人の咳喘の症を治療、多くの症例から治療効果が顕著であり重視するに値する。
















[PR]
by sinsendou | 2018-04-02 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その312

中医火神派医案新選 
その312

12.心動遅緩――四逆湯合保元湯加味

 趙某、男、45歳、農民。

 動悸胸悶が数年、長期の中西薬物を服用したが効果ない。

 心電図報告では、心筋虚血で心拍数40回/分。

 現症:最近ではどんどん症状が酷くなって、少しでも動けば呼吸が速く浅くなって胸悶し、寒がって四肢は冷え、動いた後は汗が雨に濡れたように出て、労働に耐えられない、舌淡苔薄水滑、脈沈遅無力。

 証は心腎陽虚に属し、治法は心腎の陽を補益するが宜しく、処方は四逆湯合保元湯加味:
 炙甘草20g、制附子100g(先煎2時間)、炮姜30g、炙麻黄10g、細辛10g、肉桂10g、紅参10g、黄耆60g、丹参10g、三七粉10g。

 6剤を水煎して一日1剤服用する。

 服薬後、心拍数は59回/分まで上昇し、自覚的には体力が増したように感じ、発汗も顕著に減少したが、寒いのと四肢の冷え、舌脈ともに以前と変わらなかった。

 さらに原方の制附子を120gまで増やして6剤を服用させた。

 服薬後、心拍数66回/分まで上昇し、自覚症状は消失、食欲増進精神奮起し、精力充実したので、附子理中丸を用いて養生とした。

 注釈:心動遅緩に加えて全身の陰盛陽衰の象、当に心腎の陽を温補するべく、処方は四逆湯合保元湯加味を用いるが、特別に附子を重用して温補の力をもっと上乗せし、同時に益気・温通・活血の品を補って治療効果を強め、症に対して方薬で陽盛陰消すれば、病は正常に回復するので、扶陽学説指導臨床ではなく、この種の状況は想像以上の効果を上げることができる。
















[PR]
by sinsendou | 2018-03-26 00:01 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その311

中医火神派医案新選 その311

11、心衰・心房細動――補坎益離湯加味

 王某、女、62歳、農民。

 動悸し、気力なく呼吸が頻繁で、胸悶無力が3年余り、かつて確定診断は慢性心臓衰弱・心房細動であり長期に中西薬を服用したが、状況は良くなったり悪くなったり、明らかな改善は見られなかった。

 最近は段々ひどくなり、心電図からも心房細動と心筋虚血で、心拍数165回/分である。

 現在の症状は、動悸して気力なく呼吸が頻繁で、胸悶して倦怠無力、少しでも動くと酷くなり、顔色は暗黒、寒がって四肢は冷え、両下肢には水腫が見られ、舌淡苔白滑、脈沈細無力。

 証は心陽虚衰から虚陽上越、治法は温陽潜鎮に宜しく、処方は鄭氏の補坎益離丹加減を用いる:
 肉桂10g、制附子30g(先煎2時間)、炮姜30g、炙甘草30g、生牡蠣30g、生牡蠣30g、紅参10g。

 3剤を毎日1剤水煎して服す。

 再診:服薬後、状況は顕著に改善しそれにつれて体力も顕著に回復、寒さや四肢の冷えも軽減して、心拍数65回/分で正常脈。

 原方のさらに3剤服し病の大半は治癒し、あとは附子理中丸を服用させ治療を強固にした。

 注釈:心房細動は比較的頑固な不整脈の一つで、その特徴は現在心房と心室の収縮不一致で表され、即ち脈拍は遅く心拍は早いので、脈沈遅無力、舌淡苔白滑、このグループは心腎陽虚で表現される。治法は鄭欽安が創製した補坎益離丹加減を用い、補坎の者には補腎陽である;益離の者には益心火である;“先天の火を補い以って君火は壮となるなり”、同時に竜骨牡蠣お以って佐とし、“真火が壮なれば君火も壮となり始める”、心腎は火旺し、腎陽は潜を得て心の病は自然に治癒を得るなり。
















[PR]
by sinsendou | 2018-03-12 00:00 | 中医火神派医案新選①~

中医火神派医案新選 その310

中医火神派医案新選 その310

10.心動過緩――補坎益離丹加減


 孔某、女、57歳、職工を休職中。

 病を患い孔総合へ行って数年治療したが緩解できず、最近数年は更年期と閉経によって病状が酷くなった。

 かつて各級医院で治療してもらったが顕著な改善はなかった。

 心電図検査:心拍数45回/分。

 現在の症状:動悸と胸悶、四肢は冷たく寒がり、時に洪熱で汗が出て、煩躁不安し、夢多く寝られず、気力がなく呼吸が頻繁で、話すことさえ億劫で労働に耐えられない、舌胖大で舌辺に歯根あり、脈沈遅で無力。

 証は心腎陽虚と虚陽上越に属し、治法は温腎助心と鎮潜活血に宜しく、処方は鄭欽安の補坎益離丹加減を用いる:
 附子30g(先煎2時間)、肉桂10g、炙甘草10g、紅参10g、生竜骨30g、生牡蠣30g、三七10g、霊磁石30g、紫石英30g、乾姜30g。

 6剤を水煎して毎日1剤服す。

 再診時に、病人は10年近くこれほどの好転はないと言い、動悸や胸悶は消失、体重増加、洪熱発汗も消失、不眠も好転したが睡眠の質量は以前と比べて劣る、心電図報告:心拍数62回/分。原方が有効なのでさらに6剤服用させ、治療効果を強固にした。

 注釈:患者は心臓病に不安な病歴があり、加えて天癸が既に尽き、腎陽毀損して心陽は助けがなく、心腎陽衰したので病状は酷くなった。鄭欽安の補坎益離丹(附子・肉桂・乾姜・炙甘草・蛤粉)はこの目的のために設計された一方d、補坎の者には補腎陽なり;益離の者には心火を益するなり;腎火が旺盛になれば心火も自ずから旺盛となる、これが補坎益離の方意である。鄭氏の方薬上では、三七を加えることによって活血化瘀し、磁石・紫石英を加えることで虚陽上越を鎮潜する;同時に人参を加え益気助陽し、症に対する方薬の対応が極めて緊密で効果がある。
















[PR]
by sinsendou | 2018-03-05 00:00 | 中医火神派医案新選①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧