いきいき元気! 感謝!

がん その7 ガンとストレスの関係 その4

がん その7

ガンとストレスの関係 その4

 他方では「急場をしのいで気が緩んだら、これまでの疲れがいっぺんに出てしまって、風邪を引いちゃったよ」の事態もありがちなように、体液性免疫は抑制される傾向も現れ得るのです。

 統計的には、戦争などが象徴する強度のストレス状態が続いた社会では、そのストレスが緩和されて、その後、数年以内にガンを発病する人が急増することが分かっています。
















# by sinsendou | 2019-01-19 00:00 | がん①~

免疫 その183 免疫担当細胞の生い立ち その7

免疫 その183 

免疫担当細胞の生い立ち その7

 まず脳細胞をたくさん作っておきます。

 この時に脳細胞たちはニョキニョキと突起を伸ばしてお互いに相互関係を結ぼうとするのですが、どの細胞とどの細胞が相互関係を結べるかは偶然によります。

 うまく相互関係を結べなかった脳細胞は殺されてしまうのです。

 身体的な「自己」を決めるT細胞と、精神的な「自己」を決める脳細胞とがほとんど同じ技法で育っていくのはとても興味深いことです。
















# by sinsendou | 2019-01-18 00:00 | 免疫①~

からだと健康 その135 ウィルスと細菌の違い その1

からだと健康 その135

ウィルスと細菌の違い その1

 生物でいるための定義(約束事)は、
①自分で食べたものをエネルギーとして生み出せること(食事ができ動けること)。
②体内環境を調節できること(生きるために体温を調節できることなど)。
③子孫を残せる能力をもつこと。などです。

 細菌は①②③の全てを満たすので「生物」ですが、ウィルスは細菌の千分の一の大きさでしかも③しか満たさないので「生物ではない」のです。
















# by sinsendou | 2019-01-17 00:00 | からだと健康①~

頻尿 その3

頻尿 その3

頻尿の診断と注意点

 頻尿で気をつけなければいけないのは、背後に他の病気がある場合です。

 たとえば、膀胱や子宮に腫瘍があったり、糖尿病や慢性腎炎で尿量が多くなっている人には、しばしば頻尿が見られます。

 この場合は、まず根本原因となっている病気を治すことが先決です。

 膀胱炎で頻尿が起こっている場合も同様ですが、膀胱炎はすでに治っているのに、頻尿の症状だけが残ってしまった場合には、漢方治療が有効です。
















# by sinsendou | 2019-01-16 00:00 | 頻尿①~

お客様のお喜びの声 その27 湿疹

お客様のお喜びの声 その27

湿疹 男性 50歳

 お酒好きで毎日飲酒。最近お付き合いで深酒が続き、背中に湿疹が広範囲にできて非常に痒く熱をもっていた。

 赤味で熱をもっているので清熱瀉火の意味で涼血清営湯と竜胆瀉肝湯を服用してもらったが、少しの効果しか見られなかったので竜胆瀉肝湯を肝機能亢進作用のある癀禅顆粒に変え、涼血清営顆粒と一緒に服用させたら、痒みと湿疹がみるみる消失した。

 完全に湿疹が消えたところで、お酒好きということなので肝臓保護のため癀禅顆粒だけ服用してもらうことにした。

e0021092_12395228.jpg
     癀禅顆粒 30包(15日分) 11664円




e0021092_12495906.jpg
    清営顆粒 90包(1か月分) 9720円
















# by sinsendou | 2019-01-15 00:00 | お客様のお喜びの声

がん その6 ガンとストレスの関係 その3

がん その6 

ガンとストレスの関係 その3

 つまりは、ストレス状態が持続されるならガンへの免疫力である細胞性免疫が阻害され、それだけガン発症の危険性が高まってしまうということです。

 逆に、これは急場のしのぎには重要なことですが、細菌性の疾患への免疫力である体液性免疫は活性化される傾向となり、そのおかげで「こんな大変なときに風邪なんか引いてられない」に類する私たちの要求に、一時的とはいえこたえやすい体の状態になり得るのです。
















# by sinsendou | 2019-01-12 00:00 | がん①~

免疫 その182 免疫担当細胞の生い立ち その6

免疫 その182 

免疫担当細胞の生い立ち その6

 例えば、成人男性は1秒間に約千個もの精子を作っているといわれています。

 一見とてつもない無駄なことのように思われますが、きっと単なる無駄ではないのでしょう。

 あるいは以前お話した胸腺学校では免疫が「私」を攻撃しないようにするために、せっかく作った未熟T細胞を97%殺してしまうということを覚えているでしょうか?

 実は脳ができる時にも、似たようなドラマが繰り広げられています。
















# by sinsendou | 2019-01-11 00:00 | 免疫①~

からだと健康 その134 セカンドオピニオンは当たり前 その4

からだと健康 その134 

セカンドオピニオンは当たり前 その4

 医療保険の改変で最初に診察を受けた病院からの、他院への情報提供に関しては健康保険が適用されるようになりましたが、他院で受けるセカンドオピニオンそのものは、診察ではなくあくまで相談という扱いで自由診療の範疇となり、保険は適応されません。

 しかし、たったひとりの医師に頼りきることなく、複数の医師の診察を受け、自分にあった医師にめぐり合う努力をしてみることは、時には有効です。

 もしその必要性を感じるようでしたら、すぐにでも行動に移した方がよいでしょう。
















# by sinsendou | 2019-01-10 00:00 | からだと健康①~

頻尿 その2

頻尿 その2

頻尿の原因 その2

 頻尿の場合、特に問題となるのは、腎と膀胱の機能失調です。

 そのため、膀胱に湿熱がある、腎陽が不足している、腎陰が不足している、といったことが原因となる場合が多くみられます。

 また、肺や脾の機能が不足している、精神や情緒をコントロールする肝の機能が失調している、心に発生した熱が膀胱に影響をおよぼしているなど、他の臓器がかかわっていることもあります。
















# by sinsendou | 2019-01-09 00:00 | 頻尿①~

お客様のお喜びの声 その26

お客様のお喜びの声 その26

40年間続いた咳が治りました 女性 50歳

 一旦咳が出始めると痰が絡み、40年間毎年苦しんでいて、特に年末になると痰の絡む咳が酷くて、ここ2年間は咳のし過ぎによる疲労骨折を起こす有様でした。

 無論、耳鼻科・内科共に通院し、処方薬を服用しておりましたが一向に効きませんでした。

 それでも胸が痛くて外科にいけば疲労骨折と診断され、また咳止め薬を処方されるのですが、どこでも私の言いたい症状とは何か違う!と感じておりました。

 職場の人に漢方がいいんじゃない?と言われ、そうか、漢方も有りかもと、早速漢方薬局に行ってみました。

 症状を伝え出された漢方を服用し、少し効き目があるように感じ、次回も行き色々お話を聞き、水分の摂りすぎと言われ、十分思い当たる節がありました。

 その説明に私もやっと納得がいき水分を控え、漢方を服用し続けるうち、咳も痰もほとんどでなくなりました。

 副産物でしょうか、あれだけ減らなかった体重も1カ月で3キロも減りました。
















# by sinsendou | 2019-01-08 00:00 | お客様のお喜びの声



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧