人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選 その344

中医火神派医案新選 その344

6.咽痛、発熱――四逆湯加肉桂/四逆湯

 杜某、男、19歳。

 電話にて診察を依頼される:発熱し体温は37.4℃、全身が熱く、顔はやや紅く特に両頬の紅味が顕著で、両足までも熱く耐えられないほどに疲労して元気がない。

 咽部は激痛し後頭部及び背中が酸痛。

 咳はなく冷えを嫌がることもない。

 上述の症状は午後から出現し始めた。

 お昼時には喉が渇いて水を欲しがりその量も多かった。

 処方:炙甘草25g、乾姜20g、附子15g、肉桂10g。

 3剤。

 煎じが冷えたら直ぐに、1剤を3回。

 患者は17時40分に1回服用し、晩の19時に電話で咽痛が更に痛く、後頭部痛及び背部痛も激しくなったと。

 痰が多く黄粘で血線が混じる。

 別に取っておいた処方から肉桂を除き晩の22時30分と夜中の2時、明け方5時にそれぞれ1回服用させると、0時、2時、5時に全身から汗が出て、口乾が明瞭となって多くの水を飲んだ。

 翌朝には後頭部痛及び背酸痛ともに完全に緩解し熱も引いた。

 大便はまだ出ていないが精神は良好で、疲労の症状もない。

 この後原方を変えず全部で5日間、毎日薄い溏便が2~3回出て、咽部の激痛は漸く減って、5日目に形ある便になって痰は少しだが完全に緩解した。

 評注:この証は舌脈には頼っていないとはいえど、病の急な発病・発熱、咽痛を伴う身痛を分析し、さらに冷えを嫌がらないといえど、当に表証に属し;頬紅は陽虚上浮の象で、疲労して元気がないのは正虚であると視ることができ、合わせてこれらを観察すると陽虚に邪を受けたと判断することができ、若し編集者が処置をするならば、麻黄附子細辛湯加味をもって投薬ができる。庄氏は四逆湯を与え、専ら回陽救逆の意趣で、服薬後発汗を以って緩解でき、人々を啓蒙する。その用いる附子は“煎じが冷えたら直ぐに”とは、剤量は多くないとはいえど、また別の品格がある。
















by sinsendou | 2018-12-10 00:00 | 中医火神派医案新選①~
<< お客様のお喜びの声 その23 ... がん その2 ガンの診断 その2 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧