いきいき元気! 感謝!

慢性疲労 その1

慢性の疲労――疲労を生み出す生活と環境 

 現在の病気の診断基準では、慢性疲労症候群という病気としての「疲労」は認められながらも、原因としては未だに分かっていません。

 「疲労」がどのように病的状態を呈するのか、どのような対処がされているのか、現代医学と中医学の両方からとらえてみました。


慢性疲労症候群という病気


気になる病気慢性疲労症候群
 

 ふつう「疲れ」は、十分な睡眠と休養、それに栄養を摂りさえすれば回復するものだと考えられがちでした。

 それが「疲労」という病気に発展することがあるというのですから、気になるのも無理のないところといえましょう。

 この病気の原因については、「ウィルス説」や「ストレスによる免疫力の低下説」などがあります。

 しかしまだ原因ははっきりしていません。

 日本においては、学会や学術誌にこの病気についての論文があまり発表されていません。

 新聞、雑誌、放送での医師のコメントは根拠がよくわからないところがあって、いちがいに鵜呑みにはできません。

 慢性疲労症候群とはどのような病気なのでしょう。

 内科医の先生に、この病気について伺うと「患者さんの多くは、風邪をこじらせたような全身の倦怠感をもっています。

 この倦怠感が強い時は、数分間立っていることもつらくなります」そして日常生活もままならなくなり、寝込んでしまいます。

 微熱や喉の痛みがあって、風邪と診断されることが多いそうです。

 安静にした結果、風邪の症状がとれると、倦怠感だけが目立ち、今度は「自律神経失調症」と診断されがちです。

 症状が進むと、感情の不安定や不眠といった症状が現れ、神経科の治療を必要とする場合もでてきます。
















[PR]
by sinsendou | 2018-04-25 00:00 | 慢性疲労①~
<< からだと病気 その101 カロ... お薦めの本 その162 50歳... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧