人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選 その293

中医火神派医案新選 その293

十九、傅文録医案


 傅文録、1960年生まれ、現在河南省駐馬店市中医院で副主任医師の職に就く。

 1987年河南中医学院卒業し、かつて師事した時振声教授・石景亮教授・陳守義などの名老中医の門下生で、彼ら名師から伝えられた教えを深く得て、腎病治療の体得が最も多く、臨床技術は日増しに成熟し、多くの患者に誉めたたえられている。

 火神派学説をあがめ尊び、経方を上手に使いとりわけ四逆類で稀な難しい雑症を治療し、用いる薬は比較的精練であり、火神派の中でも少壮派であるといえる。

 著述にも熱心で学者型の中医であり、その著書には《腎病証治発揮》・《当代名医腎病験案精華》・《中医内科三字経》・《薬性膩七言歌訣新編》・《新編湯頭訣》など専門著作が15部ある。

 最近では火神派の学習と研究に心を傾け、《火神派学習と臨証実践》・《火神派方薬臨証指要》などの書籍を出版し、火神派の伝播に積極作用を果たしている。

 附子の応用の上では、附子が15g以下の時には必ずしも先に煎じなくてもいいと主張し、重症には必ず30~120gまでを用いる方が十分な効果に達することができ、一般に附子は先に1~3時間煎じることが必要。

 このために附子は一次性多剤として専ら先煎をすることがよく、再び順序を分けてその他の薬物と合わせて煎じれば、時間の節約にもまた病人にとっても便利である。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。
だから、天国言葉をあなたに…。
「ついてる・うれしい・楽しい・幸せ・感謝しています・ありがとう・許します。」

by sinsendou | 2017-10-30 11:46 | 中医火神派医案新選①~
<< お薦めの本 その146 古希に... 麗しの島 台湾 437 南京建... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧