人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

免疫 その47 免疫からの逃走 その3

免疫からの逃走 その3 

マラリアだけではありません。

 アフリカで「眠り病」と知られる、ハエで媒介される伝染病の病原体であるトリパノーマ原虫も、週単位で免疫の標的となる抗原を変化させています。

 多細胞の寄生虫である「住血吸虫」は、日本でもつい最近まで地方病としておそれられていました。

 住血吸虫の幼虫は、淡水に棲む巻き貝の中で増えて水中を遊泳し、人間の皮膚から入り込みます。

 侵入後はすぐに血管内に移り、血液中で育ちます。

 何回も形を変えながら成長した後で無数の卵を生み、肝硬変や衰弱をもたらす寄生虫で、いまでもアジア、アフリカ、中南米で猛威を振るっています。

 この寄生虫は人間の真似をします。

 人間の血液のタンパク質をみずからの表面に吸着して偽装し、さらに人間と同一のタンパク質を合成して、あたかも人間の一部であるかのように振る舞うのです。

 そういう「自己」と非常によく似たタンパク質は、しばしばサプレッサーT細胞を誘導して免疫を抑制することが知られています。

 住血吸虫がさらに悪質なのは、寄生した人間のHLA抗原をみずからの表面に結合させ、その人間の「自己」になりすますことです。

 免疫は、この擬似「自己」に対して、排除を控えざるを得ません。

 ウイルスでは、人間以外の動物にも感染してそこで遺伝子を組み換え、年ごとに抗原を変化させて現れるインフルエンザウイルスは賢いウイルスだと言えます。

 標的となる抗原が以前に記憶したものとは違っていますから、免疫は反応を初めからやり直さなければなりません。

 対照的なのが天然痘ウイルスで、毒性は強いものの、融通の効かない旧態依然の抗原のため、免疫によってとうとう地球上から根絶されてしまいました。

 現在、もっとも悪質で、ずる賢いウイルスは、エイズウイルスです。













いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


by sinsendou | 2015-10-23 00:00 | 免疫①~
<< 麗しの島 台湾旅行 351 八... 我が家の人気者 その82   ... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧