人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

免疫 その5

免疫 その5

【免疫細胞の生まれ方】

 免疫を担うすべての細胞は、元をたどるとたった一種類の細胞から分かれて生まれてきたものです。

 免疫細胞だけでなく、赤血球や血小板など、血液中を流れるすべての細胞が、ただ一種類の同じ細胞からつくられるのです。

 胎児期には甘草にあって、生後は骨髄にあるその細胞を「造血幹細胞」と呼びます。

 全身の骨の芯にあたる部分(骨髄)は空洞になっていて、多くの細胞で満たされています。

 造血幹細胞は、骨髄の細胞中およそ10万個に1個の割合で存在し、普段は何もせずに眠っている細胞ですが、数週間に一度、思い出したように分裂して、自分と同じ細胞をつくりだしています。

 それ自身では何の働きも持たず、変幻自在に様々な細胞へ変化(分化)できる原始的細胞なのです。

 ときおりゆっくりと、自己複製をくり返している造血幹細胞に適当な条件と刺激が与えられると、やがて赤血球になる細胞というようにそれぞれの方向へ分化が始まります。

 造血幹細胞から分化して最終的に生まれる細胞は、次の通りです。

 ①赤血球
 ②巨核球…血小板
 ③顆粒球…好中球・好酸球・好塩基球
 ④単球…マクロファージ・樹状細胞
 ⑤リンパ球…T細胞・B細胞・ナチュラルキラー(NK)細胞

 このうち③~⑤がいわゆる免疫系の細胞で、赤血球のような赤い色素(ヘモグロビン)を持っていないので、まとめて「白血球」とも呼ばれます。

 また、リンパ球は、血管よりもリンパ管の中に多く存在することからそう呼ばれます。

 また、改めて詳しくお話しますが、T細胞にはヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞という働きの異なる3種類があります。

 造血幹細胞が分化していく各段階では、様々なサイトカインが働いて変化を促進しますが、対象となる細胞の置かれている環境や状況などが、その働き方を大きく左右します。






いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。
by sinsendou | 2014-09-12 00:00 | 免疫①~
<< 麗しの島 台湾旅行 312 猫... 手まくら >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧