人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選 その151

中医火神派医案新選 その151

 10.腹痛――附子粳米湯加乾姜・茯苓/姜附六君子湯

 彭某が夜間に来て謂うには:“家の母が夕食後に腹痛しはじめ、嘔吐が止まらない。姜艾湯を煎じて服用させたが、吐き気と痛みが少しも減らないばかりか反って激しくなったので、これを治す処方がほしい。”

 吾思うに老人の腹痛と嘔吐の多くは虚寒に属すところで、砂半理中湯を以って処する。

 黎明彭君が謂うには服薬させても痛みと吐き気は変わらず、四肢は非常に冷えてその勢いは甚だしく危機が迫っているので、どうか急いで診てほしい。

 一緒にその家を訪れ、その母を見ると寝床で呻いて、安らかでなく寝返りを打って、時々嘔吐し痰や涎を床に撒き散らし、唇は白く顔色は酷く、四肢は微かに冷たく、精神疲労し独り言を呟いて、舌質白胖、脈は沈で緊。

 彼女が謂うには:“腹中雷鳴して激痛し、胸膈の逆満で嘔吐が止まらず、尿は清長。”

 証を根拠に論じれば、腹中の寒気が奔走して胸脇を上攻し、胃中の停水が逆流して吐き気となっている、陰盛陽衰の症候である。

 《金匱要略》に述べられている証治に接すると:“腹中寒気し雷鳴切痛、胸脇逆満嘔吐するもの、附子粳米湯之を主どる。”

 とりわけ涇ではこれに対して鋭い論述がある:“下焦濁陰の気が陰部で特別でなく勝手気ままにし、そのうえ陽位へ上逆して、中虚となり堤防が取り払われてしまったのだ。故に附子を以って補陽駆陰し、半夏は降逆止嘔、そしてとりわけ頼りになる粳米・甘草は土を厚く育てて陰気を収斂させるなり。”

 彭の母にはこの附子粳米湯がピッタリ合うことは疑いがない!

 但しなお心配なのは薬力が弱すぎたことで、再び乾姜・茯苓の温中利水を加え以ってその効用を広げる。
 
 2剤服用すると痛みと吐き気は減り、さらに2剤服用し全て癒えた。

 改めて姜附六君子湯を与えて温補脾腎の処理をして、調養十数日で以前のように健康になった。






このブログをご覧いただいている皆様には、素晴らしいことが雪崩のように起きつつあります!
by sinsendou | 2014-06-26 00:00 | 中医火神派医案新選①~
<< 麗しの島 台湾旅行 296 猫... 胃の痛み その13 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧