人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選  その70

中医火神派医案新選
その70


10.疔毒――真武湯加麻黄

  張某、男、64歳。急性の伝染病で死んだ家畜の皮を使用した後、右手人差し指先端に小疱疹ができ、接着したところが潰破して暗黒色を呈し、痛みは少なく痒みが多い、周囲を触れると硬く次いで患部に激痛が走り、瘡面から液が流れ膿はなく発熱し、脈は弦緊。

 これは疫毒の侵入で陽虚水泛し、外に発散できないのである。

 治法は温陽発汗利湿に宜しく、処方は真武湯加麻黄で:
 
 茯苓30g、白朮・白芍・麻黄各15g、炮附子24g

 2剤服用後、汗が出て熱が退き、疼痛は軽減して傷口から暗黄色の毒水が流出した。

 続けて上方から麻黄を去り黄耆30gを加えて服用させると、疔が出て癒えた。

  注釈:歴代方書の多くが疔瘡は火毒結聚であると言っていて、治療の多くは清熱解毒を以って主としている。
 
 周氏は《内経》の“気血は温を喜び寒を悪む、寒はすなわち泣いて流れることができず、温なればすなわち消してこれを去る”の旨を尊重し、次の様に云っている“諸毒は皆外より発し、外より発するは吉、内陥は凶”。

 以前に云ったことは:“吾は病に対して方を決めるに非ず、温陽を用いて治療するのは必ずその陽虚の証の根拠がある。

 陽証の瘡瘍の多くは紅腫して盛り上がり、舌は多く黄燥で脈数大等である;陰病はすなわち暗い色で、疔は硬く筋骨の間に隠れている;舌の多くが白或は膩で口中に津液が多い、脈はその多くが浮緩或は浮緊。

 黄色になって脈浮の時は正虚陽脱の象である、故にその病機は寒湿欝結の居座りに属すことが多い。”

 彼は“毒は血中の蘊にあり、温化すれば邪は自ら除かれる”という治療原則を提出し、多く温経散寒・通陽破結・補営托毒・燥脾去湿の剤を選び用いた。

 それゆえ臨床でもいつも炮附子・白芍・白朮・茯苓・麻黄等を選び用いた。

 《中医火神派医案全解》には、周氏の別の外疔毒2案が収められており、同じく真武湯加麻黄を用いて治している、参考にすべし。
                                    続く



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
by sinsendou | 2013-07-08 00:14 | 中医火神派医案新選①~
<< ひざの痛み その4 ひざの痛み その3 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧