人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選  その30

中医火神派医案新選
その30


10.咳嗽――小青龍湯/ 新訂四逆加麻黄湯/ 新訂麻黄附子細辛湯/ 附子理中湯去参加公丁香
  鐘某、男、63歳、農民。咳嗽で痰多く喘いで横臥できず、心労と動悸、微熱で口渇なく、全身重痛、早朝の咳で吐く清痰は更に多い。舌苔は薄白、脈浮で微弦。これは内に水飲を挟み外から寒邪の侵入を受けたことで、小青龍湯が之を治す:
  麻黄9g、桂枝18g、白芍12g、甘草18g、乾姜31g、五味子6g、細辛3g、半夏18g。2剤服薬後清痰は減少し喘咳も軽くなった。ただなお寒冷では顔色が青暗く、脈は沈遅に転じた、これは陽虚に寒邪が裏に侵入したためで、新訂四逆加麻黄湯を以って隔上の飲を温め、肺気を利かし咳喘を止める:
  制附子62g、乾姜31g、炙甘草31g、麻黄9g。2剤飲み尽すと病状に平穏が現れ、これはまだ病が重く薬が軽いためで、原方を増量して之を治す:
  制附子124g、乾姜62g、炙甘草62g、麻黄15g。1剤服用後気分は良くなり、心労と動悸及び咳喘はみな軽減した、ただ早朝の清稀痰沫は多く微悪風寒し、脈はまだ沈遅で、これは内外の寒がまだ取り尽くされていないためで、新訂麻黄附子細辛湯が之を治す:
  麻黄9g、制附子62g、細辛3g、桂枝15g、乾姜31g、甘草31g。また1剤飲み尽すと諸症は悉く減り、ただ食欲不振があるので治法は当に温建中宮で、附子理中湯去参加公丁香を以って処し、脾胃を健やかにするを以って元気を回復させる:
  制附子31g、白朮31g、炮姜31g、炙甘草31g、公丁香15g。連続して2剤飲み尽すと元気回復し咳も止んだ。

  評注:老年の慢性気管支炎に罹った病人は、咳嗽や急性発作を繰り返し、これは臨床ではよく見られる症情である。この案の治療は常套法の典型である:先ず小青龍湯(或は麻気湯)を与えて標血の解表を主と為し、次に新訂四逆加麻黄湯の温陽を以って本を治す、再び新訂麻黄附子細辛湯の温陽を以って解表を兼顧し、終には附子理中湯の扶正固本を以って善後調理する、明らかな考え方であり順序もはっきりしている。この老師が治したこの類の病証は、その殆どがこの種の常套法に関連している。

11.咳嗽――小半夏加茯苓湯/ 苓桂朮甘湯加半夏・生姜/ 四君子湯加砂仁・白豆蔲
  王某、男、45歳、工員。生ものや冷たい物を好んで食べまたよくお茶を飲み、その結果胸膈に水湿阻滞を生じ、それが上逆して咳となった。顔色は蒼黄で微かに浮腫み、疲れ果て元気なく、咳嗽時には涎痰を飛ばし清水を嘔吐し、頭重や目弦して口中は津液で満たされていた。舌苔白膩、脈弦細で濡。治法は当に利湿降逆・止嘔平咳で、小半夏加茯苓湯加味が之を治す:
  半夏15g、生姜31g、茯苓15g、乾姜15g。服薬後に小便は増量し咳嗽は軽減、二度と清水を嘔吐することはなくなったがまだ涎痰が多いので、上方に潤肺化痰止咳を加味する:
  半夏15g、生姜31g、茯苓15g、乾姜15g、紫苑6g、旋覆花6g。薬剤を飲み尽した後諸症は大きく減じた。ただ心下に逆満を覚えて息が詰まり咳き込む、当に温陽利水と降逆止咳で、苓桂朮甘湯加味が之を治す:
  茯苓15g、桂枝15g、白朮18g、甘草15g、半夏15g、生姜31g。1剤服薬したら咳嗽は直ぐに癒えた。ただ食欲がないので四君子湯加砂・蔲を以って之を治す:
  党参15g、茯苓15g、白朮24g、炙甘草18g、砂仁9g、白豆蔲9g。飲み尽すと飲食は日毎に増えて全て癒えた。

  注釈:新訂小半夏加茯苓湯はすなわち唐氏が定めた方で、効用は水湿の患いを治し、咳に嘔吐を兼ねる者に対してその効果は極めてよろしい。その方剤は:半夏・生姜・茯苓・旋覆花・紫苑。
  方解:水気の上逆はすなわち嘔、膈間の水停はすなわち痞、頭部に上がればすなわち眩、心胸を凌駕すればすなわち悸。半夏・生姜は水気を巡らせ気逆を散じ、嘔吐を止めることができ、生姜は散寒をも兼ねる;茯苓は淡滲利竅、去湿瀉熱そして膀胱へ下通させる。《金匱要略》では嘔吐、心下痞、膈間有水、眩悸の者を治すのに用いた;新訂には旋覆花・紫苑の二味を加えた。前者は下気行水と血脈を温通し、肺大腸経に入って消痰する;後者は辛温潤肺と苦温下気で消痰止渇し、咳逆上気を治す。之を合わせて水湿の患いを治し、咳に嘔吐を兼ねる者に極めて良い効果がある。ただ旋覆花・紫苑は多く用いることは良くない、多く用いれば正気を傷つけるので、体質が虚の人には更に慎重に用いること。
                                        続く



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
by sinsendou | 2012-10-03 00:15 | 中医火神派医案新選①~
<< 中医火神派医案新選  その31 麗しの島 台湾旅行記 195 ... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧