人気ブログランキング |

いきいき元気! 感謝!

中医火神派医案新選  その17

中医火神派医案新選
その17


22.寒入厥陰――当帰四逆加呉茱茰生姜湯加味/ 呉茱茰四逆湯
   楊某、女、15歳。病となって既に一年。初めは発熱嘔吐、下痢、頭痛、悪寒、発病前後から治療を受けたが効果がなかった。現在も嘔逆が止まらず腹痛硬満し、顔色赤く煩躁している。なお頭痛や悪寒、手足が冷えてこわばっている。検査以前に服用した諸方は、どれも小柴胡湯を基礎としたものに、甚だしくは三棱・我朮の攻破を加え、服用後にちょうど月経が来朝し病は更に激しさを増した。調べると脈細で絶えんばかり、舌は淡紫、これらと上述に病情を合参すると、すなわち寒が厥陰に入りその病は肝にある。肝と胆は表裏の関係で肝寒して気欝し昇らなければ、すなわちその影響は胆に及び気逆し降りず、故に嘔逆が止まらない;厥陰は風木の臓であり木欝は土に克ち、故に腹痛硬満となる。寒が陰に入ると陽は上に浮き、故に顔が赤くなる;吐瀉した後には陽気と津液は共に傷つき、心腎不交となり水火が隔離し、故に煩躁となる。厥陰外証が解けなければ頭痛・悪寒となる;肝脾不和は陰陽が四肢まで達することができず、故に手足厥冷となる。小柴胡湯はすなわち和解少陽の方で、発熱・嘔吐に惑わされそのところを誤って、太陽表証の頭痛・悪寒、陽明の下痢であったのに注意をしなかった。若し当時葛根湯を以って投じ太陽・陽明を両解していたなら、その病はもっと早く治っていた。経を越しての用薬によって邪を深く引き入れ、柴・芩などみな清瀉肝胆の品を繰り返し用いて攻撃し過ぎて、以って病情が激しさを加えた。幸いにして患者は年若く生機旺盛で正気がなお支持できるので、急ぎ当帰四逆加呉茱茰生姜湯加味を以って投与した:
  当帰12g、桂枝9g、炒杭白芍12g、炒呉茱茰6g、細辛2g、通草6g、炒小茴香6g、砂仁6g、川黄連3g、炙甘草6g、焼生姜3片、大棗3枚。方中の当帰・桂枝・杭白芍は温経活血、細辛は少陰の寒を散し、呉茱茰・生姜は散寒止嘔、炙甘草・大棗は補中生血、通草は経絡を通し関節を利する、最も善し悪しの区別があるのは“通脈続絶の効果”があり、小茴香・砂仁を加え以って理気通滞そして止痛し、黄連を少量加え“左金”の意味で呉茱茰を配し平肝と反佐とした。
  翌日来診すると、上方服用後嘔逆は全て止み四肢も温まり、顔赤・煩躁・腹痛はどれも軽くなる。続けて呉茱茰四逆湯を以って処する:
  附子60g、炒呉茱茰9g、乾姜12g、炙甘草6g。この方は本来先に用いるべきだが、そのところ用いないのは本病がすでに誤治克伐してしまっていて、厥陰の外証が解けていないばかりでなく、肝血が寒で凝結して暢運できなくなっている、故に先ず当帰四逆湯を与え温血達表し以って道案内させる。続けて呉茱茰四逆湯を用いて温中扶陽し、濁陰を駆除する。この様にして初めは邪を外に向かって一挙に引っ張りだし平にする。第二の方を服用後諸症は悉く除かれたが全身に紅斑が出現した、この病は邪が裏から表に達した証拠で、もうじき収まる時期の証しでもある。すなわち因勢利導で四逆湯を以って陽気を振奮させ、邪を外に発散駆除し遂に全て癒えた。

  評注:厥陰に寒が入って手足厥冷するとき四逆湯で治すが、では何故まず先に附子や乾姜を選ばないのか?陳平伯は次のように言っている:“元来厥陰肝臓は、営血を蔵し肝木に対応し、胆火は内に伝達して風火は同源で、もし寒邪の内患でなく一陽の生気が絶えんと欲する者には、風火が擾動するので辛熱の品を用いない。”少陽で裏寒陰盛の四肢不温と厥陰の寒邪欝滞による手足厥冷する者とは、区別があることをはっきり言っておく。本案は先ず当帰四逆加呉茱茰生姜湯を用いて中寒を除き暖めた血を表まで届ける。続けて呉茱茰四逆湯を用いて温中扶陽し、全身の紅斑出現は“病邪が裏から表へ達した”現象で驚き不思議に思うべきでなく、やはり四逆湯を用いて効果を収める。
                                     続く




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
by sinsendou | 2012-07-17 14:21 | 中医火神派医案新選①~
<< 京都の旅 その69 麗しの島 台湾旅行記 193 ... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
今注目の話題
漢方
お客様のお喜びの声
季節の養生
病気にならない秘訣①~
店頭にて
がん①~
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
目のかゆみ①~⑤
鼻水・鼻汁①~⑦
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
のどの痛み①~⑦
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
慢性疲労①~⑲
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
食欲不振①~⑬
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~25
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
頻尿①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~⑯
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと健康①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~487
北海道の旅①~40
京都の旅①~74
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~⑳
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~⑬
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧