いきいき元気! 感謝!

相談しにくい夜尿症 その5

それほど頻繁ではなく、ときどき夜尿症を起こす場合について考えて見ましょう。

神経質で、ストレスを受けやすいひとは、肝の機能失調を起こしていると考えられます。

ふだんから情緒不安定で、神経質な子供の場合、こわい夢を見るなどして夜尿症を起こすことがあります。

これは、精神や情緒をつかさどる肝が機能の失調を起こしたために、気のめぐりが悪くなり、その影響が膀胱におよんでいると考えられます。

この場合はまず、もとになるストレスをできるだけ軽くする工夫が必要です。

そのうえで、肝の機能を整える『四逆散』を使って、精神や情緒をコントロールするとよいでしょう。

『四逆散』『縮泉丸』を加えるのも効果があります。

つづく

神仙堂薬局ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-13 12:11 | 相談しにくい夜尿症①~⑥

京都の旅 その8

山門の上からの眺めは素晴らしく、周りをぐるり一周すると360度景観が楽しめます。

e0021092_1217477.jpg


なが~い回廊が続きます。

e0021092_1212585.jpg


長い年月を経た一抱え以上もある柱によって支えられています。

大本山南禅寺ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-11 12:12 | 京都の旅①~

麗しの島 台湾旅行記その58

受付で入場料金250元を支払い、入り口を入るとすぐのところに『春露商店』という昔懐かしい駄菓子屋さんがあって、その隣に無料貸し出しの『音声ガイド』があります。

ガイド言語は日本語、英語、中国語の3種類です。

e0021092_12354081.jpg


それぞれの展示コーナーにはナンバーの書かれたプレートがありますので、音声ガイドの番号を入力するとイヤホンから日本語の説明が聞こえてきます。

e0021092_12435699.jpg
展示物の特徴や歴史だけでなく、1965年代当時の庶民の生活や文化などをそのまま見ることができます。












台湾故事館ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-09 12:28 | 麗しの島 台湾①~

相談しにくい夜尿症 その4

前回は腎の機能障害についてでしたが、今回は脾と肺の気の不足について考えてみましょう。

には、からだを温める、全身の代謝を促進する、ウイルスなどの外邪からからだを守る、血液や尿、汗などが漏れすぎないように皮膚や筋肉組織を引き締める、といった働きがあります。

皮膚や筋肉組織を引き締める機能が低下すると、汗をだらだらかいたり、尿を膀胱にためておくことができず、漏らしてしまう、といった症状がおこります。

このように、気の不足によって夜尿症が起こっている場合には、そのほかの随伴症状、元気がない、風邪をひきやすい、食が細いといった症状を伴います。

この場合には『補中益気湯』など、気を補う薬がよいでしょう。

神仙堂薬局ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-06 11:35 | 相談しにくい夜尿症①~⑥

京都の旅 その7

『仏の心は、母心』

どこかで聴いた言葉ですが、見返りを求めない『無償の愛』こそ『仏の心』に通じるのかもしれません。(父心でないのが少し寂しい気もするが・・・)

e0021092_123425.jpg

少々曇ってはいますが、達磨禅師の教えにしばしわが身を浸してみると、なぜか心が洗われる思いです。

e0021092_1210308.jpg
都会に住むわれわれにとって、このようなたくさんの緑の木々に囲まれて暮らすのは夢のような話、少しでも清気を全身に吸収して帰りたいと思います。
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-04 12:16 | 京都の旅①~

麗しの島 台湾旅行記その57

防空壕を左に見て入り口前の広場に進むと、そこには大きな木と昔懐かしい駅舎があります。

e0021092_1320033.jpg

駅舎の壁には昔ながらの広告などや、街並みが再現されていて期待が高まってきます。

e0021092_13263162.jpg























台湾故事館ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-11-02 13:20 | 麗しの島 台湾①~

相談しにくい夜尿症 その3

夜尿症の3回目、夜尿症の治療法について考えて見ましょう。

頻繁に夜尿を起こす場合の原因には2つあります。

1つは、の機能障害、もう1つはの気の不足です。

ではまず腎の機能障害から考えて見ましょう。

ある程度の年齢になっても、からだを温める腎陽の機能が劣っていると、頻繁に夜尿を起こすことがあります。

この場合、冷たいものを飲んだり、からだが冷えたりすると、症状がひどくなるという特徴があります。

尿の色は薄くて透明に近く、昼間も頻尿を伴う場合があります。

このようなときには、腎の機能を高めながら、尿が漏れるのを防ぐ『桑螵蛸散』が適しています。

この処方は、心の機能を高める作用もありますので、こわい夢を見てや尿を起こす子供にも効き目があります。

また、腎陽の機能を高める『八味地黄丸』もよく使われる漢方薬です。

腎全体の機能を整える働きがあるため、夜尿の場合は膀胱の約束機能を高め、尿がうまく出ない場合は利尿に働くという特徴があります。

腎を温めることによって、膀胱の機能を高める漢方薬としては、ほかに『縮泉丸』があります。

熱による夜尿以外であれば、かなり幅広く使える薬です。

八味地黄丸と合わせて使うとさらに効果的です。

[補足]

腎の働き・・・腎は、人間の成長や発育、生殖や老化を司る臓器で、生命エネルギーのおおもとである『精』を蓄えている。また、全身の水分代謝を調節し、排尿をコントロールしているため、膀胱とは密接な関係がある。

腎の中の陰と陽・・・腎は、「水」と「火」からなっていると考えられている。水にあたるのが腎陰、火にあたるのが腎陽で、陰陽のバランスがとれているのが正常な状態です。腎陰は体内の水分や精をさし、腎陽はからだを温める原動力をさします。このうち、腎陽の働きが低下すると、相対的に腎陰の勢力が強くなり、からだが冷えたり、水分代謝に異常が起こったりする。

心の働き・・・心という臓器には、ポンプ作用によって血液を循環させる働き以外に、意識や思考活動など、「こころ」の働きを司る部分があると考えられている。そのため、こわい夢を見る、驚きやすい、眠れない、といった症状は、「心の働き」にかかわることが多い。

神仙堂ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-10-30 12:44 | 相談しにくい夜尿症①~⑥

京都の旅 その6

なかなか見晴らしがよく、京都市内を一望できます。

木々の緑がとてもさわやかです。

e0021092_11143876.jpg

今回私達夫婦が泊めていただいた『ウェスティン都ホテル京都』が、こちらです。
e0021092_11151955.jpg
あまりにも広すぎて、ホテルの中で迷子になりそうでした。


ウェスティン都ホテル京都ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-10-28 11:18 | 京都の旅①~

麗しの島 台湾旅行記その56

台湾故事館へはMRT台北駅から歩いて3分。

台北駅の6番出口は、台北駅前シーザーパークホテルの地下モールと繋がっていますので、その6番出口を出て同ホテルと新光三越百貨店の間のビル、入り口にはフルーツの飾りがいっぱいで賑やかな入り口なのですぐにわかります。

定休日は年一回、旧暦の大晦日。

営業時間は10:30~23:00.

入場料は、大人250元、学生150元、子供100元。(入場料金分は、館内のレストランやショップなどで利用することができます。)

[ 台湾故事館ホームページ ]

e0021092_1240199.jpg

地下2階の階段を下りていく途中にこの看板があります。

e0021092_12421020.jpg

階段を下りてまず最初に出会うのが、コンクリート製の防空壕(台湾では防空筒と呼ぶそうです)。

1960年代の当時には、台湾の至る所で見受けられたものだそうです。
[PR]
# by sinsendou | 2006-10-26 12:49 | 麗しの島 台湾①~

相談しにくい夜尿症 その2

夜尿症の原因は?

膀胱には、尿をためて外に漏れ出さないようにする働き(これを「約束機能」といいます)があります。

この機能は、膀胱と密接な関係があるの支配を受けています。

子供のうちは、の機能も未熟なため、頻繁に夜尿を起こしますが、六歳ぐらいまでなら、それほど気にする必要はありません。

寝る前は飲み物を控える、利尿作用のある果物はあまり食べない、といった生活上の注意だけで十分です。

漢方治療を行ったほうがいいのは、
腎の機能が未熟である、
気が不足している、
③精神的な問題が影響して、肝が機能失調を起こしている、
④膀胱の働きが湿熱によって乱されている、
といった原因で起こる夜尿症です。

この場合は、他の臓腑との関係も考えて診断と治療を行います。

では、次回から4回に分けて治療法について考えて見ましょう。

神仙堂ホームページ
[PR]
# by sinsendou | 2006-10-23 11:43 | 相談しにくい夜尿症①~⑥



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧