いきいき元気! 感謝!

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

からだと病気 その8 ダイエットの落とし穴 その4

ダイエットの落とし穴 その4

基礎代謝とは?

 一日中動かないでいても、私たちの体のなかでは、生命を維持するためのさまざまな活動が行われており、そのためのエネルギーを必要としています。

 生命維持に必要な、この最低限のエネルギーを「基礎代謝」といいます。

 基礎代謝に必要なエネルギー量は、年齢や性別、体格などによって異なりますが、標準的な成人男性では一日1200~1500キロカロリー、成人女性では800~1200キロカロリーといわれています。

 ただし、いつも一定というわけでなく、食事制限をして摂取エネルギーが少なくなると、基礎代謝も低下します。

 少ない食事でも生きていけるよう体が適応し、基礎代謝をへらすことで、エネルギーを節約するようになるからです。
















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-31 00:00 | からだと病気①~

風邪にともなうノドの痛み その17

風邪にともなうノドの痛み その17

肺に滞った「痰」は咳を長びかせる場合もある


 体内の余分な水が熱で煮詰められたものを、中医学では「痰」と呼んでいます。

 のどからの痰だけでなく、コレステロールや中性脂肪など、からだに不要なものの総称です。

 ほかの症状はおさまったのに、咳がなかなかとれないときも、この痰が原因となっている場合があります。

 痰は、「乾いた痰」と「湿った痰」に分けられます。のどからでる痰が、比較的量が多くて切れやすい場合には湿った痰と考え、湿を乾かして痰の発生を止める二陳湯をベースに処方します。

 これに脾の働きを高める苓桂朮甘湯を加えると、余分な水を取り除くと同時に、新たな発生を防ぐことができます。

 また「小青龍湯」には、肺を温めるとともに、余った水を尿に変え、からだの外に追い出す作用があります。このほか、下痢をしやすい人などには、余分な水分を取り除きながら適度に補充する「藿香正気散」がよいでしょう。

 乾いた咳が続き、痰が粘って切れにくい場合は、乾いた痰が原因と考え、麦門冬湯を服用します。

 ただし、下痢をしやすいなど湿の症状がある人や、かぜの初期には適しません。

 痰によって咳が出る場合にはこの治療が有効ですが、原因がほかにある場合には、別の処方を用いることになります。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-30 00:00 | のどの痛み①~⑦

お奨めの本 その123 

捨てるべき40の「悪い」習慣


e0021092_10374664.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-29 00:00 | おすすめの本①~

中医火神派医案新選 その230

中医火神派医案新選 その230 

41.腰痛――当帰四逆加呉茱茰生姜湯加味

 胡某、男、48歳。

 四年来の腰痛で時に軽く時に重くなり、一日中腰がだるく痛み、午後日暮れ頃になると徐々に重くなり、時には夜半以降明け方までの間脹痛が酷く、常に疼痛に因って起きざるを得なくなり、少し活動後にはいつも背心の冷たさを感じ、六未地黄丸・杞菊地黄丸の類の補腎薬を何度も用い治療を行ってきたが効果が判らず、舌淡舌辺に歯痕があり、脈細弦、尺脈細弱。

 これは肝腎の病に肝寒と腎虚を兼ねた腰痛であり、当に温肝補血に補腎填精を以って佐とする、方は当帰四逆加呉茱茰生姜湯加減を用いる:

 桂枝30g、白芍20g、生姜30g、炙甘草20g、大棗35g、当帰30g、細辛15g、呉茱茰20g、附子30g(先煎)、補骨脂20g、淫羊藿15g、白酒25ml。

 8剤。

 二診:腰の脹痛は基本的に消失して、心煩好転したが腰のだるさがはっきり残っているので、補腎散寒で治療する:

 附子70g(先煎)、桂枝30g、呉茱茰20g、鹿街草30g、補骨脂30g、九香虫20g、砂仁20g、炙甘草20g、白芍20g。

 6剤。

 三診:畏寒と腰酸は基本的に消失して精力も充実してきたが、ただ時に背中に寒さを感じるため、温腎の剤を丸剤にして2ヶ月継続服用させ、合わせて経済条件が許せば鹿茸(夏至前・冬至後各1ケ月、1ケ月以内に50g~100gを用いる)を服用するとよい。

 注釈:本例は血虚肝寒と腎精虧虚・腎陽不足が合わせて存在し、肝腎の両者は精血の関係が密切で、いわゆる“精血同源”である。但し治療する上で清掃は補腎の障害になる、故に先ず肝から治療を始める。腎陽不足はすなわち五臓の温を失う、肝もまた例外ではない、いわゆる肝腎両方に問題があり、単にその陰質方面の相互関係に注意を要するだけでなく、同時に両者の陽用方面の関係もまた無視できない。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-28 00:00 | 中医火神派医案新選①~

大塚国際美術館 その7

大塚国際美術館 その7

e0021092_11374074.jpg

e0021092_11380832.jpg

e0021092_11383778.jpg

e0021092_11390465.jpg

e0021092_11392701.jpg

e0021092_11395292.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-27 00:00 | 大塚国際美術館

麗しの島 台湾旅行 372 八番堂 その1

八番堂 その1

定宿にしている「伸適商旅」から徒歩7~8分の所にある日本料理店。

間口2間ほどの少し狭いお店で、4人掛けテーブルが6台しかなく、お昼時は店の外でサラリーマン連れが順番待ちをするくらい人気店。

わざわざ台湾に来てまで日本料理とは不思議に思われるかもしれませんが、近頃日本でも美味しい新鮮な魚定食などを提供してくれるお店が少なくなっているので、台北に滞在している数日間に一度は食べたい気分になるのです。

e0021092_10272418.jpg

e0021092_10275688.jpg

e0021092_10321573.jpg

e0021092_10422790.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-26 00:00 | 麗しの島 台湾①~

免疫 その68 生物進化と免疫(生体防御) その3

生物進化と免疫(生体防御) 
その3
 

 このように原始的で単純な方法だけでも結構やっていけるのに、なぜ免疫系は人間のそれのように高度に複雑なものにまで進化してしまったのでしょうか。

 進化した生物はその内部環境が複雑になりました。

 また個体が子孫を残した後も必要以上に生存するようになると、複雑な外部環境にも長く適応していく必要に迫られます。

 免疫系がここまで進化した理由は、一般にはこのように考えられています。

 あるいは、進化の過程で複雑化した免疫系が、あるときから目的を失って、みずからのシステムをより複雑化させること、それ自体を目的として際限のない複雑化をはじめたのかもしれません。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-25 00:00 | 免疫①~

からだと病気 その7 ダイエットの落とし穴 その3

ダイエットの落とし穴 その3

薬のダイエットは健康の大敵


 最も危険なのが、下痢や利尿剤などクスリを使ったダイエットです。

 これは、体内の水分を排泄して、急な脱水症状をつくって体重を減らしただけで、体内の脂肪はまったく減りません。

 水分をとればすぐに元の体重に戻りますし、なにより体に不必要な負担をかけるだけなのです。


体重が減りにくく、太りやすい体になる


 体調を崩すほどでなくても、「ダイエットをしてもなかなか体重が減らない」「すぐに元の体重に戻ってしまった」という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 実は、食事制限には「食事の量を減らすだけでは、かえって太りやすい体になる」という落とし穴も潜んでいます。このことには、「基礎代謝」が関係しています。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-24 00:00 | からだと病気①~

風邪にともなうノドの痛み その16

風邪にともなうノドの痛み その16

辛いもの、脂っこいものの摂り過ぎが、のどの痛みを長びかせる原因になっている


 かぜが治ったのに、のどの痛みだけがいつまでも残るのは、食生活の影響と考えらとれます。

 昔のような、ご飯にみそ汁といった質素な食事に比べて、辛いもの、脂肪分の多い食べものは、からだの中に余分な熱を生みやすいのです。

 症状があるときは、辛いものや味の濃いもの、お酒など、からだを熱くするものはできるだけ避けなくてはいけません。

 しかし、寒冷が原因になってのどが痛んでいることも考えられますので、冷たいものばかりをとるのもよくありません。

 薄味で脂肪分が少なく、栄養のバランスがとれた食生活を送ることが大切です。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-23 00:00 | のどの痛み①~⑦

お奨めの本 その122 命を脅かす医学常識

命を脅かす医学常識


e0021092_10200899.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-03-22 00:00 | おすすめの本①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧