いきいき元気! 感謝!

<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

神戸の旅 その13  神戸ポートピアホテル その3

神戸ポートピアホテル その3

e0021092_10573106.jpg

e0021092_10580276.jpg

e0021092_10582925.jpg

e0021092_10584963.jpg
















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-31 00:00 | 神戸の旅①~⑯

麗しの島 台湾旅行 364 林本源園邸 その12

林本源園邸 その12

e0021092_11492495.jpg

e0021092_11495352.jpg

e0021092_11502305.jpg

e0021092_11504686.jpg

e0021092_11511221.jpg

e0021092_11513895.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-30 00:00 | 麗しの島 台湾①~

免疫 その59 「自己」に対する寛容 その2

「自己」に対する寛容 その2 

 このように、「自己」と反応するクローンの消去という考え方はいっけん合理的で説得力があるのですが、しかしそれだけで「自己」に対する寛容が成り立っているわけでないようです。

 ハツカネズミを無菌状態で飼育すると、体外から抗原が入ってこないにもかかわらず、脾臓やリンパ節でT細胞やB細胞が分裂し、増殖しているのが観察できます。

 そういう条件のもとで増えているT細胞やB細胞は、主として「自己」と反応し、「自己」に刺激されて増殖しています。

  厳しい選択から漏れ出した「自己」と反応するT細胞やB細胞は、確かに体内に存在するのです。

 では、「自己」に対する寛容が成立し維持されるために、「自己」と反応するクローンの消去というやり方のほかにどんな原理が働いているのでしょうか。

 ここでは二つだけ紹介します。

 ひとつは、「自己」と反応するT細胞やB細胞が、常に過剰の「自己」の抗原と反応した結果、アナジー(無反応)になってしまうというものです。

 ハツカネズミの受精卵の遺伝子を操作して実験的に「自己」と反応するT細胞やB細胞をつくり出すと、やがて誕生したハツカネズミの体内を「自己」と反応するT細胞やB細胞が流れます。

 こういう細胞は、常に「自己」の抗原と出会っているのに、まったく反応を起こす様子がありません。

 このような状態をアナジーと呼びます。なぜアナジーが起こるのかはまだ分かっていません。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-29 00:00 | 免疫①~

からだと病気 その1 肺炎

肺炎

《かぜと肺炎の違い》


 風邪と肺炎では、炎症の起こる場所や、炎症を起こす病原体の種類が異なります。

 風邪…鼻から肺に至る空気の通り道を「気道」と言います。気道のうち、鼻や喉などの粘膜にウイルスなどの病原体が感染し、炎症が起きた状態が「風邪」です。 炎症が広がり、喉頭炎や気管支炎を引き起こすこともありますが、ほとんどの場合、数日で治ります。インフルエンザウイルスによって起こる風邪は、他のウイルスによる「普通感冒(風邪)」と区別され「流行性感冒(インフルエンザ)」と呼ばれます。

 肺炎…肺は、空気中の酸素を取り入れ、血液中の二酸化炭素を排出する「ガス交換」を行っています。その働きを担っている「肺胞」やその周囲に、細菌などの病原体が感染し、炎症が起きたものが「肺炎」です。対応が遅れ、広い範囲に炎症が及ぶと、命にかかわることもあります。病原体としては、肺炎球菌、インフルエンザ菌やマイコプラズマなどが、多く見られます。

《肺炎の三つの起こり方》

 肺炎の起こり方は、主に次の三つに分けることができます。

 風邪に続く二次感染…風邪を引いたのち、肺炎球菌などの細菌が二次的に感染して、肺炎となります。子供からお年寄りまで、年齢に関係なく起こります。

 風邪とは関係ない一次感染…風邪とは関係なく、細菌が直接気道から肺に入り、肺炎が起こります。マイコプラズマによる肺炎は、子供から成人に広く見られます。

 誤嚥(ごえん)による感染…口やのどに潜んでいた細菌が、誤嚥により食べ物と一緒に気管に入り、肺炎が起こります。誤嚥しやすいお年寄りに多く見られます。


《荒れた粘膜に細菌が感染する》

 気管支には、病原体などを排除する防御機構があります。

 通常、侵入した細菌などは、気管支粘膜の繊毛などの働きによって、排除されます。

 ところが、風邪のウイルスなどが感染すると、粘膜の表面の細胞は破壊され、細胞や繊毛がはがれ落ちてしまいます。

 このように荒れた粘膜は、侵入した細菌などを排除することができません。

 細菌は、荒れた粘膜で増殖したり、容易に肺の奥に入って、肺炎を起こしたりします。

  二次感染する肺炎球菌やインフルエンザ菌は、もともと喉などに住みついている場合もあれば、くしゃみなどを通じて、他の人から感染する場合もあります。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-28 00:00 | からだと病気①~

風邪にともなうノドの痛み その9

風邪にともなうノドの痛み その9

消化吸収の能力が落ちるとからだに不要な物質がたまる

 食生活などの影響で、栄養物がうまく吸収されなくなると、からだに必要な水分が足りなくなって、乾いたり、体内に熱が生まれます。

 そして、その熱が肺に滞ると、のどが痛むことになるのです。

 また、こういう状態の人は、からだの水分が足りなくなると同時に、吸収しきれない栄養水が体内に余ってしまうことになります。

 この余った水は、体温によって煮詰められたり乾燥したりして、からだに不要な物質である「痰」に変化してしまいます。

 痰が肺に停滞すると、栄養水をうまく全身に行き渡らせることができなくなって、ほかの臓腑の機能も停滞します。

 これがまた新たな痰を作り出すというように、体内に悪循環ができてしまいます。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-27 00:00 | のどの痛み①~⑦

お奨めの本 その114 おごそかな渇き

おごそかな渇き

e0021092_12320709.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-26 00:00 | おすすめの本①~

中医火神派医案新選 その221

中医火神派医案新選 その221

前回の続き

 評注:曽氏は当帰四逆湯に対してよく研究されており、本方を血虚肝寒の厥の治療に用いたと思われ、《傷寒論》351条には“手足厥寒し、脈細にして絶えんと欲する者、当帰四逆湯之を主る”及び352条“、若しその人が内に久寒がある者は、当帰四逆加呉茱茰生姜湯に宜しい”の明文がある。

 ただ注意しなくてなならないのは、本方は手足厥寒の治療に用いるといえども、本証の手足厥寒は既に陰盛陽衰の少陰寒厥と同じではなく、又熱邪深伏の陽陰熱厥とも異なり、それは一緒に現れる症状の違いによって見分ける:少陰陰盛陽衰の寒厥は四肢の冷え・丸まって寝る・寒がる・下痢などの症が合わせて見られる;熱邪深伏の熱厥は胸腹灼熱・口乾舌燥・大便乾結・口臭が臭いなどの症が一緒に見られる。脈細で今にも途絶えそうというのは脈微で今にも途絶えそうとは同じではなく、脈微で今にも途絶えそうというのは主臓の真が毀損して、真陽が途絶えそうというので、この際は当に破陰回陽する。

 脈細で今にも途絶えそうという脈は細といえども指下には明らかな脈で、将に絶えんばかりだが絶えない、というのは血虚寒厥になっている。

 本方は桂枝湯から生姜を除き、二倍の大棗と当帰・細辛・通草からできている。

 当帰・芍薬は養血和営、桂枝・細辛は温経散寒に、甘草・大棗は補中益気に、通草は血脈の通行に働く。

 もしその人が内に長く寒があれば、呉茱茰・生姜を加え以って散寒の力を強めることもでき、さらに清酒を加えれば諸薬の活血と散寒の助けになる。
















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-25 00:00 | 中医火神派医案新選①~

神戸の旅 その12  神戸ポートピアホテル その2

神戸ポートピアホテル その2

ディナー
e0021092_12265273.jpg

e0021092_12282399.jpg
 

e0021092_12290491.jpg

e0021092_12293666.jpg

e0021092_12301494.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-24 00:00 | 神戸の旅①~⑯

麗しの島 台湾旅行 363 林本源園邸 その11

林本源園邸 その11

e0021092_11433531.jpg

e0021092_11440896.jpg

e0021092_11444556.jpg

e0021092_11452378.jpg

e0021092_11455693.jpg















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画

[PR]
by sinsendou | 2016-01-23 00:00 | 麗しの島 台湾①~

免疫 その58 「自己」に対する寛容 その1

「自己」に対する寛容 その1

《「自己」への反応は、ぎりぎりの現場で抑えられているに過ぎない》

 「寛容」という現象の没二つの側面のうち、「非自己」に対する寛容が成り立つ場合については、今年の8月7日にお話しました。

 ここでは、もうひとつの側面、つまり通常は成り立っている「自己」に対する寛容について考えてみましょう。

 免疫がなぜ「自己」に対して寛容なのか。言いかえると、免疫がなぜ通常は「自己」を排除しないのか。その原理を求める考え方はいくつかあります。

 まず挙げられるものに、「自己」と反応するようなT細胞やB細胞は消されているという考えがあります。

 ひとつの細胞から分裂してできた、同じ遺伝的性質を持つ細胞の一群を「クローン」と呼びますが、「自己」に対する排除の反応は起こらないというものです。

 T細胞もB細胞も、遺伝子の無作為な再編成(つなぎ替え)という方法で膨大な多様性をつくり出しています。

 なにしろ無作為なつなぎ替えですから、その過程では「自己」と反応するような細胞も生まれないわけがありません。

 ところが、T細胞では胸腺で厳しい選択が行われ、「自己」と反応する細胞はアポトーシスを起こして自ら死んでいく。

 B細胞も、(人間ではその場所がはっきりわかっていないが)どこかで選択がおこなわれ、「自己」と反応する細胞は成熟の途中で消されているのではないか、と思われています。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


[PR]
by sinsendou | 2016-01-22 00:00 | 免疫①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧