いきいき元気! 感謝!

<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

食生活とアトピーの関係 その3

α―リノレン酸が体質を改善する

 リノール酸がアレルギーを引き起こすメカニズムを説明します。

 ダニやカビなどの抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると、IgE抗体と結びつき、無毒化してから肥満細胞につきます。

この時ヒスタミンやロイコトリエンなど、アレルギー反応を起こす物質が放出されます。

リノール酸をたくさん摂っている人ほどアレルギー炎症反応を起こすプロスタグランディンが多く作られます。

よって、炎症が増強、長期化してしまいます。

最近の研究では、同じ必須脂肪酸の「α―リノレン酸」がアレルギー体質の改善に役立つことが分かってきました。

α―リノレン酸とは必要に応じて体内でDHAEPAに変換される物質なのです。

このα―リノレン酸を摂ることによって、「皮膚のかゆみが減って、ツヤが出た」「アトピーが治った」「口内炎や口角炎が出なくなった」「頭の脂漏性皮湿疹が消えた」などがあげられます。

また、臨床テストにおいてもアトピー性皮膚炎の患者に対してシソ油を使ったα―リノレン酸の強化食を与えたところ、15か月で皮膚の乾燥や発疹が大幅に改善したという報告がありました。

さらに気管支喘息を抑制する働きがあることも判明しています。

α―リノレン酸は、魚油やシソ油などに含まれているほかエゴマ油やアマニ油などでも摂取することができます。
                                       続く



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-30 00:13 | アトピー・皮膚病①~⑱

食生活とアトピーの関係 その2

日本人の食事はリノール酸過剰

 調査によると、40年ほど前の日本人が摂取していたリノール酸の量は、1日平均5~6グラムだったそうです。

ところが時代とともに食生活の欧米化が進んだ結果、現在では14グラムに跳ね上がっています。

それだけでなく、総脂肪酸中のリノール酸含有量は25%で世界一です。

紅花油やコーン油、マーガリンのほかにリノール酸が含まれているのは、マヨネーズ・ドレッシング・スナック菓子・鶏卵など。

果たしてこれらの食品が使われない日は、一か月にどれくらいあるのでしょうか?

それと、リノール酸の過剰摂取による悪影響をまともに受けているのは乳幼児なのです。

現在日本人女性の母乳に含まれている総脂肪酸中のリノール酸含有率は13%、ドイツ9%、オーストラリア8%、スエーデン8%となっています。

また、粉ミルクにも15~20%のリノール酸が含まれているわけですから、乳幼児にとってはリノール酸漬けの毎日です。

ですから日本の乳幼児のアトピー罹患率が急増したのはリノール酸の過剰摂取が何らかの関係があるとみて間違いないです。
                                続く



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-29 00:06 | アトピー・皮膚病①~⑱

食生活とアトピーの関係 その1

油(油脂)の摂取に注意

アレルギー体質を作るリノール酸

アトピー性皮膚炎の方の食事で注意すべきポイントはずばり油(油脂)の摂取です。

特に最近まで「体に良い」と評判だった紅花油はアトピー性皮膚炎に悪影響を及ぼす可能性があることが分かりました。

その理由は、紅花油に含まれる「リノール酸」にあります。

そもそも脂質はバターやラードに含まれる動物性脂肪類、オリーブ油などに含まれるオレイン酸系、紅花油やコーン油、マーガリンなどに含まれるリノール酸系、さらに魚油やシソ油などに含まれるα―リノレン酸系に分けることができます。

なかでも、リノール酸系に分類されている物質は健康を害する恐れがある…この事実は日本脂質栄養学会が提言しているだけでなく、名古屋市立大学薬学部教授の奥山治美先生も「リノール酸の過剰摂取がアレルギー体質を生む」と指摘しています。

さらに奥山教授によると、アトピー性皮膚炎の増加も、リノール酸の過剰摂取に原因があるそうです。
                                  続く



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-28 00:54 | アトピー・皮膚病①~⑱

麗しの島 台湾旅行記 226 三峡その1

【三峡(サンシア)】 その1

今回から、数回に分けて『三峡』を取り上げてみたいと思います。

「三峡」について詳しくお知りになりたい方は「旅々台北.com」を参考にしてください。

今回の宿の「伸適商旅」からは中山北路まで歩き、バス停の「台泥大楼(馬階病院)」から310番のバスで台北中央駅まで行きます。停留所は4つ目でバス代は15元(日本円45円)。


e0021092_10523577.jpg

e0021092_1058392.jpg
e0021092_10581182.jpg


久しぶりに台北中央駅に来ましたが、以前は1階のフロアーには何にもなくて只だだっ広いだけでしたが、今は随分とお店が増えて賑やかになっています。
e0021092_10585482.jpg



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-27 00:43 | 麗しの島 台湾①~

新型コロナウイルスの感染急増!

SARSに似た「新型コロナウイルス」の感染急増のニュース

 2003年に中国で流行したSARSに似た症状を示す新型コロナウイルスの感染症例が急増。人から人への間で院内感染が起きている疑いが強まっています。感染者の年齢は20代から90代まで幅広く、2013年6月17日現在までに64名の感染が確認され、38名が死亡。これまでに確認されていたカタール、ヨルダン、アラブ首長国連邦(UAE)、イギリスに加え、サウジアラビアで13人の感染者が出て、フランスでも初めて症例が確認されました。専門家も2013年4月に中国で発生したH7N9型の新型インフルエンザより「脅威度が高いのではないか」と懸念を示しています。

 SARS(重症急性呼吸器症候群)と同属の【NCoV】と呼ばれる新型コロナウイルスは、2012年春頃に中東で発生。患者に共通する症状は、急性の重症な呼吸器症状で、発熱、せき、息切れや呼吸困難を伴い、ほとんどの場合に肺炎を起こし、一部の症状では腎不全や死に至っています。H7N9型はタミフルが有効だといわれていますが、新型コロナウイルスは「治療薬がない」上、一部の国からの情報があいまいで、全容がつかみにくいとのこと。

 感染は中東にとどまらず、今年5月8日、フランス北部の病院でも65歳男性の感染が確認されました。男性には4月中旬にUAEへの渡航歴がありました。地元紙の情報によると、翌日、この患者が最初に入院していた病院で隣室だった50歳の男性と、35歳の医師に同様の症状がでたそうです。この二人は現在も病院で治療中とのこと。こうしたことを受けて、ルモンド紙(電子版)が「院内感染の恐れ」と見出しを打つなど、メディアは騒然となっています。

 ウイルスは粘膜から侵入してきます。肺が弱っていると病原菌も侵入しやすくなります。感染の予防には、肺の粘膜を元気にして防衛力を高めるしかありません。肺の力を高め、免疫力を高める衛益顆粒で健康な粘膜を作りながら、抗ウイルス作用のある板藍茶でうかいをしましょう。もし感染したら、天津感冒片・銀翹散・シベリア霊芝などで対応します。


e0021092_20282371.jpg

e0021092_20294284.jpg

e0021092_20345351.jpg
e0021092_20351963.jpg




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-26 00:25 | 店頭にて

店頭相談  下肢浮腫

【4】 95歳女性 下肢浮腫

 今から7年前の平成18年(当時95歳)、下痢が止まらず罹りつけの医者へ行きビオフェルミンを処方してもらい、なんとか下痢は治まったがふくらはぎの浮腫みが取れないと御相談に見えた。

 内科での血液検査では異常はなく、泌尿器科に回されて軽い膀胱炎ということで抗生物質を1週間投与されたが浮腫みがだんだんひどくなり、大腿部から下が全部浮腫んでしまった。

 ご高齢でもあり、脾腎の陽気不足のために水分代謝が上手に行われないために浮腫が発生したと考えて、温補腎陽・温陽利水の漢方を服用していただき、腹部をホカロンで温めてもらった。

 1週間ほどで浮腫みは減って、2週間後にはほとんど浮腫みがなくなった。

 それ以来すっかり漢方薬のファンになっていただき、現在でも補腎剤や血行改善剤を続けていただいて、今年の6月で何と102歳になられるとか…。

 デイサービスに行っても、自分より20歳以上も年下のおばあちゃんより元気が良く、出される食事も残さず平らげるなどますます元気なご様子、いつまでも元気で長生きしてくださいネ。




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-25 00:11 | 店頭にて

中医火神派医案新選  その68

中医火神派医案新選
その68


  8.血栓閉塞性脈管炎(脱疽)――四逆湯加党参・黄耆・当帰・白芍・乳香・没薬・紅花
  徐某、男、57歳。1969年4月12日診察。1967年の厳冬に川を渡り、寒冷の刺激を受け左下肢に発涼・麻木・跛行・疼痛を誘発し色は暗紫に変わり、北京協和医院の診断は血栓閉塞性脈管炎であった。その後某医院で左側下肢腰神経の交感神経節を切除手術し、又中西薬物を服用するも無効。現症状:四肢麻木涼困、激烈な疼痛で夜寝られない、痛む時は冷えて温めると少し軽くなり、左下肢は潮紅を呈すが持ち上げると蒼白となり、下げると暗紫色となる、左第2・4足指先端部は乾性壊死して、その他の足指は暗紫色、足の甲は干からびて長くない、肌肉が委縮して毛は脱落し肌膚も枯痩、左ふくらはぎは29.5cmで右ふくらはぎは32cm、足は真っすぐに伸ばすことができず、左足背・脛の後ろの動脈拍動は消失して浅い静脈炎も併発している。形態は痩せ細り腰背痛み、小便清長、顔色青黒く舌質淡、苔薄白、脈沈遅細。血圧140/88mmHg。証は陽虚正虧・脈絡瘀阻に属す。治法は温陽益気、通瘀活血が宜しく、処方は四逆湯加味を用いる:
  炮附子30g、乾姜30g、党参30g、黄耆30g、甘草30g、当帰30g、白芍30g、乳香9g、没薬9g、紅花15g。毎日1剤、水煎服す。
  二診:上方を20剤服用すると疼痛消失、35剤で傷口癒合、合計116剤服用し体温は正常まで回復、10里を歩いたが跛行感はなく足の指に産毛が生え始めて、肌肉は顕かに回復し左ふくらはぎ31.5cm右ふくらはぎ33cm、脛の後ろの動脈は拍動を開始して足の背の動脈も元通りになって、仕事に参加できるようになった。

  注釈:周氏は脱疽の一証と考え、これは心陽不足が原因で機能が混乱し、気血運行に影響して気滞血瘀に至った、そこに寒邪が内侵したため腎陽が衰微し、一連の寒象が相次ぎ出現した。心腎の失調し肝鬱不舒となれば、経絡は阻塞して気血不通となり、不通すなわち痛み諸症が叢生し、これは心・肝・腎三経の証であり、病は陰証の範疇に属する。治療は温腎舒肝を以って通陽復脈の法とする。常に四逆湯加味を用いる時、発熱している者には乾姜を除くが附子は除いてはいけない、すなわち効果が無くなってしまう。
                                  続く




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-24 00:13 | 中医火神派医案新選①~

ピロリ菌って何あに? その5

ピロリ菌の除菌治療

 ピロリ菌の除菌には、2種類の「抗菌薬」と「プロトポンプ阻害薬(PPI)」の、計3種類の薬が用いられています。抗菌薬にはピロリ菌を死滅させる効果が、PPIには胃液の分子を抑え、抗菌薬の効き目を高める作用があります。薬は1週間、毎日朝食と夕食のあとに服用します。服用を終えたら4週間後に再検査を行い、ピロリ菌が除菌されたかどうかを確認します。

 除菌治療は、2000年11月より健康保険の適用対象になりました。現在の対象は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と診断されて、検査によってピロリ菌の感染が確認された人に限られています。


ピロリ菌豆知識

 ピロリ菌の除菌治療は、さまざまな病気の治療でも期待されています。特に「胃MALT(モルト)リンパ腫」では、除菌治療をおこなったところ、7~8割の患者さんで症状が改善したと報告されています。

✭胃MALTリンパ腫…胃の血管内で、血液細胞の一つである「リンパ球」に異変が起こり、癌化したもの。悪性度は低いが抗がん剤が効きにくいという特徴がある。




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-22 00:06 | 店頭にて

ピロリ菌って何あに? その4

胃潰瘍の主な原因
 
委縮性胃炎は、ピロリ菌に感染していれば誰にでも起こります。

胃潰瘍では、患者さんの約8割からピロリ菌が検出されています。

 しかし、ピロリ菌に感染しても必ず胃潰瘍になるわけではありません。ピロリ菌の感染者で実際に胃潰瘍になる人はわずか2%、つまり100人に2人に過ぎないのです。

 さらに、ピロリ菌には、「強い毒素を出すタイプ」と「そうでないタイプ」があることがわかっています。

 こうしたことから、胃潰瘍の発症にはピロリ菌よりもむしろストレスなどの「環境要因」の影響が大きいと考えられます。


繰り返す胃潰瘍には除菌治療

 ピロリ菌にとって、胃の中に住みやすい環境ですから、いつまでも居座っています。そのため、いったん胃潰瘍になると、再発を繰り返すことがよくあります。

 そのような場合には、ピロリ菌の「除菌治療」が効果的です。ピロリ菌の除菌によって、大半の人の潰瘍が再発しないようになってきています。



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-21 00:18 | 店頭にて

ピロリ菌って何あに? その3

ピロリ菌が及ぼす害

【委縮(いしゅく)性胃炎】
 ピロリ菌は粘膜の表面に付着し、粘膜を覆う粘膜の中に隠れて、強い酸性の胃散から逃れています。さらに、ピロリ菌は自らアルカリ性のアンモニアを分泌し、胃散に含まれる酸を中和しています。このアンモニアが、胃の粘膜に悪影響を及ぼすといわれています。

 また、ピロリ菌は強い毒素を出しており、この毒素が粘膜を傷つけます。そのため、ピロリ菌が住みつくと粘膜に慢性的な炎症が起こり、粘膜は次第に委縮して薄くなります。これを「委縮性胃炎」といいます。

 ただ、委縮性胃炎は病気というよりも老化現象、いわば「粘膜の肌荒れ」のようなものと理解されています。

【胃潰瘍】

 委縮性胃炎で粘膜が薄くなると、粘膜の傷ついた部分を修復する力が弱まり、胃液の影響を強く受けるようになります。

このような状態が続くと、粘膜の組織が破壊されてえぐられたような状態になり、胃潰瘍になることもあります。



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-20 00:12 | 店頭にて



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧