いきいき元気! 感謝!

<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なかなか治らない咳 その1

よく風邪をひいたあと、いつまでも咳だけが残って相談にいらっしゃる方があります。

このようなときには、肺の機能を低下させている原因や、症状の違いをよく見極めて治療しなければなりません。

咳の原因と治療にはどのようなものがあるのか、それぞれのタイプに分けて考えてみましょう。

咳の原因とメカニズム

肺には、息を吸ったときの「粛降機能(しゅっこうきのう)」と、はいた時の「宣散機能(せんさんきのう)」があります。

粛降とは、きれいな空気を体内に取り入れたり、脾胃でつくられた気やエネルギーをからだのすみずみに行きわたらせることです。

宣散とは、肺のなかの汚れた空気をそとに出したり、体の表面に防衛力や体液を行きわたらせることです。

咳は、このような肺の機能が乱れて起こる症状のひとつです。

ふつう、風邪が治れば咳は出なくなりますが、何らかの原因がからむと、肺の機能がなかなかもとに戻らず、咳だけが残ってしまうことがあります。

原因としては、
①風熱・風寒・風燥などの外邪が肺にまだ残っている。
②胃腸(脾胃)や生命活動をコントロールする臓器(腎)の機能に問題がある。
③咳が残りやすい体質素因がある。
などが考えられます。

治療では、咳の性質や付随する症状から、外邪のタイプや、肺の状態や他の臓器との関係、体質などを診断し、そのときの状態に合う処方を使います。

それでは次回から、主な症状と実際について考えて見ましょう

2月10日に続く

神仙堂薬局ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-01-29 16:29 | なかなか治らない咳の漢方①~⑮

麗しの島 台湾旅行記その67

e0021092_18272884.jpg


派出所も昔のまま、勤務されているおまわりさん(警備員の方です)もまた1960年代当時の衣装です。

e0021092_18321928.jpg


昔懐かしいタイル張りの流し台が目を引く『金大方理髪院』

中国から運んできたという鉄製の大きな散髪椅子。

当時の流行をしのばせる古いポスター。

台湾故事館ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-01-26 18:40 | 麗しの島 台湾旅行記1~

京都の旅 その16

静寂の中にあって「凛」とした佇まいを感じさせる『法然院』。

名所旧跡にありがちな喧騒とはかかわりなく、落ち着いた雰囲気のお寺です。

e0021092_12275052.jpg

山門を入って左右に白い盛り砂がある。

この白い盛り砂は『水』を表わしていて、その間を通ることで心身を清め浄域に入ることを意味しているそうです。

e0021092_1228228.jpg

法然院ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-01-21 12:28 | 京都の旅1~

麗しの島 台湾旅行記その66

『安生薬局』のショーウインドウに並ぶ品々は、本物のアンティーク物ばかりだそうです。
e0021092_19234822.jpg

少し日に焼けてはいますが、今でも立派に通用しそうなものばかりです。

e0021092_19262510.jpg

[PR]
by sinsendou | 2007-01-18 19:23 | 麗しの島 台湾旅行記1~

インフルエンザと解熱剤

ノロウイルスの次はインフルエンザウイルスに注意してください。

インフルエンザに罹患しているときは、使用を避けなければならない解熱剤があります。

サリチル酸系薬剤、メフェナム酸(ポンタール)、ジクロフェナクナトリウムがそれにあたり、現在サリチル酸とメフェナム酸は15歳未満の小児、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)は全年齢のインフルエンザ症例に禁忌とされています。

血管内皮の修復に関与するシクロオキシゲナーゼの作用を阻害するこれらの解熱剤が、脳炎・脳症で障害を受けた血管の修復を遅らせることが原因とも考えられ、インフルエンザ脳炎・脳症の発症の悪化を起こす可能性があると報告されています。

サリチル酸系の薬剤にはアスピリン、サリチル酸ナトリウム、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミドがあり、これらとメフェナム酸は一般用医薬品にも使用されています。
特にインフルエンザ流行期にはその使用に注意が必要です。

現段階でインフルエンザに安全に使用できる解熱鎮痛剤としてはアセトアミノフェンが挙げられます。

パラアミノフェノール系薬剤のアセトアミノフェンは、消炎作用はないですがアスピリンなみの解熱鎮痛作用を示します。

その作用は体温調節中枢に作用して皮膚血管の拡張を起こし、熱放散を増大することによる解熱作用と、視床と大脳皮質に作用して痛覚閾値を高めることによる軽度の疼痛の抑制作用からなっています。

アスピリンなどのNSADIsとは機序が大きく異なっていますので副作用の少ない薬剤であり、インフルエンザに限らず小児の解熱に安心して使用できる薬剤といえます。

一方、漢方ではインフルエンザによる消炎解熱鎮痛として使われる銀翹散があります。

銀翹散の解熱作用は直接的にシクロオキシゲナーゼの作用を阻害するのではなく、シクロオキシゲナーゼの作用を活性化するIL(インターロイキン)-1aの産生を抑えることにより解熱をすると考えられています。

このため、子供にも安心して勧められる薬剤です。

さらに抗ウイルス作用のある生薬の板藍根を煎じたお茶を一緒に服用するともっと効果が上がります。

インフルエンザは流行りだしたら、毎朝板藍茶を服用して出かけましょう。

神仙堂薬局ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-01-15 12:46 | その他

京都の旅 その15

『冬の京都』もなかなか風情があって、一度は訪れてみたいものです。

荘厳な佇まいは、厳冬の肌を刺す厳しい寒さにとてもよく似合いそうです。

ここ『法然院』(ほうねんいん)も、そんな季節が似合いそうな雰囲気に包まれています。

e0021092_13141661.jpg


e0021092_13145240.jpg

もっと詳しく『法然院』をお知りになりたい方は、下記のホームページにアクセスしてください。
法然院ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-01-13 13:14 | 京都の旅1~

苦手なことも自己鍛錬と考えよう

年が変わると早速われわれ小売業にとっては頭の痛い、『税務申告』の時期がやってまいります。

普段患者さんの健康相談や、中医学の研鑽などはそれほど苦痛には感じないのですが、やはり専門外のこととなると話は違います。

しかし、人間社会で経済活動を行う時に、『税務申告』は避けて通れないことも事実です。

好きとか嫌いとかにかかわりなくやらねばならない問題です。

もちろん予算があれば専門家にお願いして、決算書を作成していた抱くことも出来ますが、現在ではパソコンソフト(ちなみにうちでは『弥生会計ソフト』を利用しています)も普及しておりまして、昨年一年間のデータを打ち込むだけで出来てしまうのです。

ただし、なにぶんにもサボりにサボったわけで、一年分の売り上げ、出金、通帳、当座、仕入れ、売り掛け、買いかけ等のデータをパソコンに打ち込まねばならない事を考えると、気が重くなります。

これが試練と考える。

3月15日の決算書提出期限まで、がんばろう!
[PR]
by sinsendou | 2007-01-11 13:41 | その他

運命を変える50の小さな習慣

皆様、明けましておめでとうございます。

今日は1月7日、年が変わって、『あっ!』と言う間にもう一週間が過ぎてしまいました。

お正月の間飲んだり食べたり、ちっとも胃袋のことなんか考えてあげてない方が多かったのではないでしょうか?

というわけで、胃を休ませるために『七草粥』。

「芹、なずな(ペンペン草)、御形(母子草)、はこべら(はこべ)、仏の座(たびらこ)、すずな(蕪)、すずしろ(大根)」これぞ『春の七草』。

それはそうと初詣は、家から歩いて1分の『浅間神社』へおまいりに行きました。

提燈に両側を飾られた参道の154段の階段を登ると、『金沢文庫』の駅が眼下に広がり、駅構内のあわただしさが手に取るようにわかります。

毎朝、神棚に祈りを奉げていますが、神社のお社を目の前にするとやはり身の引き締まる思いがします。

まずは『世界が平和になりますように!』
『患者の皆様が、少しでもよくなりますように』。

皆様のお役に立てるようになるためには、自分が成長しなければなりません。

そこで今年はじめての『お薦めの一冊』

e0021092_2038970.jpg

夢を実現するためには、人並み優れた才能や実力はそれほど必要ではないのです。

それは『小さな習慣』です。

簡単なことでも毎日続けることができれば、それで運命を変えることが出来るのです。

『運命を変える50の小さな習慣』   中谷彰宏著
PHP文庫  500円(税込み)
[PR]
by sinsendou | 2007-01-07 20:33 | おすすめの本



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧