いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:腹痛①~⑬( 13 )

腹痛 その13

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

強い冷えをともなう腹痛は、からだを温めて治す

 からだの冷えやすい人が、大きな病気を患ったり年をとると、体内で生まれた冷えや、有害な冷たい水分によって気や血の流れが悪くなり、腹痛が起こります。

 このような「肝腎虚寒」の腹痛のうち、主に腎のおとろえが原因で起こる慢性の腹痛は、下腹部の中央が痛みます。

 下腹部が真夏でも氷のように冷たく感じられ、寒がる・手足の冷え・くちびるの色が悪い・尿が透明で量が多くきれにくい・舌が淡い色になって水分の多い白い苔がつく・弱い脈あるいは大きく浮いて力のない脈(冷たい水分が停滞しているときは、弦を張ったような脈)、といった症状をともないます。

 治療は、腎の働きを高めからだを温める「八味地黄丸」や「右帰丸」「真武湯」に「人参湯」を合わせたもので行います。

 肝のはたらきがおとろえて冷えが強くなると、下腹部の両側、とくに左側がくりかえし痛みます。

 さすったり、おさえると痛みがやわらぎ、嘔吐・水様便・だるくて力が入らない・寒がる・手足の冷え・舌が淡い色になる・細い弦を張ったような脈などの症状をともないます。

 この場合は、脾胃や肝を温めて冷えを除き、働きを高めて痛みを止める「呉茱茰湯」を使うといいでしょう。


e0021092_10545772.jpg

八未地黄丸 90包(1か月分) 5880円


e0021092_10572054.jpg

人参湯 90包(1か月分) 9975円


e0021092_1058620.jpg

呉茱茰湯 90包(1か月分) 7980円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-15 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その12

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

お年寄りに多い腹痛は、からだを温め胃腸の働きを高めて治す

 老化や慢性病などが原因で脾胃のはたらきのおとろえた状態が長びくと、全身を温める「腎」のはたらきもおとろえます。

 体内が冷えて、気や血の流れが悪くなるので、へそのまわりを中心に、しくしくした痛みと張りがつづきます。

 このような「脾腎陽虚」の腹痛は、温めたりさすると痛みがやわらぎ、疲れやすい・倦怠感・寒がる・手足の冷え・下痢ぎみ・舌が淡白色で薄く白い苔がつく・弱く遅い脈などの症状をともないます。

 治療は、脾胃の働きを補って元気をつけるとともに、全身を温めて痛みを止める「十全大補湯」や「扶陽理中」などで行います。


e0021092_10413316.jpg

扶陽理中 90包(1か月分) 10500円




このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-14 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その11

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

子どもに多い腹痛の治療は、胃腸の働きを高めながらストレスを除くのがポイント

 脾胃は、肝の調節をうけながら消化吸収を行っています。

 しかし、ふだんから胃腸が弱い人は、肝の正常な働きでさえ負担となるため、脾胃のはたらきが滞って、腹痛が起こります。

 急にへそのまわりが痛いといって泣く子どもの腹痛の多くは、こうして起こります。

 このような「脾虚肝乗」の腹痛では、食事中に痛み、食欲不振・元気がない・疲れやすい・舌がやわらかく淡紅色になる・弦を張ったような脈で強くおさえると力がなくなるなどの症状をともないます。

 治療は、脾胃の働きを高めながら肝の働きをやわらげる「小建中湯」や「当帰芍薬散」「芍薬甘草湯」「逍遥散」のほか、「療方健脾」と「四逆散」を合わせたものなどで行います。

療方昇陽」もいいでしょう。


e0021092_103229100.jpg

小建中湯 90包(1か月分) 5985円


e0021092_10342481.jpg

当帰芍薬散 90包(1か月分) 5985円


e0021092_10453468.jpg

芍薬甘草湯 90包(1か月分) 5565円


e0021092_10464799.jpg

逍遥散 90包(1か月分) 8400円


e0021092_10484634.jpg

療方健脾 90包(1か月分) 9975円


e0021092_10495142.jpg

療方昇陽 90包(1か月分) 10395円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-11 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その10

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

元気がない人の腹痛は、胃腸の働きを高めて治す

 もともと胃腸が弱かったり、病気や老化などが原因で脾胃の消化吸収力がおとろえると、へそのまわりがしくしく痛みます。

 この「脾胃気虚」の腹痛は、下痢・食欲不振・息切れ・話すのがおっくうで無口になる・疲れやすい・からだがだるい・手足の冷え・顔色が悪い・舌の色が淡く白い苔がつく・脈に力がないなどの症状をともないます。

 脾胃の働きを回復し元気をつける「参苓白朮散」や「療方健脾」などで治療します。

 また、下腹部が落ちるように感じたり、慢性の下痢・頭のふらつき・脱肛・子宮脱などの「脾気虚」の症状をともなうときは、脾胃のはたらきを回復して元気をつけ、気を全身にめぐらせる「療方昇陽」が効果的です。


e0021092_1125346.jpg

参苓白朮散 90包(1か月分) 9450円

e0021092_114496.jpg

療方健脾 90包(1か月分) 9975円

e0021092_116060.jpg

療方昇陽 90包(1か月分) 10395円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-10 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その9

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

成人に多いストレス性の腹痛は、気の流れを回復して治す

 仕事や勉強などで緊張したりストレスを受けると、からだの活動を調節する「肝」の働きが滞るため、胸の両脇や下腹部の両側を中心に、張った痛みが起こります。

 この「肝気鬱滞」の腹痛は、痛みが移動し、ゲップやおならが出ると軽くなります。

 イライラ・ゆううつ・食欲不振・舌に薄く白い苔がつく・弦を張ったような滑らかな脈などの症状をともないます。

 治療は、気の流れをよくして肝の働きを回復し、痛みをとめる「療方調律」や「逍遥散」などで行うといいでしょう。


e0021092_11151083.jpg

療方調律 90包(1か月分) 9030円


e0021092_11173450.jpg

逍遥散 90包(1か月分) 8400円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-08 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その8

【くりかえしたり慢性的におこる腹痛の、診断と治療】

下腹部両側が冷えて痛むときは、冷えを除き血をめぐらせる治療が効果的

 血が不足ぎみの人は、からだが冷えてくると、気や血のめぐりが悪くなり、下腹部の両側、とくに左側がひきつるように強く痛みます。

 栄養状態が悪く、うるおいが不足しがちな人に多く、女性によくみられる腹痛です。

 こうした「寒凝肝脈」の腹痛は、冷えるほど痛みが強くなり、陰のうが縮んだり外陰部に痛みが走り、寒がる・手足の冷え・顔が青白い・舌につるつるした白い苔がつく・非常に細いが力のある脈あるいは弦を張ったような遅い脈をふれる、といった症状をともないます。

 治療は、冷えを除いて気や血のめぐりをよくして痛みを止める「当帰四逆加呉茱茰生姜湯」などで行います。





このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-07 00:01 | 腹痛①~⑬

腹痛 その7

【中医学からみた腹痛】

熱性の症状をともなう腹痛は、便とともに熱を追い出して治す

 カロリーの高いものの摂りすぎや、味の濃いものや刺激の強いものの食べすぎなどが原因で、胃が充血しつづけたり、活動力が落ちると、脾胃の働きが妨げられて、強い腹痛が起こります。

 このような「胃熱」の腹痛は、へそのまわりを中心に硬く張ったように痛み、発熱・便秘あるいは悪臭のある下痢・尿の色が濃い・のどが渇いて冷たいものを飲みたい・舌が紅くザラザラして黄色く厚い苔がつく・脈に力があって脈拍が速い、あるいは腸内に長い間たまった大量の熱によって大便が乾燥して動かなくなるために腹が張って痛むときは、反対に遅く力のある脈をふれるようになる、といった症状をともないます。

 治療は、便とともに熱を出す「調胃承気湯」などで行います。


e0021092_118502.jpg

調胃承気湯 90包(1か月分) 3990円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-04 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その6

【中医学からみた腹痛】

急激な冷えによっておこる腹痛は、温めて治す

 急にからだが冷えたり、生ものや冷たいものをとりすぎると、消化と吸収を行う「脾胃」の働きが妨げられ、へそのまわりを中心に、激しい張った痛みが起こります。

 こうした「寒凝」の腹痛は、温めるとやわらぐほか、腹が鳴って冷たい・便秘あるいは下痢・手足の冷え・舌が青白っぽく、薄く湿った苔がつく・緊張した遅い脈をふれるなどの症状をともないます。

 治療は、おなかを温めて脾胃の働きを回復する「桂枝人参湯」や「呉茱茰湯」のほか、「平胃散」と「人参湯」を合わせたもの、「安中散」と平胃散を合わせたものなどで行います。


e0021092_10514024.jpg

呉茱茰湯 90包(1か月分) 7980円


e0021092_10524279.jpg

平胃散 90包(1か月分) 5565円


e0021092_105854100.jpg

人参湯 90包(1か月分) 9975円


e0021092_1134435.jpg

安中散 90包(1か月分) 6930円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-03 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その5

【中医学からみた腹痛】

大腸炎による腹痛は、有害な水分を除き熱を冷まして止める 

 不潔な食べ物や、不摂生な食生活が原因で生まれた有害な水分が熱を帯び、腸の働きを妨げると、下腹部の両側が強く痛みます。

 このような「大腸湿熱」の腹痛では、血のまじった下痢・便意があるのにすっきり出ず、肛門が圧迫されるように感じる「裏急後重」・のどの渇き・舌が紅く黄色くべっとりとした苔がつく・脈が滑らかで脈拍数が多いなどの症状をともないます。

 治療は、有害な水分を除いて熱を冷まし、痛みを止める「黄芩湯」や「白頭翁湯」などで行います。

 なお、症状が軽いときは、熱を除いて下痢を止める「葛根黄芩黄連湯(葛根芩連湯)」を使います。

また、裏急後重や肛門の圧迫感、粘血便などの症状がなく、水様あるいは泥状の下痢をともなう「寒湿」の腹痛には、有害な水分を除く「藿香正気散」や「胃苓湯」「療方調流」「平胃散」などを使うといいでしょう。



e0021092_11503350.jpg

藿香正気散 90包(1か月分) 7875円


e0021092_11514887.jpg

胃苓湯 36錠(3日分) 1050円


e0021092_1152467.jpg

療方調流 90包(1か月分) 9555円


e0021092_1154238.jpg

平胃散 90包(1か月分) 5565円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-12-01 00:00 | 腹痛①~⑬

腹痛 その4

【中医学からみた腹痛】

【急に起こる腹痛の診断と治療】

膀胱炎や尿道炎による腹痛は、有害な熱や水分を追い出して治療する


 不摂生な食生活や、感染などが原因で生まれた余分な熱が、停滞した水分と結びついて「湿熱」となり、膀胱の働きを妨げると、膀胱炎や尿道炎がおこり、下腹部の中央が引きつって痛みます。

 このような「膀胱湿熱」の腹痛は、尿の色が濃い・ときに血尿・尿量が少なく、出ないこともある・排尿時の灼熱感・のどの渇き・便秘・舌の色が紅く黄色い苔がつく・脈拍が速く、脈が弦を張ったようになる、といった症状をともないます。

 治療は、炎症を抑え、有害な熱や水分を尿にして出す「猪苓湯」や「五淋散」などで行います。


e0021092_1119264.jpg

猪苓湯 90包 10500円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-30 00:00 | 腹痛①~⑬



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧