いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:耳鳴り①~⑳( 20 )

耳鳴り その20

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

機能の低下と、滋養の不足が耳鳴りを引き起こす(気血両虚) 

 気と血は、ともに脾胃でつくられ、いつもペアで活動しています。

 したがって、脾胃の機能が低下して気が不足すると、血も不足するようになります(「気血両虚」)。

 耳や脳に必要な熱や滋養が不足するため、耳鳴りが起こるほか、疲労、倦怠無力、息切れ、頭のふらつき、目のかすみ、どうき、睡眠障害、顔面蒼白、手足のしびれ、爪につやがない、経血量減少といった症状をともない、舌が淡い色になって肥大せず、脈が細く無力になります。

 このような場合は「人参養栄湯」や「加味帰脾湯」「四物湯」などで気や血を補います。


e0021092_12164824.jpg

人参養栄湯 90包(1か月分) 9555円

e0021092_12183046.jpg

加味帰脾湯 90包(1か月分) 7980円

e0021092_12194373.jpg

四物湯 90包(1か月分) 5565円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-23 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その19

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

消化吸収機能のおとろえが耳鳴りの原因になる(脾胃気虚) 

 食生活の不摂生やストレス、慢性病による衰弱、過労、虚弱体質などの原因で脾胃の消化吸収力が低下すると、全身の活動に必要な栄養素を十分につくって送り出す力が不足します(「脾胃気虚」)。

 そのため、耳や脳が栄養不良の状態になって耳鳴りが起こります。

 疲労倦怠や食欲不振、手足が無力あるいは下痢、消化不良、腹が張ったり鳴る、といった症状をともない、舌が淡い色になって薄い苔がつき、軟らかく弱い無力な脈をふれます。

 この場合は、脾胃の機能を高める「療方昇陽」や「療方健脾」、冷えの症状をともなうときは、温める力も強い「人参湯」や「扶陽理中」を使うといいでしょう


e0021092_11304692.jpg

療方昇陽 90包(1か月分) 10395円

e0021092_11322492.jpg

療方健脾 90包(1か月分) 9975円

e0021092_11372197.jpg

人参湯 90包(1か月分) 9975円

e0021092_11385767.jpg

扶陽理中 90包(1か月分) 10500円


このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-17 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その18

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

耳鳴りが、冷えをともなうケースもある(腎陽虚) 

 腎の精の不足が進んで、生命活動の原動力である腎の機能が損なわれるようになると(「腎陽虚」)、耳や脳に必要な熱量が不足するので、冷えをともなう耳鳴りが起こることがあります。

 顔面蒼白、元気がない、冷え、腰や下肢がだるく無力、頻尿、排尿困難、むくみ、軟便あるいは泥状便といった症状をともない、舌がむくんだようになって白い苔がつくほか、脈が無力になるときは、腎の機能を高める「八味地黄丸」、冷えの症状が強いときは、腎の機能を高める力がより強い「右帰飲」が効果的です。


e0021092_11173181.jpg

八味地黄丸 90包(1か月分) 5880円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-16 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その17

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

乾燥が進み、熱によって慢性の耳鳴りが起こる

 精が血に変化し、血が精から生まれ、精が腎に、血が肝にたくわえられるというように、腎と肝は密接な関係にあります。

 したがって、腎の精や津液が不足すると、肝の血や津液も不足して(「肝腎陰虚」)、耳が栄養不良の状態になるので、耳鳴りが起こります。

 これは、陰虚が一段と進行した状態で、相対的に熱がさらに強くなって乾燥度の高い「燥熱」に変わるため、頭のふらつきや張り、めまい、視力低下、不眠、無汗、口やのどの乾燥、手足の熱感、月経異常、腰やひざのだるい痛みといった症状をともない、舌が紅く乾燥ぎみで、脈が無力で細く弦を張ったようになります。

 このときは、肝と腎の精と津液を補って熱を冷ます「杞菊地黄丸」や「天麻鈎藤飲」などが効果的です。

 なお、肝と腎には、全身を温めて物質代謝を行う生理機能(「相火」)がありますが、肝腎陰虚が進むとこの機能が亢進し、病因物質である火邪に変化して経脈を塞ぐため(「相火妄動」)、急性の激しい耳鳴りが起こることがあります。現れるのは火(実)の症状ですが、原因は肝と腎の血と津液の不足(虚)にあるので(本虚標実)、肝と腎の血と津液を補って熱をおさえる「清蒿鼈甲湯」や「大定風珠」「当帰六黄湯」などを使います。


e0021092_11141746.jpg

杞菊地黄丸 720丸(1か月分) 7350円





このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-13 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その16

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

生命エネルギーのおおもとが不足すると、慢性的に耳鳴りが起こる(腎陰虚) その2 



 熱性の症状が強いときは、肝と腎の精や血、津液を補って火をおさえる「知柏地黄丸」などがいいでしょう。

 脾胃の機能のおとろえ(「脾胃気虚」)が原因で、疲労倦怠感や食欲不振、手足が無力、軟便あるいは下痢、消化不良、腹が張ったり鳴るといった症状をともなうときは、脾胃の機能を高めて精や血、津液を補い、熱をおさえる「釣藤散」を使います。

 血が不足して栄養不良(「肝血虚」)になり、顔面蒼白、目のかすみ、やせる、動悸、睡眠障害、手足のしびれなどの症状が明らかなときは、肝の血を補い機能の亢進をおさえる「七物降下湯」が効果的です。


e0021092_10264049.jpg

知柏地黄丸 540丸(1か月分) 8925円


e0021092_10284996.jpg

釣藤散 90包(1か月分) 8400円


e0021092_10305197.jpg

七物降下湯 90包(1か月分) 7035円



このブログをご覧いただいている皆様に、素晴らしいことが雪崩のように起こりますように! 
[PR]
by sinsendou | 2013-11-12 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その15

慢性的に起こる耳鳴りの症状と治療

生命エネルギーのおおもとが不足すると、慢性的に耳鳴りが起こる(腎陰虚) その1 

 五十歳前後になれば、だれでも気力や体力がおとろえます。

 このような老化現象は、生命エネルギーのおおもととなる腎の精が慢性的に不足して腎の働きがおとろえるために起こります。

 からだがこのような状態にあるときに風邪をひいたり、精神情緒が不安定になったり、発汗や出血あるいは下痢、過度のセックス、持続的なストレスなどによる消耗が重なると、腎はさらに傷つけられます(「腎虚」)。

 耳や脳に必要な滋養やうるおいが不足するために起こる耳鳴りのほかに、頭のふらつき、のぼせ、イライラ、不眠、口の乾燥、のどの痛み、ほおの紅潮、腰がだるく無力、手足の熱感、午後の発熱などが現れ、舌が紅く苔が少なく、脈は細く脈拍数が多くなるときは、腎の精や津液を補う六味丸に磁石と柴胡を加えた「耳鳴丸」や「左帰飲」などを使います。


e0021092_10305214.jpg

耳鳴丸 270丸(15日分) 3780円



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-11-10 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その14

突然起こる激しい耳鳴りの症状と治療

血液の流れの滞りも耳鳴りの原因になる(血瘀) 

 気と血はいつでもペアで活動しているため、気が滞ると血も滞りますし、外傷などで滞ることもあります(「血瘀」)。

 血瘀によって経脈がふさがれると、突発性の難聴とともに、強い耳鳴りが起こります。

 このときは、顔が黒ずむ、皮膚が青紫色になって乾燥しザラザラになるといった症状のほか、舌が紫色になったり(「瘀斑」)、紫色の点がつきます(「瘀点」)。

 この場合には、気をめぐらせ、血の流れを回復する「通竅活血湯」を使うといいでしょう。





下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-11-09 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その13

突然起こる激しい耳鳴りの症状と治療

栄養の代謝が悪くなると急に耳鳴りが起こる(痰火) その2

 痰火が突き上げて(「上逆」)、経脈をふさぐと、強い耳鳴りが起こり、耳がふさがったような感じになります。

 さらに、頭のふらつき、頭が重い、胸や腹が張って苦しい、たん、せき、大小便がすっきり出ないなどといった症状が現れ、舌が紅くべっとりした黄色い苔がつくほか、弦を張ったような滑らかな脈をふれ、脈拍数が多くなります。

 このような場合には、火をおさえ痰を除いて経脈の流れをよくする「安宮牛黄丸」を、熱性の症状が強くない時は、痰を除き脾胃の機能を補う「半夏白朮天麻湯」や、痰を除き亢進した肝の機能をおさえる「星火温胆湯」を使います。


e0021092_1124593.jpg

半夏白朮天麻湯 90包(1か月分) 15750円



e0021092_11271369.jpg

星火温胆湯 90包(1か月分) 9177円



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-11-06 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その12

突然起こる激しい耳鳴りの症状と治療

栄養の代謝が悪くなると急に耳鳴りが起こる(痰火) その1

 食生活の不摂生が脾胃の機能を失調させたり、ストレスによる肝の疏泄機能の亢進が脾胃を傷つけると(「肝気横逆」)、栄養代謝が悪くなって津液の流れが滞り、粘液性の病因物質(「痰湿」)に変化します。

 太りぎみの人も、やはり栄養代謝が悪く、痰湿がたまりやすい傾向があります。

 また、こってりしたものや脂っこいものを食べすぎると、胃で熱が生まれます(「胃熱」)。

 こうして生まれた痰湿と熱が結びつくと「痰火」となります。

 そうなんです、この「痰」と「火」が結びついた「痰火」が厄介なしろものなんです。

 現代医学的に表現すると「中性脂肪」や「悪玉コレステロール」といったところでしょうか。





下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-11-05 00:00 | 耳鳴り①~⑳

耳鳴り その11

突然起こる激しい耳鳴りの症状と治療

機能の停滞で生まれた火が激しい耳鳴りを起こす(肝火上炎) その2

 さらに、激しい頭痛や顔面紅潮、目の充血、口の乾燥、口が苦い、怒りっぽい、イライラ、不安感、不眠、便秘などの症状をともない、舌が紅く黄色い苔がつき、弦を張ったような脈をふれ、脈拍数が多くなります。

 このような激しい熱性の症状をともなう耳鳴りには、肝の血や津液を補い火を消すために「竜胆瀉肝湯」を使います。

熱性の症状がそれほど強くないときは、肝の機能の滞りを解消し、血を補いながら熱を冷ます「療方調律」に、腎の精を補う「六味丸」を合わせたものや、肝の機能の亢進を鎮める「柴胡加竜骨牡蠣湯」や「大柴胡湯」「抑肝散加陳皮半夏」などを使うといいでしょう。


e0021092_13413040.jpg

竜胆瀉肝湯 90包(1か月分) 6615円


e0021092_13415478.jpg

療方調律 90包(1か月分) 9030円


e0021092_13421765.jpg

六味丸 90包(1か月分) 5775円


e0021092_1342435.jpg

柴胡加竜骨牡蠣湯 90包(1か月分) 10500円


e0021092_1343542.jpg

大柴胡湯 90包(1か月分) 9975円


e0021092_1345440.jpg

抑肝散加陳皮半夏 90包(1か月分) 8400円



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-11-03 00:00 | 耳鳴り①~⑳



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
みなと横浜 ①~
春の弘明寺散歩 ①~⑧
青背魚精
深海鮫スクアレン
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧