いきいき元気! 感謝!

カテゴリ:漢方( 7 )

更年期障害と中医学 その3

【双料参茸丸や参茸補血丸・鹿茸大補湯に婦宝当帰膠の組み合わせを】

血の不足と滞りを解消する補血の生薬としては、当帰や地黄、芍薬などが知られています。

とりわけ当帰は血を補うと同時に、血のめぐりを改善し、痛みを止め、体調を整える滋養の上品として、女性に欠かせない生薬といえます。

漢方薬の「婦宝当帰膠」は当帰を軸に、地黄や芍薬などを配合した代表的な補血漢方薬です。

更年期障害を克服するには、双料参茸丸や参茸補血丸・鹿茸大補湯などの補腎薬に、婦宝当帰膠などの補血薬を組み合わせて服用するのがベストの選択です。

現代医学のホルモン補充療法などがあまり効かなかったときは、こうした中医学に基づく漢方薬を用いるのもいいかもしれません。


e0021092_20175675.jpg


e0021092_20114579.jpg


e0021092_20191277.jpg



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-14 20:10 | 漢方

更年期障害と中医学 その2

【人間の身体と馴染みやすい血肉有情の動物性生薬】

補腎に効く生薬はいろいろありますが、中国では動物や昆虫などからつくられる動物性生薬が強力とされています。

人間の身体と馴染みやすい「血肉有情」の性質が強いからです。

新しく生え替わったばかりの雄鹿の角である鹿茸や、内臓を除去したオオヤモリの蛤蚧などが代表的な補腎薬です。

鹿茸は腎の働きを盛んにすることで精血を増やします。

マウスを用いた実験では発育・成長の促進や、女性ホルモンと同じく子宮の働きを増強する作用、あるいは骨折箇所の癒合促進などの効果が確かめられています。

蛤蚧も腎の働きを活性化させ精血の増大を促進します。

マウスの実験では女性ホルモンに匹敵する作用が確認されており、卵巣や子宮の重量の増加が認められています。

現在、日本で市販されている補腎漢方薬としては「双料参茸丸」と「参茸補血丸」「鹿茸大補湯」などが広く知られています。

「双料参茸丸」には鹿茸や蛤蚧、冬虫夏草などの動物性生薬をはじめ、14種類の生薬が配合されています。

「参茸補血丸」には鹿茸のほかに、7種類の生薬が含まれています。

「鹿茸大補湯」には鹿茸のはかに、16種類の生薬が配合されています。



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-11 00:33 | 漢方

更年期障害と中医学 その1

【腎が弱まれば精は衰え、血も不足して更年期障害に】

中医学では人間の生命の根本を主どる臓器を「腎」といいます。

発育や成長、老化に深くかかわると同時に、卵巣などの生殖器官をはじめ、骨の生成や排尿などをコントロールしています。

人間は年をとるにつれて、腎の力が次第に弱まっていきます。

女性の場合は卵巣が次第に小さくなり、その働きも衰えていきます。

とりわけ、閉経を迎える50歳前後は女性ホルモンの分泌量の低下と停止によって、さまざまな臓器に影響が出てきます。

のぼせや冷え、頭痛、頭重感、足腰痛、頻尿、肩こり、不眠などの不定愁訴がそれで、現代医学では更年期障害と呼ばれています。

中医学では、女性の更年期障害は全身を巡る血の不足やその滞りが大きな要因と考えます。

腎のつくる精気と血は互いに養う関係にあるとして、『精血同源』という言葉があります。

精が多ければ血も旺盛となる一方、腎が弱まれば精は衰え、血も不足し滞りがちになるというわけです。

従って、更年期障害の克服にはまず補腎薬で腎の衰えを補い、補血薬で血の不足と滞りを解消するのが王道とされるのです。




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-09 00:04 | 漢方

血液の流れをイキイキと

血液の流れをイキイキと

 【効能】 中年以降、または高血圧傾向のあるものの次の諸症

頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸。
 中年以降のかた、高血圧傾向のかたの多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれます。中国の漢方医学では、このような状態にある人を「瘀血症(おけつしょう)」といい、血行を改善するために用いられるのが、「活血化瘀(かっけつかお)」という方法です。
 冠元顆粒はタンジンをはじめ、センキュウ、シャクヤク、コウカ、コウブシの生薬を原料としてつくられた漢方薬です。


冠元顆粒

e0021092_17562883.jpg



下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-06-06 00:23 | 漢方

あなたの血液 ドロドロ度チェック

  あなたの血液は、サラサラですか。
  それともドロドロですか。
  下の項目に思い当たる方は、チェックを入れてみましょう。

○ 生理痛がひどい(5点)

○ 月経血の色が赤黒く、レバーのような固まりが混じることがある(5点)

○ 肩こりがひどく、頭痛を伴うことも多い(3点)

○ 舌の色が暗紫色、または暗紫色の斑点がある(5点)

○ 舌の裏の静脈が紫色に浮き出ている(5点)

○ 唇や歯ぐきの色が黒っぽい(5点)

○ 顔色がくすんでいる(3点)

○ 肌にツヤがなく、カサついている(3点)

○ シミやソバカスが多い(3点)

○ アザができやすい(2点)

○ 便が黒っぽい(3点)

○ 体のどこかに針で刺したような鋭い痛みがある(5点)

○ 内臓にポリープができたことがある(5点)

○ 痔がある(5点)

○ 子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫がある(5点)

  さて 合計は何点?

【テストの結果】
合計点数が多いほど於血度は深刻になります。

  3点~12点 →軽度
  13点~20点→中度
  21点以上  →重度

※一つでも5点の症状がある場合は、中度以上の可能性が大。

資料提供:日本中医薬研究会
[PR]
by sinsendou | 2005-09-09 18:48 | 漢方

中国漢方 Q&A

【問】 老化を防止する方法はありませんか。

【答】 秦の始皇帝が求めた不老不死の薬は無理ですが、老化を遅らせたり、寝たきりや痴呆を防止する方法はあります。

中国漢方では、老化の主な原因を腎機能の衰え、「腎虚」にあると考えます。

腎の働きが低下すると、足腰の衰え、性欲減退など多くの老化現象が現れます。

腎虚を治す方法を「補腎」といい、中国漢方には抗老防衰のための補腎薬が豊富です。

次に血液の質と量の管理です。

人は血管とともに老いると言われます。

血管の老化は現代医学でも防ぐことが難しく、血管病を阻止するためにも、於血(血液ドロドロ)を取りのぞき、血液を若々しく保ち、体内をのびやかにめぐらすことが大切なのです。

補腎と活血化於によって若さを維持することができます。


【問】 漢方薬は長く服み続けても、副作用の心配はありませんか。

【答】 中国漢方には副作用がないと思われがちですが、副作用がゼロというわけではありません。

その大半が薬の使い間違いによるものです。

どんなに良い薬でも、使い方を誤ると、効果がないばかりか、逆効果になることもあります。

安全に中国漢方を使用していただくために、中国漢方のルールに基づいた指導のできる薬局にご相談ください。

ご相談は ⇒神仙堂薬局
[PR]
by sinsendou | 2005-09-07 17:15 | 漢方

痛ッ! こっ、腰が…。

【ぎっくり腰】
 椎間板ヘルニア。割と多くの方が経験されています。

腰椎と腰椎の間にある軟骨が、上下の圧力によってつぶれて飛び出し、神経節に圧迫を加えるために激痛が走る、といわれています。

軟骨も若いうちは柔らかいゴムまりのようで弾力もありますが、年を経るに随ってだんだんと大福持ちのように弾力が失われていきます。

西洋医学の治療は、鎮痛消炎剤の服用と同じく消炎鎮痛成分の入ったハップ剤を患部に張るくらいです。あとは安静にして身体をやすめることが基本です。

根本療法はせず、もっぱら対症療法しかありません。

それでは、中医学的にはどのように考えるのでしょうか。

先ずは“痛み”とは――痛みは気血の流れが悪くなることや内臓の機能低下から起こる

 からだの中には、「経絡」という通路が流れています。

経絡は(体の基本物質であるエネルギー)(血液)を全身へ運ぶ役割をもっており、経絡の流れに異常が起こったときに「痛み」というからだからの警告を発するのです。

経絡の流れが悪くなる原因

これには二つの原因があります。

一つは――余分なものが経絡の流れをふさぐ

 暑さ、寒さ、湿気、ストレス、偏食、過労、お血(ネバネバ血液)、外傷などが経絡の流れを滞らせる。
こうした運行障害の痛みを「不通則痛」と呼んでいます。

もう一つは――からだに必要なものが不足する

 老化、体力の衰え、虚弱体質、慢性病などによって、本来からだに必要な気血が不足してしまった。こうした栄養不足の痛みを「不栄則痛」と呼んでいます。

こうした中医学の考えをあてはめていきますと

◎重いものを持ち上げたり、打撲が腰痛のきっかけになった場合―→血液循環をよくする。
◎冷たく重い痛みだったり、曇りや雨の日に痛みが強くなる場合―→冷えや湿気を取り除く。

e0021092_205454.jpg

e0021092_2062432.jpg

疎経活血湯と桂枝茯苓丸という処方です。

これらの処方に当店独自の神仙堂鎮痛処方を加えて、三日で約80%は楽になります。

但し、体の中に湿気がたまりすぎて熱に変化している場合は処方が変わります。

湿気の多い夏には、大好きなビールも控えめにして、さらに冷房によって発汗されない体内の水分を搾り出すために運動をいたしましょう。

日頃の注意が予防となるのです。

それでもギックリ腰になってしまったら、是非一度ご来店ください。         
神仙堂薬局←ここをクリック
[PR]
by sinsendou | 2005-08-31 14:25 | 漢方



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧