いきいき元気! 感謝!

2017年 04月 10日 ( 1 )

中医火神派医案新選 その273

中医火神派医案新選 その273

 6.戴陽(病毒性心筋炎)――白通湯/真武湯/大回陽飲


 李某、女、39歳、友人の妻。

 友人の家で食事に招待された時、彼の妻が病毒性心筋炎で一月余り入院治療をしているが、現在すでに危険な状態で、医院からはすでに4回も危篤通知書が届き、顧氏は往診治療を頼まれた。

 翌日医院を探して訪ねると、患者は床に横になって両眼は微かに閉じて顔は紅く、既にエリスロマイシンの点滴を20数日しているが糖熱は下がらず、話す声にも力なく、眼を開けたり少しでも頭を動かすと酷いめまいに襲われ、食べ物は咽を通らず、脈沈微細数無力、舌淡苔白、舌辺尖に歯根があり四肢は厥冷。

 弁証は陽虚欲脱で、既に戴陽の証になっていて、白通湯の回陽収納で一銭の生機を挽回する:
 附子100g、乾姜24g、葱頭3茎。

 2剤。

 薬が飲み終わると発熱は漸く治まり、顔の赤味も消えて起き上がって粥を食べ、欲脱の陽気が漸く戻ってきたが、まだ呼吸も浅く力もでないし、動悸し時にめまいの発作に襲われるので、更に真武湯を以って温腎扶陽と鎮水寧心する:
 附子100g、生姜3片、白朮15g、杭白芍10g、茯苓30g。

 薬2剤服用後、大きく好転し起き上がって片付けができ、笑顔が見られるようになり、動悸とめまいも起きない。

 続けて大回陽飲を以って投じ強心固腎する:
 附子100g、乾姜24g、肉桂10g、甘草10g。

 服薬一週間で退院し、調理一月余りで仕事に復帰した。

 評注:本例は陽気が将に絶えんばかり、陽脱は非常に危険な状態で、高熱と面紅を陽証であると絶対に誤ってはいけない。生死の間には始めはほんの僅かな差でも後になれば大きな誤りとなる、全く精神は萎靡・四肢厥冷に着眼したところがすばらしい。急ぎ白通湯を用いて回陽固脱し、続けて真武湯を以って温腎扶陽、その後大回陽飲を用いて生機を挽回。みな原方を以って投用し、薬は簡潔で量は多く、顧氏の傷寒の効果を身を以って体現し、実に祖の風格がある。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

素晴らしい人生のひと時をお過ごしください。


[PR]
by sinsendou | 2017-04-10 10:29 | 中医火神派医案新選①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧