いきいき元気! 感謝!

2017年 04月 09日 ( 1 )

子宝の知恵 その16 妊娠しやすい体質をつくるための食養生

妊娠しやすい体質をつくるための食養生

 妊娠しやすい体質作りにおいて、食養生は大変重要です。

以下の5つの原則を守ると妊娠しやすい体質になっていきます。

①朝食は軽くすること。(おろしたてニンジンジュースなど)
②和食を中心として、特に夕食はよく噛んでゆっくり食べること。
③肉や卵、乳製品などの動物性食品は食事全体の2割以下にすること。
④陰性食(冷やす食べ物)を減らして陽性食(温める食べ物)を多く摂ること。
⑤主食は未精白の穀物とすること。

※体を冷やす陰性食はひかえるようにしてください。
 生もの、冷たいもの、お茶、コーヒー、牛乳、ビール、ウィスキー、白砂糖、クリーム、バター、肉の脂身、生 野菜サラダ、南国の果物など。

※体を温める陽性食を中心に食べてください。
 根菜類(ニンジン、ゴボウ、ヤマイモ、レンコン、かぼちゃなど)
 発酵食品(納豆、味噌、しょうゆ、梅干し、お漬物など)
 黒い物(黒ゴマ、黒豆、ひじき、ワカメ、コンブ、のりなど)
 薬味(生姜、ねぎ、玉ねぎ、にんにくなど)

※生の物、冷たい物の摂りすぎは気をつけましょう。
 油物、極端に辛い物、白砂糖、化学調味料も摂りすぎは禁物です。
 主食は玄米、胚芽米、雑穀などにして、豆、芋、野菜、魚をバランスよく摂り、肉や卵、ファーストフード などは減らしましょう。
 飲み物は体を温める紅茶にしょうがの絞り汁を入れて黒砂糖で味付けした「しょうが紅茶」をお勧めします。

※上記の基本を守った上で、女性はエストロゲンの分泌を促進する作用のある大豆製品(味噌汁、納豆、おから、ゆば、煮豆、大豆スープなど)と暖色で血液を養うニンジン、プルーン、のり、黒ゴマ、しょうが紅茶などを多くとりましょう。
一方男性は根菜類(根っこは下半身を強化する)黒いもの、粘るものを多く摂りましょう。
例えば、ニンジン、ゴボウ、レンコン、ヤマイモ、黒ゴマ、黒豆などがあります。

資料提供:日本中医薬研究会















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

素晴らしい人生のひと時をお過ごしください。


[PR]
by sinsendou | 2017-04-09 00:00 | 子宝の知恵 ①~



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧