いきいき元気! 感謝!

月経痛 その1

月経痛とは、毎回の月経期あるいは月経前後の数日に、主に下腹痛や腰痛が生じることをいいます。

また、頭・胃・四肢などが痛むこともあり、必ずしも毎回痛まないこともあります。

痛み自体弱いものであったり軽く張る程度であれば、月経痛の範疇にははいりません。

月経痛を考える時には、痛みが起こる時期(月経の前・中・後)や部位、痛みの性質(鈍い・鋭く刺すような・張る・しぼるような・持続的・間欠的)も、とても深くかかわってきますので注意する必要があります。

月経痛に関しては、ただ単に痛む時だけ鎮痛剤を服用してやり過ごすのではなく、根本的に病態を改善して健康な身体をめざすべきです。

月経前半に現れる月経痛

月経の前あるいは月経期間の前半にみられる月経痛は、邪が子宮(胞宮)で月経血の流出を邪魔する、いわゆる『通ぜざれば則ち痛む』という病理機序で起こることが多く、一般的には激しい痛みが多いです。

①肝鬱気滞

精神的ストレスや情緒の抑うつ、または緊張や怒りなどにより肝気が鬱結し、気の流れが滞るために子宮での経血が停滞して痛みが生じる病態で、通常は月経前緊張症と呼ばれる症状をともないます。

症状は、月経の前あるいは初日から二日目ぐらいに張った痛みが生じ、両側の下腹痛が多く、甚だしければ胸脇痛や頭痛をともない、月経周期や月経持続日数、月経血量などが一定しないことがよくあります。

月経の数日前から、いらいらしたり怒りっぽかったり、ゆううつ感やヒステリックな反応があったり、乳房が張って痛んだり、胸苦しさ、腹満などの月経前緊張症があることが多く、月経が起きると消退します。

治法は、肝気を和らげ精神状態を伸びやかにし、機能を円滑にすることにより月経血の停滞を除いて痛みを止める《疎肝理気・止痛》を行います。

処方としては、四逆散・逍遥散・加味逍遥散・柴胡疎肝散などを使います。
                                       つづく
神仙堂薬局ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-07-03 13:41 | 月経痛①~⑦
<< 麗しの島 台湾旅行記その82 京都の旅 その31 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧