いきいき元気! 感謝!

なかなか治らない咳 その3

②風熱犯肺

風熱の邪が肺を犯し、粛降を阻害したために肺気が上逆する病態です。

ウイルスや細菌などによる炎症性の咳に相当し、年間を通じてみられます。

症状としては、咳や黄色あるいは粘稠な痰がみられ、咽痛・鼻づまり・黄色い鼻汁・頭痛・発熱などをともないます。

治法としては、炎症をしずめ発散することにより風熱の邪を外に除き、肺気の粛降を回復させる《疎風清熱・止咳》をおこないます。

主な薬物は、桑葉・菊花・薄荷・杏仁・桔梗などで、『桑菊飲』を使います。

③燥邪犯肺

乾燥した環境のもとでの、気道の乾燥やウイルスの侵入などで生じる咳である。

燥邪が肺の津液(潤い)を消耗するために、肺気が粛降できずに上逆してしまう病態です。

空気が乾燥しやすい秋などの季節に多く見られます。

暖かい時に発症する温燥と、涼しい時に発症する涼燥とがあります。

〈温燥〉

温燥の邪が肺を犯した病態です。

症状はから咳・粘稠で切れにくい痰に、鼻や咽の乾燥・のどの渇き・発熱・舌の乾燥などをともないます。

治法は、消炎し滋潤しながら温燥の邪を除く《清宣涼潤》を行います。

処方は『桑杏湯』です。

〈涼燥〉

涼燥の邪が肺を犯した病態で、秋の乾燥と次にやってくる寒い冬の両方が存在する晩秋に発生します。

咳・うすい痰とともに鼻づまり・悪寒などがみられます。

治法は、強く温めずに乾燥にも注意をはらい、軽く発散して涼燥の邪を除く《軽宣涼燥》を行い、処方は『杏蘇散』を使います。

                                 3月4日に つづく
神仙堂薬局ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2007-02-24 13:19 | なかなか治らない咳の漢方①~⑮
<< 京都の旅 その19 麗しの島 台湾旅行記その69 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧