いきいき元気! 感謝!

相談しにくい夜尿症 その3

夜尿症の3回目、夜尿症の治療法について考えて見ましょう。

頻繁に夜尿を起こす場合の原因には2つあります。

1つは、の機能障害、もう1つはの気の不足です。

ではまず腎の機能障害から考えて見ましょう。

ある程度の年齢になっても、からだを温める腎陽の機能が劣っていると、頻繁に夜尿を起こすことがあります。

この場合、冷たいものを飲んだり、からだが冷えたりすると、症状がひどくなるという特徴があります。

尿の色は薄くて透明に近く、昼間も頻尿を伴う場合があります。

このようなときには、腎の機能を高めながら、尿が漏れるのを防ぐ『桑螵蛸散』が適しています。

この処方は、心の機能を高める作用もありますので、こわい夢を見てや尿を起こす子供にも効き目があります。

また、腎陽の機能を高める『八味地黄丸』もよく使われる漢方薬です。

腎全体の機能を整える働きがあるため、夜尿の場合は膀胱の約束機能を高め、尿がうまく出ない場合は利尿に働くという特徴があります。

腎を温めることによって、膀胱の機能を高める漢方薬としては、ほかに『縮泉丸』があります。

熱による夜尿以外であれば、かなり幅広く使える薬です。

八味地黄丸と合わせて使うとさらに効果的です。

[補足]

腎の働き・・・腎は、人間の成長や発育、生殖や老化を司る臓器で、生命エネルギーのおおもとである『精』を蓄えている。また、全身の水分代謝を調節し、排尿をコントロールしているため、膀胱とは密接な関係がある。

腎の中の陰と陽・・・腎は、「水」と「火」からなっていると考えられている。水にあたるのが腎陰、火にあたるのが腎陽で、陰陽のバランスがとれているのが正常な状態です。腎陰は体内の水分や精をさし、腎陽はからだを温める原動力をさします。このうち、腎陽の働きが低下すると、相対的に腎陰の勢力が強くなり、からだが冷えたり、水分代謝に異常が起こったりする。

心の働き・・・心という臓器には、ポンプ作用によって血液を循環させる働き以外に、意識や思考活動など、「こころ」の働きを司る部分があると考えられている。そのため、こわい夢を見る、驚きやすい、眠れない、といった症状は、「心の働き」にかかわることが多い。

神仙堂ホームページ
[PR]
by sinsendou | 2006-10-30 12:44 | 相談しにくい夜尿症①~⑥
<< 麗しの島 台湾旅行記その57 京都の旅 その6 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧