いきいき元気! 感謝!

風邪にともなうノドの痛み その2

風邪にともなうノドの痛み その2

かぜの薬と抗生物質を使い分けることが大切


 ウイルス性と細菌性の違いは、「抗生物質が必要かどうか」の判断基準でもあります。

 かぜと診断した場合には、症状を楽にするための対症療法を行いますが、細菌が原因になっているときは抗生物質を使うことになるからです。

 抗生物質は、細菌を殺す働きによって、からだの抵抗力をバックアップします。

 細菌性の病気には威力を発揮しますが、ウイルスや弱い細菌に対して用いると、役に立たないばかりか、副作用を起こす可能性さえあります。

 かぜ薬は、すべて対症療法 のどの痛みがあっても、症状の軽いかぜの場合には、病院に行かずに市販薬を服んで治す人がほとんどでしょう。

 よく服用されている総合感冒薬には、かぜのあらゆる症状を抑える成分が入っています。

 そのため、「のどは痛むが、咳は出ない」場合でも、少量とはいえ、咳止め薬を服むことになります。 

 病院では、症状に対して薬を絞ることはできますが、病気の原因を根本から取り去るものではなく、対症療法であるという点では市販薬と同じです。
















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


[PR]
by sinsendou | 2015-12-02 00:00 | のどの痛み①~⑦
<< 我が家の人気者 その88 今度... お奨めの本 その106 生きる... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
みなと横浜 ①~
春の弘明寺散歩 ①~⑧
青背魚精
深海鮫スクアレン
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧