いきいき元気! 感謝!

アトピー性皮膚炎 その16

アトピー性皮膚炎 その16

さらに乾燥が進むと熱の症状が強くなる

 この状態が続くと、さらに栄養や潤いがなくなります(血燥)。

 皮膚に弾力がなくなって硬くなり、厚くなります。

 掻かないのに皮膚が白い粉屑のようになって大量にはがれ落ち、痒みは昼夜を問わず強くなり、さわると熱感があります。

 ひどくなると熱をもって皮膚が充血し、治ったあとに、褐色の色素沈着が残ります。精神的にもイライラしやすくなります。

 このようなときは、「滋陰降火湯」を使うか、「当帰飲子」を併用するといいでしょう。

 熱が強いときには、「黄連解毒湯」を使ってもかまいませんが、苦寒燥湿剤なので長く使いすぎるとかえって乾燥がひどくなるので、むやみに使ってはいけません。

 熱を取り除きながら栄養と潤いを補う薬としては、そのほか「荊芥連翹湯」や「温清飲」などがあります。

 このようなときに血液の流れが停滞すると、赤い斑点のような丘疹が上半身の露出した部分に現れたり、全身に広がります。

 痒みは強く、掻くと「みみず脹れ」のようなあとが残ったり、出血します。

 女性の場合、月経の異常がよく見られるのが特徴です。

 この場合は、血のめぐりを回復する「療方調血顆粒」を合わせるといいでしょう。















いまこの一瞬にも、すべての方に幸せが訪れています。

神仙堂薬局の紹介動画


[PR]
by sinsendou | 2015-11-04 00:00 | アトピー・皮膚病①~⑱
<< 我が家の人気者 その84 ま... お奨めの本 その102 なぜこ... >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧