いきいき元気! 感謝!

中医学で考える不眠症 その7

中医学で考える不眠症とは その7

全身の火と水のバランスがくずれて起こる不眠症

 心陰虚の症状に耳鳴りや腰・背痛、頭がくらくらするといった「腎精虧損」の症状が加わった状態を「心腎陰虚」といいます。

 このように、臓腑どうしの機能のバランスがくずれるために起こる不眠症もあります。

 その代表が「心腎不交」の不眠症です。

 心腎不交には、心の機能失調が腎に及んで起こるものと、腎の機能失調が心に及んで起こるものがあります。

 心が先に機能失調を起こす場合には、腎に影響が及ぶ前に不眠症が起こるので、腎陰不足の症状ははっきりしないことが多いのです。

 「心は火の臓、腎は水の臓」といわれるように、心陽は下降し、腎陽を助けて腎の機能を盛んにし、腎の陰精は上昇して心陰を補い、心陽が高ぶり過ぎないようにおさえるという関係にあります。

 心と腎は、助けあい、制約しあいながら、バランスをとって機能しているのです。

 腎陽は臓腑を温め、全身の活動を円滑にします。

 この生理機能を「相火」といいます。

 腎陰が損なわれ平衡を失った相火は、生理的な火から病理的な邪火に変化します(「相火妄動」)。

 そのため、生理的な相火の機能は障害され、水液を熱して目に見えないほど小さな栄養物質に変える「蒸騰気化」の作用が失調し、心の陽気を制御することができなくなります。

 心の陽気は心火に変化して、神の安定が乱されるために不眠がおこるのです。

 頭のふらつきや、耳鳴り、寝汗、のどの乾燥、イライラのほか、男性ではインポテンツ、女性では月経不順をともないます。また、舌質は紅く舌苔は少なくなり、脈は細く脈拍数が多くなります。

 このような不眠症には「天王補心丹」や「交泰丸」などを使います。


e0021092_11245085.jpg

天王補心丹 720丸(1か月分) 7140円




下記のインタレストマッチ広告は当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by sinsendou | 2013-08-11 00:00 | 不眠症①~⑪
<< 中医火神派医案新選  その75 中医学で考える不眠症 その6 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~⑰
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧