いきいき元気! 感謝!

中医学のかぜ治療法 その2

胃腸に症状が現れるしめったかぜは、暑い夏にかかりやすいため、強い発汗作用をもつ薬を与えると、汗をかき過ぎてこじらせてしまうおそれがあります。

そのため、ほんの少し発散させ、体液を失わないように補充しながら余計な水分を外に出す「かっ香正気散」がとてもよく効きます。
e0021092_20223592.jpg

体力のある人なら、以上のような治療法で簡単に治ってしまいますが、防衛力の弱い人の場合は、栄養を体中にめぐらせる力を補いながら治療しなければなりません。

この場合には「参蘇飲」という薬がよく使われます。
e0021092_20225572.jpg

元気のない子供のかぜにもぴったりの薬です。

また、老人のかぜの場合には「麻黄附子細辛湯」がよく効きます。
e0021092_20232643.jpg

このように、かぜといっても、それぞれの症状に合わせて服用する薬が異なるのが中医学の治療法の特色なのです。

最近では、「葛根湯」がかぜに効く漢方薬として広く愛用されています。
e0021092_20234372.jpg

症状としては、少しかぜが悪化して、頭痛がしたり、肩や筋肉がこるといったときに服用します。

そのときのからだの状態にあっていれば、1~2服で治ってしまいますので、あまり長く服む必要はありません。

また、麻黄のような強い作用をもつ成分も含まれていますので、よく効くからといって大量に服用すると、かえってこじらせてしまうことがあります。

あまりからだが丈夫でない人は服用を避けたほうが無難です。

鼻炎の症状が残ってしまったかぜには、「小青竜湯」が効く場合があります。
e0021092_2024135.jpg

小青竜湯は、もともと気管支喘息やアトピー体質の人に使われる薬ですが、からだの状態に合えば、鼻炎もぴたりとおさえる力をもっています。
[PR]
by sinsendou | 2005-10-20 21:42 | 中医学のかぜ治療法①~③
<< 麗しの島 台湾旅行記その8 麗しの島 台湾旅行記その7 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。    3月からは、毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
万歩力
納豆エクストラ
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧