いきいき元気! 感謝!

中医学のかぜ治療法 その1

本来かぜは軽い病気に属します。

「軽い病気には軽い薬」が中医学の原則です。

中医学では、感染症にはまず発汗法を用いて治療することが多いのですが、かぜのような比較的軽い病気と、その他の重い感染症とではまったく異なる薬を用います。

簡単にいうと、重い感染症には強い薬を与え、軽いかぜは軽い発汗薬で治すのです。

軽い病気なのに、強い薬を与えてしまうと、病気が治っていく自然な経過を妨げる結果となり、かえってかぜをこじらせることになります。

軽いかぜだとおもっていたのに、鼻やのどの症状が残ってしまうことがあります。

これは、熱がそれほど高くないのに解熱剤を服んだり、必要もないのに抗菌剤や消炎剤を服用した場合に多いのです。

さて、実際にかぜをひいてしまったらどうしたらいいでしょう。

かぜには寒いかぜ、湿ったかぜ、乾燥したかぜ、のどが痛くて熱っぽいかぜなどがあります。

かぜのひき始めの治療に失敗すると、症状が進行し、すべて熱いかぜにかわってしまいます。

そのため、いずれも初期のうちの治療が重要です。

まず、どのかぜも、からだを温めて、栄養価が高く消化のよいものをとり、安静にして休むことが一番大切です。

さむけを特徴とするさむいかぜの場合は、血行をよくして軽く発散させる薬を与えます。

香蘇散」「川芎茶調散」「人参敗毒散」「荊防敗毒散」などがよいでしょう。

ひき始めから熱いかぜの特徴が現れたときには、「銀翹散」「天津感冒片」のように皮膚の調節機能を回復させ、同時に消炎作用もある薬がよいでしょう。

これは体内にこもってしまった熱を、外に出す働きがあります。
e0021092_13221223.jpg

[PR]
by sinsendou | 2005-10-14 13:23 | 中医学のかぜ治療法①~③
<< 麗しの島 台湾旅行記その7 天高く 馬肥ゆる 秋 >>



「抗老化」いつまでも若くありたい。それを実現する漢方薬が「鹿茸大補湯」です。   毎週日曜日を定休日とさせていただきます。

by sinsendou
神仙堂薬局 リンク集
カテゴリ
全体
漢方
季節の養生
店頭にて
免疫①~
免疫パワーを高める養生法①~⑦
花粉症対策①~⑥
鼻水・鼻汁①~⑦
のどの痛み①~⑦
目のかゆみ①~⑤
中医学のかぜ治療法①~③
風邪①~⑲
なかなか治らない咳の漢方①~⑮
気管支喘息①~21
たかがニキビされどニキビ①~⑤
アトピー・皮膚病①~⑱
蕁麻疹①~⑯
皮膚掻痒症①~⑥
掌蹠膿疱症①~⑦
こころの病①~⑮
高血圧①~⑨
不眠症①~⑪
めまい①~⑫
耳鳴り①~⑳
頭痛①~⑫
肩こり①~⑤
胸の痛みと心臓病①~⑮
胃腸病 ①~
胃の痛み①~⑱
胃のつかえ①~⑬
腹痛①~⑬
便秘①~⑧
身近な病気 下痢①~⑨
腰痛①~⑦
ひざの痛み①~⑪
痛風①~③
肥満①~④
腎の働きと病気①~⑱
こじらせると厄介な膀胱炎①~⑩
排尿困難①~⑦
相談しにくい夜尿症①~⑥
冷え性①~⑨
不妊①~⑧
子宝の知恵 ①~
月経痛①~⑦
月経不順①~⑲
更年期障害①~⑮
からだと病気①~
中医火神派①~50
中医火神派医案新選①~
麗しの島 台湾①~
北海道の旅①~40
京都の旅①~
神戸の旅①~⑯
西九州浪漫紀行①~
沖縄の旅①~40
ハワイ旅行①~45
大塚国際美術館
ぶらり横浜 ①~
鎌倉散歩①~
青背魚精
深海鮫スクアレン
深海鮫スクアレンプラスDHA&EPA
養脳精
スーパーナットーゲン
プラゲンΣ 胎盤素
スーパー酵素113
おすすめの本①~
我が家の人気者①~
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧